ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:吉田大八 ( 2 ) タグの人気記事

桐島、部活やめるってよ -2-

f0165567_642372.jpg

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

ちょっと(いえ、かなり)マイナーな映画部。花のある吹奏楽部にバドミントン部。人気のバレーボール部。
そして、目下の関心事はおしゃべりとメイクだけといった帰宅部女子と、ヒマつぶしに群れる帰宅部男子。
もてる子、もてない子がいて、美系とそうでないのがいて、まじめとふまじめがいて――
と、まあ、学校であれ、会社であれ、人のいるところにはなんらかの類型とヒエラルヒーがあります。

桐島という男子はその頂点に輝く学校中が認めるスター。バレーボール部の星であります。
だから、「桐島、部活やめるってよ」というタイトルになって、
桐島がバレーボール部をやめる噂が学校中をかけめぐる訳なんですけどね。

ということで、桐島ってどんなヤツなんだろう、誰が演じているんだろう、という関心がムラムラと湧き起こり、
スクリーンに釘付けになってしまいます。

ところが桐島は待っても待っても出てこないし、
おまけに、最初に登場するのはヒエラルヒー最下層の映画部の面々。
ヒエラルヒー最下層って・・・・・
おいおい、映画ってそういう扱いかよ、です。

さて、どんなお話なんでしょうか。



ストーリー
金曜日・放課後
職員室。映画部の前田と武文が顧問の片山先生に呼び出される。
なんと映画部の作品が、高校生映画コンクール一次選考を突破したという。

金曜日・放課後
バドミントン部の練習に向うかすみと実果。
校庭では梨紗が彼氏の桐島を待つ。ちなみに梨紗は学校一の人気を誇る美系女子。
そこへ走ってきたのが沙奈。体育館からはかすみと実果も飛び出してきた。
「梨紗!桐島くんが」

金曜日・放課後
屋上でサックスの練習をしながら、中庭でバスケをする宏樹を見つめる吹奏楽部の部長・沢島亜矢。
宏樹は桐島の親友で、学校ではモテ系に属する男子だ。
野球部員だが、練習には参加せず帰宅部男子の竜汰や友弘とバスケをしながらヒマをつぶしている。
「桐島、部活やめたんだろ?」
友弘の言葉に動揺する宏樹。
親友のはずなのに、桐島がバレー部をやめることを知らされていなかったのだ。

金曜日・朝礼
体育館でバレー部や吹奏楽部の活躍が発表される。
映画部の成果も発表されたが、なぜか笑いを浴びる前田と武文。

新作映画の撮影を始めた前田たち。
放課後、撮影場所の屋上でサックス練習中の沢島亜矢に場所を譲ってくれるよう交渉。拒絶する亜矢。

夜、塾帰りの宏樹を待ち伏せていた梨紗は連絡が取れない桐島に苛立つ。
「ざけんなよ、桐島っ!」

土曜日
エース・桐島のいないバレー部の対外試合。
桐島の代わりに試合に出場する風助。
風助はバレー部2年。桐島の代理としてレギュラー入りは果たしたが、実力の違いは歴然としていた。

日曜日
映画館。ちょっとオタッキーな映画「鉄男」を観終わって満足げな映画部の前田。
すると、バドミントン部のかすみが同じ映画を観ていた。
驚きながらも中学時代も同級生だった彼女と立ち話。ドキドキ。

月曜日
桐島不在のまま、様々な憶測が飛び交うが、
前田たち映画部は顧問の提案を無視して自分たちのゾンビ映画を撮影し続ける。

火曜日
「桐島、来てるみたいだ」
バレー部、バドミントン部、帰宅部――
みんな桐島を求めて走り出す……

f0165567_650647.jpg


結局、桐島は最後まで出てこないんですよね。
金曜日の放課後が何度も繰り返され、
それぞれの放課後で桐島をめぐるそれぞれの生徒たちの視点が明かされます。

金曜日の次は土曜日でしょ?
さあ。桐島くん、出てくるかな?とドキドキする観客の期待を軽くいなしてくれてしまうところも
なんともトリッキーです。

目先の趣向に走れば、おふざけにもなり兼ねないこの映画をしっかりした作品にしあげているのは
神木隆之介くんの新境地開拓ともいえる演技のたまもの?
宏樹を演じた東出昌大くんのちょっと朴訥なモテ男ぶり?
いろいろ考えられますが、
やっぱり顔を出さずにいながら最後まで観客の気をひき続けた桐島の存在かもしれません。

「桐島、どこにいるんだよ!」





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月11日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

桐島、部活やめるってよ
監督・脚本/吉田大八、原作/朝井リョウ、脚本/喜安浩平、撮影/近藤龍人、プロデュース/佐藤貴博、プロデューサー/北島和久、枝見洋子
出演
神木隆之介/前田涼也、橋本愛/東原かすみ、東出昌大/菊池宏樹、清水くるみ/宮部実果、山
本美月/梨紗、松岡茉優/沙奈、落合モトキ/竜汰、浅香航大/友弘、前野朋哉/武文、鈴木伸之/
久保、藤井武美/詩織、太賀/風助、大後寿々花/沢島亜矢
8月11日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
2012年、日本映画、103分、配給/ショーゲート、http://www.kirishima-movie.com/

by Mtonosama | 2012-08-11 06:57 | 映画 | Comments(4)
桐島、部活やめるってよ -1-

f0165567_6381031.jpg

(C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

男子高校生の大人になりきっていない薄い背中と細い手足になんとなく萌えるとのです。
自分が高校生の頃は、男子は男性にしか見えなかったのですけどねぇ――
これも齢を重ねたゆえの変化でありましょうか。

「桐島、部活やめるってよ」。
なんとも新鮮なタイトルです!
3年前(2009年)に、この本が第22回小説すばる新人賞を受賞してそのタイトルを知ったとき、
こんなタイトルもありなんだ、と思いました。
一時はやっていた携帯小説の類かな?と邪推し、書店で手にとることもありませんでしたが。

f0165567_6411373.jpg

「桐島、部活やめるってよ」は朝井リョウによる青春小説で、早稲田大学在学中のデビュー作。
著者は今年卒業したばかりの23歳で、同賞では初となる平成生まれの受賞者です。
小説では「チア男子!!」(集英社‘10)、「星宿りの声」(角川書店‘11)、
「もう一度生まれる」(幻冬舎‘11)、「少女は卒業しない」(集英社‘12)の4作と
エッセイ「学生時代にやらなくてもいい20のこと」(文藝春秋社‘12)を出しています。
「もう一度生まれる」は今年、第147回直木賞の候補にもあがりました。

さて、「桐島、部活やめるってよ」ですが、12万部突破のベストセラー。
150歳のとのですら、タイトルに惹かれたのですから、もっとお若い方々なら尚更のことでありましょう。
ここに眼をつけたのが、「DEATH NOTE」「GANTZ」などを手掛けてきた佐藤貴博プロデューサー。
そして、監督は吉田大八さんです。

吉田大八監督はCM界の大物として挑んだ監督デビュー作「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」(‘07)で
第60回カンヌ国際映画祭の批評家週間に出品され、キネマ旬報ベスト10、第50回ブルーリボン賞、
第32回報知映画賞などを受賞した人物。
とのにとって、その名前は「パーマネント野ばら」
http://mtonosama.exblog.jp/13515643/ http://mtonosama.exblog.jp/13544080/ 
の監督として記憶に残っています(面白かったなぁ。登場したおばちゃんたち)

そんな次第で彼の監督作品なら期待できるな、と勇んで試写室へ。
試写室は超満員でしたが、やっとのことで予備椅子に座って鑑賞できました。

f0165567_6575162.jpg

とある高校の映画部、吹奏楽部、バドミントン部、バレーボール部、野球部、帰宅部の部員たちに
(あれ、帰宅部も部員といっていいのだろうか)
あぶりだされていく桐島をめぐる物語。金曜日の放課後の学校がその舞台です。

この金曜日の放課後という設定が登場人物の視点を通じて何度も繰り返されるところがミソでしたね。
高校生が主人公の映画とあって二次関数のグラフを思い出させるような面白い構成の映画です。
(え?意味がわからない?実はとのも・・・・・)

さあ、どんなお話なのでしょうか。続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆8月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

桐島、部活やめるってよ
監督・脚本/吉田大八、原作/朝井リョウ、脚本/喜安浩平、撮影/近藤龍人、プロデュース/佐藤貴博、プロデューサー/北島和久、枝見洋子
出演
神木隆之介/前田涼也、橋本愛/東原かすみ、東出昌大/菊池宏樹、清水くるみ/宮部実果、山
本美月/梨紗、松岡茉優/沙奈、落合モトキ/竜汰、浅香航大/友弘、前野朋哉/武文、鈴木伸之/
久保、藤井武美/詩織、太賀/風助、大後寿々花/沢島亜矢
8月11日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
2012年、日本映画、103分、配給/ショーゲート
http://www.kirishima-movie.com/

by Mtonosama | 2012-08-08 07:02 | 映画 | Comments(6)