ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:坂本龍一 ( 3 ) タグの人気記事


母と暮らせば
-2-


f0165567_5282328.jpg

©2015「母と暮らせば」製作委員会


初めて長崎を訪れたのは高校の修学旅行です。
中国風の寺院や
聖人像や大浦天主堂を見ました。
中華街も行きました。
もちろん長崎の原爆のことは知っていたのに
この美しい街で多くの建物が壊れ、
多くの方が亡くなったことは深く認識できませんでした。

原爆が落とされて70年の節目に
このような映画を見られたのは感無量であります。

生涯で一番大事な作品をつくろうという思いでこの映画の製作にのぞみます

山田監督が井上やすし氏と語り合うように脚本をつくりあげたという本作。
山田作品におなじみの俳優さんに、二宮和也という才能も加わり、
感動的なエンタテインメント映画が生まれました。

ストーリー
1948年8月9日。長崎。
あの日から3年。
助産婦をして暮らす伸子の前にあの日原爆で亡くなった息子・浩二が
以前のおしゃべりな息子のまま、ひょっこり姿を現した。
伸子はびっくり。
というのも
その日浩二の墓前で、
一緒に来てくれた浩二の婚約者・町子に
「あの子は一瞬で消えてしまったの。もうあきらめるわ」
と告げたばかりだったからだ。
「元気だった?」思わずそう訊ねる伸子に浩二は大笑い。
「僕はもう死んでるんだよ。相変わらずおとぼけだね。母さん」

その日から浩二は時々伸子の前に現れるようになった。
楽しかった頃の思い出話や近所の人の話まで
話題はつきない。
だが、一番の関心事は浩二の恋人・町子のことだ。
結婚の約束をしていた浩二を突然失ってしまった町子。
あれから3年、小学校教師になった彼女は
心の持って行き場所もないまま、伸子を気にかけ、
折にふれ、訪ねてきてくれる優しい娘である。

そんな町子のことを伸子もまた気にかけている。
「浩二、もし町子に好きな人ができたら、諦めるしかないのよ。
だって、浩二はもうこの世の人じゃないんだから」
伸子の言葉に血相を変えて抗議する浩二。
「いやだ!町子には僕しかいないんだ」
わかってはいるが、町子のことを考えると
どうしても自分の死を受け入れられない浩二だった。
歎きながらフッとかき消える浩二。
悲しくなり、涙を流すといつも消えてしまうのだ。

母と二人でいるときはよくしゃべり、よく笑う浩二。
「浩二はよう笑うのね」
と言う母に
「悲しいことはいくらでもあるけん、なるべく笑うようにしとるのさ」

伸子はそんな息子が愛しくて仕方がなかった。
二人で過ごす時間は思えば奇妙なものだが、
昔のままの楽しい時間だった。
それは永遠に続くものに思えた……

f0165567_5353044.jpg


伸子の家に向かう坂道。
急な坂道を登り、ほっと息をつくと夕日が沈もうとしており
ミカン色の海と景色が拡がっています。

そこにはあまりにも平和で穏やかな人々の暮らしがあり、
原爆が落とされたことは信じられないほどです。

怒りの広島、祈りの長崎
という言葉がありますが、
おっとりとした伸子とおしゃべりな亡霊・浩二のやりとりには
怒りや激しさはありません。

でも、ハッと目を瞠ったシーンがあります。
「しようがないよ。そいが(原爆で死んだのは)僕の運命さ」
と言った浩二に
「運命?違う。たとえば 地震や津波は防ぎようがないから運命だけど、
これは防げたことなの。
人間が計画して行った大変な悲劇なの」
と母・伸子が応えたシーンです。

おっとり、おとぼけの伸子が強く応えたこの言葉には大変な力がありました。
吉永小百合を大いに見なおしたシーンでした。

さらに、山田監督作品には最近おなじみの黒木華さん。
彼女は良いですねぇ。
ごく普通のすっきりした顔立ちで特別美人じゃありません。

彼女の動向が本作の大きなポイントになるわけですが、
(それがなにかは是非本作をご覧の上でご判断いただきたく思います)
そのシーンでは思わず嗚咽しました。
あ、ダメです。今でも涙が出てきます。

そして、いつもは気にしない映画音楽も今回はきちんと聞こえました。
かといって音楽が際立って聞こえたという訳でもありません。
映画音楽のあるべき姿を教えてもらったような気がします。
坂本龍一もやっぱりすごいです。

是非ご覧になっていただきたい一作です。





今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆12月3日に更新しました。12月ですって!!いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

母と暮らせば
監督・脚本/山田洋次、共同脚本/平松恵美子、企画/井上麻矢(こまつ座)、撮影/近森眞史、音楽/坂本龍一
出演
吉永小百合/福原伸子、二宮和也/福原浩二、黒木華/佐多町子、浅野忠信/黒田正圀、加藤健一/上海のおじさん、広岡由里子/富江、本田望結/風見民子、小林稔侍/復員局の職員、辻萬長/年配の男、橋爪功/川上教授
12月12日(土)全国ロードショー
2015年、日本、配給/松竹

by Mtonosama | 2015-12-03 05:47 | 映画 | Comments(3)

母と暮らせば
-1-

f0165567_4593267.jpg

©2015「母と暮らせば」製作委員会


「父と暮らせば」そして「母と暮らせば」
広島の原爆そして長崎の原爆
父の亡霊そして息子の亡霊
どれもみな対になっています。

でも、「父と暮らせば」は井上ひさし氏の原作ですが、
「母と暮らせば」は違います。

“「父と暮らせば」と対になる作品を
「母と暮らせば」というタイトルで長崎を舞台に作りたい・・・“

井上ひさしがそう話していたと彼の三女・麻矢さんから聞いた
山田洋次監督が
「井上ひさしさんと一緒に書くつもりで」
脚本を書き上げ、
今回上映されるのが『母と暮らせば』です。

舞台作品として書かれた「父と暮らせば」。
映画『父と暮らせば』(‘04 黒木和雄監督)も舞台劇を思わせ、
娘・宮澤りえと亡霊の父・原田芳雄の軽妙なやりとりと
やがて悲しき結末が印象的な作品でした。

f0165567_504910.jpg

http://movie.walkerplus.com/mv57343/

本作『母と暮らせば』で決まっていたのはタイトルと
長崎が舞台ということだけ。

山田洋次監督は長崎の原爆に関する資料を読み、
当時を知る方々に取材しました。
その中には当時長崎医科大学の学生だった土山秀雄元長崎大学学長もいました。
作品中の憲兵から息子を連れ戻した母親の話など
土山さんの実体験も盛り込まれています。

戦後70年
原爆という重いテーマではありますが、
監督は「母と息子の話として描こう・・・」と想いを絞り込んでいき、

原爆で死んだ長崎医科大生の息子が
亡霊となって母親の許にあらわれる
という構想をふくらませていきました。

そして、完成したのが本作です。

まさに井上ひさしや長崎で被爆なさった方や亡くなった方々と
会話を交わしながら生まれた映画なのであります。

f0165567_531867.jpg

個人的なことをいうと母親役の吉永小百合は
何を演じても優等生っぽい空気をまとわせるし、
亡霊になった息子を演じた二宮和也も
「嵐」の二宮くんが前面に出てイヤだな、
と思っていました。

ごめんなさい。

そんなことはありませんでした。
吉永さんは凛とした美しさを漂わせつつも
悲しさと優しさとおかしみを湛えた母親を
肩の力を抜いた自然体で演じていました。

二宮くんも饒舌な次男坊を
力むでなく、激するでなく演じ切りました。
『硫黄島からの手紙』で演じた貧相な一兵士にも通じる
ちょっと内弁慶でおしゃべりな息子でした。

難点?
ありますよ。歌がうますぎることです。
映画の中で寮歌を歌うシーンがありましたが、
二宮くん、「嵐」になっちゃってました。
寮歌というのはもっとバンカラ風に歌わなきゃダメです。
でも、良い俳優ですね。
櫻井くんが好きだったけど二宮くんも好きになりました。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうか。
涙あり、笑いあり。
昔なつかしい邦画って感じで楽しめますよ。

どうぞ次回をご期待ください。



今日もポチッとお願いいたします。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆11月30日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

母と暮らせば
監督・脚本/山田洋次、共同脚本/平松恵美子、企画/井上麻矢(こまつ座)、撮影/近森眞史、音楽/坂本龍一
出演
吉永小百合/福原伸子、二宮和也/福原浩二、黒木華/佐多町子、浅野忠信/黒田正圀、加藤健一/上海のおじさん、広岡由里子/富江、本田望結/風見民子、小林稔侍/復員局の職員、辻萬長/年配の男、橋爪功/川上教授
12月12日(土)全国ロードショー
2015年、日本、配給/松竹、

by Mtonosama | 2015-11-30 05:15 | 映画 | Comments(8)
                       一命 -2-
                         いちめい

f0165567_558952.jpg


                       ©2011映画「一命」製作委員会

                    時代劇といえば、うらぶれた長屋の一部屋で、
          月代(さかやき)も伸びきった浪人が不器用な手つきで傘を張る姿がよく出てきます。

          そんな浪人が、例えば、亡き君主のためにきりりと襷掛けして、仇討にのぞむとか、
           半身を脱いだら、桜吹雪の倶利伽羅紋紋。ご存知、遠山の金さんだったりとか、
         そんな筋書きには慣れていても、いったい何故お侍さまが薄汚い格好で傘張りなんぞ
        しなくてはならなかったのか、と裏の事情については余り考えたことはありませんでした。

                    いやぁ、探ってみれば物語はあるものですねぇ。

        関ヶ原の戦いを経て徳川のご治世も落ち着きを見せ、平和が訪れた江戸時代初頭でしたが、
                        しかし、それは表向きのこと。
         足元では大名の御家御取り潰しが行われ、職場も家もなくした武士たちは生活に困り、
                   傘張りや寺子屋などの内職稼業をしていたのですね。
                       そういう苦労はいつの時代も同じです。

                   そんな中、浪人たちの間で流行したのが「狂言切腹」。
         裕福な大名の屋敷に押しかけ、庭先で腹を切らせてほしいと申し出るというのがそれ。
        邸内で切腹などされたくはない屋敷側は職なり金銭を与えて体よく追い払うわけですから、
                   いってみれば、狂言切腹とはたかりみたいなものでした。

            しかし、簡単にたかりとは言い切れない事情もそこには存在する訳でして―――
                     さあ、一体どんなお話でありましょうか。

ストーリー
冬の朝、ひとりの浪人が井伊家の江戸屋敷を訪れました。
「武士として晴れの死に場所に貴家の玄関先を拝借したい」
「またか」苦々しい顔でつぶやく井伊家江戸家老・斎藤勘解由。

斎藤は少し前、同様の切腹を申し出た若い浪人・千々岩求女に出会ったばかり。
元芸州・福島家の千々岩と名乗る若浪人は、いざ切腹の段に及び、暫しの猶予と金子3両を
願い出たのです。その上、武士の命である刀も脇差もなんと竹光。

聞けば、目の前の浪人・津雲半四郎は先の若浪人・千々岩求女と同じ福島家の出です。
「さような者は存じませぬ」と応える津雲に、
斎藤は千々岩求女の切腹の顛末を話してきかせるのでした。
「哀れな話でござりますな」と平然と受け流す津雲。

そして、津雲は庭先で切腹を遂げる前に、
最期の願いとして介錯人を指名することを許されます。3人の介錯人を指名する津雲。
ところが、3人とも出仕しておらず、自宅にも戻っていないという―――

f0165567_631751.jpg


「申し上げたき儀がございます」静かに語り始める津雲半四郎。

千々岩求女は津雲の娘・美穂の婿でした。求女の父・千々岩甚内は同じく福島家家臣。
そして、津雲同様若い頃に妻を亡くし、男手一つで求女を育ててきましたが、
福島家は取り潰しと相成り、甚内は病に斃れました。
津雲は甚内の幼い息子・求女をひきとり、傘張りをしながら生計を立ててきました。
武術よりも学問を好む優しい男に成長した求女は寺子屋で近所の子どもたちを教え、
美穂と結婚、男児・金吾を授かります。

f0165567_655022.jpg


金吾のお食い初めの祝いの日、尾頭付きの魚の切り身を食べさせる祖父となった津雲。
貧しいながらも幸せなひととき―――
しかし、津雲は痩せ細った美穂を心配し、求女の大切な蔵書が減っていることを気にかけます。

病弱だった美穂は吐血。求女は金策に駆け回ります。そんな時、金吾が高熱を出しました。
医者を呼ぶ金もなく、津雲が駆けつけてもなす術もありません。
求女は「心あたりがあるから」と家を飛び出していくのでした……

        貧しくとも誇り高く生きてきた浪人が追い詰められて、たかりまがいの狂言切腹を計画。
       井伊家の家臣に侮辱され、竹光をその痩せ腹につきたて、非業の最期を遂げる―――
        妻子のために己の誇りを捨て、追い詰められ、惨めな最期を迎えるまでを
                     淡々と演じる瑛太。良かったです。

        一方、この映画の大きな見せ場である津雲半四郎が、単身、それも竹光で、
               数十人の井伊家家臣を相手に斬り合う様子は圧巻。
       といっても竹光ですから、倒した相手はすぐさま立ち上がり、向かってきます。
      たった一人で、ゾンビのごとく、斬られては立ち上がり、刺されては向かってくる
              家臣団相手に孤軍奮闘する剣戟シーンは手に汗握ります。
                自身は一人も殺すことなく、極限まで闘い抜く―――
                          これぞ侍の美学。

      さすが梨園のスター海老蔵様です。所作と立ち回りは、やはり素晴らしいですね。

           と、限定的に褒める裏にはなにかがあるな?と思われたあなた。
                           ご明察です。

           時代劇は立ち回りにあり、と断定するなら、海老さまは最高です。
                           美しいです。

     しかし、この作品は追い詰められた浪人が命を賭けて狂言切腹におしかけるわけですから、
    その理由となった浪人の日常生活をしっかり演じてこそ切迫感が際立つと思うのですけどね。

          まだ若く、遊びたい盛りの海老蔵にそれを要求するのは酷でしょうか。

          あ、あとひとつ。この映画を3Dで撮影する理由はあるのでしょうか。
       映画観賞中、ときどき3D眼鏡を外してみたのですが、あまりよくわかりませんでした。
     確かに、紅葉した木々が浮き上がって見え、降りしきる雪が津雲半四郎の上に舞うさまは
                 まさにジャパニーズ・ビューティでありましたが。

      眼鏡と3D眼鏡をダブルでかけねばならない身としては、確たる存在理由がない限り、
                 できれば3Dはご遠慮申し上げたいと思いまして。
                    わがままを言って申し訳ございません。

      


                               

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月24日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもクリックしてみてね<(_ _)>
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

一命
監督/三池崇史、原作/滝口康彦(講談社文庫版「一命」収録「異聞浪人記」より)、脚本/山岸きくみ、音楽/坂本龍一、エグゼクティブプロデューサー/中沢敏明、Jeremy Thomas、プロデューサー/坂美佐子、前田茂司、撮影/北信康(J.S.C)、衣装デザイン/黒沢和子
出演
市川海老蔵/津雲半四郎、瑛太/千々岩求女、満島ひかり/美穂、役所広司/斎藤勘解由、竹中直人/田尻、青木崇高/沢潟彦九郎、新井浩史/松崎隼人正、波岡一喜/川辺右馬助、平岳大/井伊掃部直孝、笹野高史/宗祐、中村梅若/千々岩甚内
10月15日(土)ロードショー
2011年、カラー、127分、配給/松竹、http://www.ichimei.jp/

by mtonosama | 2011-09-24 06:43 | 映画 | Comments(10)