ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:大森立嗣監督 ( 2 ) タグの人気記事

まほろ駅前狂想曲 -2-

f0165567_5373520.jpg

(C)2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会


三浦しおんが生み出した便利屋小説。
いや、そんなジャンルはないか。
当代きってのいい男、瑛太&龍平が演じているのに、このだるさ、この冴えなさ。
なんかいいんですよね。
前作『まほろ駅前多田便利軒』より少しばかりハデなしつらえをこらしての本作。
相変わらずだるいけど面白かったです。

三浦しおんといえば『舟を編む』(‘13)が日本アカデミー賞で6冠を勝ち取るなど、
今年は原作本の当たり年。
原作もおもしろいけど、瑛太&龍平演ずるコンビもまさにはまり役です。
でも、とのは原作で感じる行天の調子の良さより松田龍平演ずる冴えない行天の方が好きかも。

この二人のコンビも良いけれど、
『まほろ駅前多田便利軒』にも登場した弁当屋主人・山田を演じた大森南朋、
同じく前作で横中バスの間引き運転を便利屋に調べさせる岡老人を演じる麿赤児、
そして、大森立嗣監督。
この3人は家族なんだそうです。大森南朋は監督の弟で、麿赤児は二人の父親ですって。

前作同様、なじみの役者さんたちが登場し、良い味を出してますよ。
さあ、どんなお話なんでしょう。


f0165567_539870.jpg

ストーリー
2013年の大みそか。
まほろ駅前で便利屋を営む多田啓介の元に転がり込んだ行天春彦が住みついて早や3年。
除夜の鐘が響く中、多田は電話を受ける。仕事の依頼である。
それもかなり厄介な相談だった。
電話は、行天の元妻・三峯凪子。依頼は、仕事で海外に行っている間、
行天との間に生まれた娘・はるを預かってほしいというもの。
娘といってもレスビアンである凪子に精子を提供しただけであり、会ったこともない娘。
だいたい行天は大の子ども嫌いなのだ。頭を抱える多田。そんな多田を不審に思う行天。

年が明けた。凪子に会って事情を聞いた多田ははるを預かることを決めてしまった。
行天には何度も打ち明けようとはしたものの切りだせないまま、
はるが来る日は近づいてくる。意を決して、行天を喫茶店に呼び出し事情を説明。
ただし、預かる子どもがはるであることは伏せたままだ。
一難去ったと胸をなでおろす間もなく、まほろのインテリやくざ星からまたまた厄介な依頼。
最近まほろの町で幅をきかせている健康食品の団体を調べろというのだ。

ついに便利軒事務所にはるがやってきた。この日まで事情を言えずにいた多田。
初めて娘と顔を合わせた行天にはるの正体を隠そうとするが、ばれてしまった。
声を荒げ、出ていこうとする行天だったが……

f0165567_5404131.jpg

インテリやくざ・星↑、前回では小学生を使ったやばい薬の受け渡しで多田にギャフンといわされながら、
今回も健康食品団体をよそおった宗教団体を調査させたり、
横中バスの間引き運転を疑い続ける岡老人がバスジャックをひきおこしたり、
話題満載の本作。

今回は便利屋の範疇を越えたハデな事件に巻き込まれながら、なじみの役者さんたちが
相変わらず脱力感たっぷりの演技を見せてくれます。

なんかホッとしてしまいました。
シリーズ化されるといいな。三浦しおんさん、頑張って続編を書いてくださいね。



今日もポチッとしていただければうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月3日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

まほろ駅前狂想曲
監督/大森立嗣、脚本/大森立嗣、黒住光、原作/三浦しおん「まほろ駅前狂想曲」(文藝春秋刊)、撮影/大塚亮、音楽/岸田繁(くるり)、配給/東京テアトル/リトルモア
出演
瑛太/多田啓介、松田龍平/行天春彦、高良健吾/星良一、真木よう子/柏木亜沙子、永瀬正敏/小林、本上まなみ/三峯凪子、奈良岡朋子/曽根田菊子、荒井浩文/飯島幸三、三浦雅己/吉村刑事、古川雄輝/澤田刑事、横山幸汰/田村由良、岩崎未来/三峯はる、市川実和子/西島さき
10月18日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
2014年、日本、カラー、124分
http://www.mahoro-movie.jp/

by Mtonosama | 2014-10-03 05:49 | 映画 | Comments(9)
まほろ駅前狂想曲 -1-

f0165567_4294985.jpg

(C)2014「まほろ駅前狂騒曲」製作委員会


『まほろ駅前多田便利軒』に続く第3弾。といっても第2弾はテレビでしたが。
『まほろ駅前狂想曲』です。
<まほろ>というのは、説明するまでもなく
三浦しおんファン、瑛太&松田龍平ファンならおわかりですよね。町田のことです。
そう、東急田園都市線・小田急沿線の町田です。

町田
町田市は、日本の東京都の多摩地域南部にある市である。東京都特別区部への通勤率は22.1%(平成22年国勢調査)。多摩川以南に位置する商業都市で、人口は東京都内の市町村では八王子市に次いで2番目に多い。東京都に位置する自治体としては島嶼地域を除くと最南部に位置する。国道246号・東名高速道路(東急田園都市線・小田急線)と国道16号(横浜線)が交差する地域。
1960年代以降ベッドタウンとして発達したが、依然市内各所で農業が行われている。バブル経済期以後には、東京都区部からの私立大学の転入が進み、市内には現在も私立大学や一貫校が点在するなど、「青年の街」の色も見られる。
日本で唯一、3つの政令指定都市(横浜市・川崎市・相模原市)に接している自治体でもある。
市内や近辺には大学や短大、高校が多く、町田駅付近の繁華街は学生を中心とした若者の街に変わりつつある。前述したように南多摩地域や相模原市など周辺地域にとって中心商業地としても発展しており、地元にいながら渋谷や原宿、秋葉原などの文化を感じ、楽しむことができる場所として、「西の渋谷」、「西の秋葉原」(この場合の西とは東京西部と言う意味)などと呼ばれることも多く、実際に109など若者向けの衣料品店や飲食店、ゲームセンター、アニメ・漫画・ゲーム専門店などが多く、近隣では少ないメイド喫茶も出店されている。また、それら商業施設は駅周辺のビルのテナントとしてだけでなく、周辺の各商店街にも多く存在し、乾物屋などを中心とした町田街道絹の道以前からの活気あふれる商店街に溶け込み、独特の雰囲気を持つ繁華街を作り上げている。

とまあWikipediaには書かれております。
乗り替えにしか利用したことがない通過駅に過ぎませんが、
前作『まほろ駅前多田便利軒』を観て以来、なんとなく気になる町であります。

f0165567_4313762.jpg

多田便利軒の店舗も、バスの間引き運転を調査するバス停も
地方都市と呼ぶには少しばかり鄙びており、田舎ときめつけるにはちょっと拓けている、
ま、なんとも形容しがたい町です。住んでいる方にはごめんなさい。
駅前はいまどきの駅らしく立派ですが。

まだ30代なのに生活の疲れをにじませた瑛太演じる多田啓介と、
高校時代の同級生だったというなんともぼーっとした松田龍平演じる行天春彦のコンビが
今回も要領の良いような悪いような、なんとも不思議な味わいをかもしています。

f0165567_434988.jpg

あ、前作をご覧になっていない方のためにもう少し2人をご紹介しておきましょうか。
2人はタダ、ギョウテンと呼び合う元同級生。
前作『まほろ多田便利軒』で横中交通バスの間引き運転を調査していたバス停で
バッタリ出会って以来、なぜか3年経ったいまも一緒に暮らしています。
多田は便利屋、行天はその助手、および居候という間柄。
ともにバツイチというのも共通点です。

責任感が強く頼まれた仕事はなんでもきちんとこなす多田とマイペースな行天ですが、
今回はどんなお仕事の依頼を受けるのでしょうか。

続きは次回までお待ちくださいね。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月30日に更新しました。うっわあ、明日から10月です☆

まほろ駅前狂想曲
監督/大森立嗣、脚本/大森立嗣、黒住光、原作/三浦しおん「まほろ駅前狂想曲」(文藝春秋刊)、撮影/大塚亮、音楽/岸田繁(くるり)、配給/東京テアトル/リトルモア
出演
瑛太/多田啓介、松田龍平/行天春彦、高良健吾/星良一、真木よう子/柏木亜沙子、永瀬正敏/小林、本上まなみ/三峯凪子、奈良岡朋子/曽根田菊子、荒井浩文/飯島幸三、三浦雅己/吉村刑事、古川雄輝/澤田刑事、横山幸汰/田村由良、岩崎未来/三峯はる、市川実和子/西島さき
10月18日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
2014年、日本、カラー、124分
http://www.mahoro-movie.jp/

by Mtonosama | 2014-09-30 04:42 | 映画 | Comments(12)