ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:少年と自転車 ( 3 ) タグの人気記事

少年と自転車 -2-
Le gamin au vélo

f0165567_7281095.jpg

(c)christine plenus

主人公の名はシリル。もうすぐ12歳になります。
このシリル少年、まるでハリネズミが全身の針を逆立てたように、
ネコが足を踏ん張って威嚇するように、養護施設の職員たちと睨み合っています。
「ね、電話は通じないんだよ。もう止めよう」と職員が説いて聞かせても、
「もう一回だけ」と受話器を離しません。もう、その頑ななことといったら。
な、なんなの!?いい加減にしなさいっ。
と、つい保護者の目になって怒りたくなってきました。

でも、少年の強い闘志に圧倒されてスクリーンをみつめている内、
彼の肩や背中が緊張でガチガチなのがわかってきます。
そして、その緊張と闘志がパパに会いたい、会わなくちゃならないという必死さから生まれたものだとわかると、
その強張った肩や背中を抱きしめて撫でてあげたくなってきました。
はい、柄でもないことはわかっています。でも、そういう気持にさせられてしまうんです。

親に捨てられた子どもといえば、
韓国映画「冬の小鳥」(‘09)http://mtonosama.exblog.jp/14398672/ もそうでした。

主人公の少女ジニはその受け入れがたい痛みを小さな体で必死に耐えていましたっけ。
「少年と自転車」のシリル少年も全身でその痛み、苦しみ、悲しみをぶつけてきます。
さあ、シリルはどうやって自分の受けた理不尽な状況を生きていくのでしょうか。


f0165567_7419100.jpg

ストーリー
シリル少年の願いは自分を児童養護施設へ預けた父親を見つけ出し、もう一度一緒に暮らすこと。
彼は施設から父親に電話をします。でも、通じません。
翌日、学校へ行くふりをして、以前父と暮らしていた団地にやってきます。
しかし、呼び鈴を押しても応答はありません。そこへ、先生たちがシリルを探しに。
追及を逃れようと、シリルは団地の診療所に逃げ込み、待合室の女性にしがみつきます。
「パパが買ってくれた自転車があるはずだ」と言い張るシリルを納得させるため、
大家が部屋の鍵を開けてからっぽの室内を見せます。

数日後、診療所でシリルがしがみついた女性が施設を訪ねてきました。
彼女は自転車をみつけ、持ち主から買い取ってくれたのです。
サマンサというその親切な女性を追いかけ、「週末だけ里親になってほしい」と頼み込むシリル。

美容院を経営するサマンサと週末を過ごしながら、
シリルは自転車に乗って父親の行方を捜しまわります。
努力の甲斐があり、父の働く店がみつかります。
サマンサの車に乗せてもらって、いそいそと父のもとへ向かうシリル。
嬉しさに上気したシリル。そして、当惑した様子の冷めた父親。
帰りの時間が近づいた時、父親はサマンサをひきとめ、「もう会いたくないと伝えてくれ」と。

サマンサがそんなことをシリルに言えるでしょうか。
彼女は店に戻り、自分で伝えなさいと父親に告げます。
そして、父親は「もう来るな」と。

帰りの車内で、溢れる感情をぶつけるように顔をかきむしり、車のドアに頭をぶつけるシリル……

f0165567_784142.jpg

ベルギーの下層に生きる人々を描くことの多いダルデンヌ監督。

シリル少年の父親もやむを得ない状況で息子を養護施設に預けた貧困者でしょう。
でも、それはあくまで大人の都合です。
百歩譲って、預けることは仕方なかったとしても
休日に息子を訪ねるとか、最低限の努力はすべきですよね。
11歳の子どもには大人の事情を斟酌する余裕も能力もありません。
シリルはまだハリネズミになって大暴れをし、自分を主張したから、
あきれながらも手を貸してくれる大人がいました。そして、救われました。

本来無条件に愛してくれて、面倒を見てくれるはずの親に捨てられ、
やっと出会えた親から拒絶されてしまったら、
ハリネズミにも、威嚇するネコにもなれない子どもは抱えきれない悲しみを
無理やりその小さな心と体に押し込むしかありません。

f0165567_7132163.jpg

かつてのダルデンヌ監督作品に登場したシリルより少し大きな少年、少女。
彼らはシリルのようなハリネズミにはなれなかった子どもたちが成長した姿でしょう。

それでも、ダルデンヌ監督作品の中ではそんな少年少女たちも1人っきりの存在じゃないんですね。
彼らをみつめる人たちがいます。パートナー、雇用主etc.
その人たちはベルギーのチョコレートやワッフルみたいに甘くはありません。
でも、ひそやかにではあるけれど、確かに存在しています。

「少年と自転車」は現代のおとぎ話かもしれません。
でも、おとぎ話って子どもにも大人にも必要です。
ダルデンヌ監督の映画には、少年少女をみつめる人たちが息づいていて、
彼らがどうにか生きていけるように守ってくれているものが存在するような気がしてなりません。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月25日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

少年と自転車
脚本・監督/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、製作/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、ドニ・フロイド、撮影監督/アラン・マルコアン
出演
セシル・ドゥ・フランス/サマンサ、トマ・ドレ/シリル、ジェレミー・レニエ/シリルの父、ファブリッツォ・ロンジョーネ/書店の店主、エゴン・デイ・マテオ/ウェス、オリヴィエ・グルメ/居酒屋の主人
3月31日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
2011年、ベルギー=フランス=イタリア、87分、字幕/松岡葉子、配給/ビターズ・エンドhttp://www.bitters.co.jp/jitensha/

by Mtonosama | 2012-03-25 07:21 | 映画 | Comments(11)
少年と自転車 -1-
Le gamin au vélo

f0165567_6482889.jpg

(c)christine plenus

昨年、第64回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた「少年と自転車」。
ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の作品です。
去年6月に興奮してお伝えした本作http://mtonosama.exblog.jp/16059731/ですが、
いよいよ日本でも公開されます。

ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督。
実は、このお二人、とのにとっては初めて見た実物のベルギー人。
穏やかで謙虚で優しそうな人たちという印象でした。
「息子のまなざし」(‘02)のキャンペーンで来日した時におみかけしたのですが。

3歳違いのこの兄弟監督、本作でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞したことにより、
なんとカンヌで5作品連続主要賞受賞という史上初の快挙をなしとげたのでした。


f0165567_6524333.jpg兄のジャン=ピエールは1951年4月21日、弟のリュックは1954年3月10日にベルギー・リエージュの近郊で生まれました。リエージュは工業地帯、労働運動の盛んな地域です。
兄ジャン=ピエールは舞台演出家を目指し、ブリュッセルへ移りました。そこで演劇界、映画界で活躍していたアルマン・ガッティと出会います。その後、兄弟はガッティの下で暮らし、芸術や政治の面で多大な影響を受け、彼の映画製作を手伝うようになりました。

兄弟は原子力発電所で働いて得た資金で機材を買い、労働者階級の団地に住み込み、
土地整備や都市計画の問題を描くドキュメンタリー作品を74年から制作し始めます。
78年に初のドキュメンタリー映画“Le chant du Rossignol”を監督し、その後もレジスタンス活動、
ゼネスト、ポーランド移民といった様々な題材のドキュメンタリー映画を撮り続けました。
86年、ルネ・カリスキーの戯曲を脚色した初の長編劇映画「ファルシュ」を監督、
ベルリン・カンヌなどの映画祭に出品。92年に第2作「あなたを想う」を撮りますが、
会社側の圧力による妥協の連続で、2人にとって満足のできない作品となってしまいました。
この失敗に懲りた彼らは、第3作『イゴールの約束』を決して妥協することなく製作。
その結果、カンヌ国際映画祭 国際芸術映画評論連盟賞をはじめ、多くの賞を獲得するなど、
世界中で絶賛されました。
第4作『ロゼッタ』ではカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞を受賞、本国ベルギーでの成功はもとより、フランスでも100館あまりで公開され大きな反響を呼びました。
さらに2002年、第5作『息子のまなざし』でもカンヌ国際映画祭・主演男優賞とエキュメニック賞特別賞をダブル受賞。2005年には『ある子供』が史上5組目となる2度目のパルムドール大賞受賞という快挙を成し遂げました。そして、第7作『ロルナの祈り』http://mtonosama.exblog.jp/10192050/では、2008年に脚本賞を受賞、本作「少年と自転車」で史上初の5作品連続主要賞受賞を果たしたのです。
近年では共同プロデューサーとして若手監督のサポートも積極的に行っています。


f0165567_6571496.jpg

ダルデンヌ兄弟監督のこととなるとどうしても熱くなってしまうとのであります。
しかし、本作「少年と自転車」が、日本で聞いた話から生まれたと知ってまたまた熱くなってしまいました。
監督達が2003年「息子のまなざし」のキャンペーンで来日したとき、
ある女性弁護士が語った話が兄弟の心に強く残ったといいます。

どんな話かをちらっとお知らせしますね。
児童養護施設に預けられた子どもの話です。
その子は必ず迎えに来ると約束した父親を信じて、
毎日毎日屋根に上がって父親を待っていました。
でも、ある時から屋根に上がることも、父親を待つことも止め、
誰も信じなくなってしまったのだそうです。

日本で聞いたこの話が監督たちの頭にこびりついて離れませんでした・・・・・

さあ、ダルデンヌ監督、今回はどんな映画を見せてくれるのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませね。



今日もポチッとお願いできたら嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月22日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

少年と自転車
脚本・監督/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、製作/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ、ドニ・フロイド、撮影監督/アラン・マルコアン
出演
セシル・ドゥ・フランス/サマンサ、トマ・ドレ/シリル、ジェレミー・レニエ/シリルの父、ファブリッツォ・ロンジョーネ/書店の店主、エゴン・デイ・マテオ/ウェス、オリヴィエ・グルメ/居酒屋の主人
3月31日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
2011年、ベルギー=フランス=イタリア、87分、字幕/松岡葉子、配給/ビターズ・エンドhttp://www.bitters.co.jp/jitensha/

by Mtonosama | 2012-03-22 07:15 | 映画 | Comments(8)
   ちょっと気が早いのですが

f0165567_5215246.jpg


           ダルデンヌ兄弟 第64回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞おめでとう!!

というわけで、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の最新作「少年と自転車」(仮題)le gamin au vélo /
                  The Kid with a Bike が来年公開されるそうです。
                            わ~い!          
         あ、いけない。この兄弟監督のファンなもので、つい、はしゃいでしまいました。
      私ごとで恐縮ではございますが、ある雑誌の映画紹介ページを書かせていただいていたとき、
           一番最初に紹介したのが、ダルデンヌ兄弟の「息子のまなざし」でした。
          それ以後、このベルギー人のおふたりがなぜか他人とは思えなくなりまして。
                           お恥ずかしいことです。

                              反省、反省。
            ということで、一応今回のカンヌ映画祭の受賞作品のおおまかなご紹介を。

          パルムドール大賞はブラッド・ピットとショーン・ペンの共演が話題になっている
           テレンス・マリック監督ツリー・オブ・ライフ」The Tree of Lifeに輝きました。

            グランプリダルデンヌ兄弟監督の「少年と自転車」le gamin au véloと
  トルコのヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品Bir Zamanlar anadolu'da「昔々アナトリアで」との同時受賞でした。

        河瀬直美監督朱花(はねづ)の月」、三池崇史監督一命」は今回は残念ながら無冠。

                         ちょっと、大まかすぎましたね。
                              すいません。

f0165567_5234711.jpg

                                ↑ ↑
                         ベルギーの生んだ名兄弟監督です。

ダルデンヌ兄弟はカンヌ国際映画祭コンペティション部門では
「ロゼッタ」(‘99)でパルムドール大賞と主演女優賞、
「息子のまなざし」(‘02)では主演男優賞とエキュメニック賞、
「ある子供」(‘05)では再びパルムドール大賞、
「ロルナの祈り」(‘08)では脚本賞、
そして、今回の「少年と自転車」le gamin au véloではグランプリ大賞
と5作品連続受賞の快挙をなしとげました。

ストーリー
もうすぐ12歳を迎える少年シリル。彼の考えていることはただひとつ。自分を児童相談所へ預けた父を見つけて、父が売ってしまった自分の自転車を取り戻すこと。
ある日、シリルは美容院を経営するサマンサと出会い、週末を彼女の家で過ごすことになる。彼女はシリルに愛情を注ぐことによってシリルの人生を変えようとする…
監督・脚本/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ
出演
セシル・ドゥ・フランス、トマス・ドレ、ジェレミー・レニエ
2011年、ベルギー=フランス=イタリア/87分

            まだ観ていないので、詳しいお話はまた来年。ああ、今から楽しみです!


                ところで、匂蕃茉莉(ニオイバンマツリ)が咲きました。

f0165567_5252688.jpg


においばんまつり (匂蕃茉莉) Brunfelsia latifolia
常緑低木 【なす科ばんまつり属】 原産地:熱帯アメリカ
4月ごろから咲き出す。紫青の花は咲き進むとだんだん白くなる。
香も強く良い。茉莉はマツリカの事でジャスミン類を表す。
冬は室内の日のあたる暖かい場所に取り込む。
排水の良い用土を使う。乾燥に弱い。水は充分与える。
夏は野外の直射日光のあたらない場所に置く。
根を利尿剤等に利用。熱帯にいる感じがする花だ。
高さ1mまで。同属のばんまつりはブラジル原産

http://www.mitomori.co.jp/hanazukan/hanazukan2.9.18nioi.html


f0165567_5264366.jpg


                   可愛い花なのに、とてもいかめしい名前です。
          にゃルニア国住民のよっしーさんから名前を教わったときはちょっとビックリ。
                   よっしーさん、ありがとうございました<(_ _)>
  「花図鑑」の解説にもあるように、日にちが経つと紫一色だった花が↑のように薄紫や白に変わっていきます。
                    そして、終わりごろにはみんな白くなります。
                  1本で2つも3つも楽しめるお得な花ニオイバンマツリ。
                オシロイバナのような香りもあって、なんかけなげな花です。

                               茉莉。
                      茉莉花というのはジャスミンのこと。
              今年1月チュニジアに口火を切ったジャスミン革命のジャスミンです。
                    チュニジアの国花がジャスミンだったんですね。

           そして、この民主化運動が2月に中国までやってきました。茉莉花革命です。
                      ま、不発に終わってしまいましたが。

              って、ニオイバンマツリが茉莉花革命に結びついてしまいました。


今日もポチッとお願いできたら、幸せでございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月1日に更新しました。もう6月なんですね!いつも応援ありがとうございます☆
by mtonosama | 2011-06-01 06:10 | 映画 | Comments(8)