ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:少年は残酷な弓を射る ( 2 ) タグの人気記事

少年は残酷な弓を射る -2-
We Need To Talk About Kevin

f0165567_6261615.jpg

(C) UK Film Council / BBC / Independent Film Productions 2010


高級住宅の一室。大きな窓に白いカーテンがかかっていて、夜風に揺れています。
そして、
膨大な数のトマトが路上にあふれ、つぶれ、群衆も真っ赤に染まっています。
白と赤。映画の冒頭からこんなヴィヴィッドな色彩の対比に幻惑されます。
そして、
いずれも一抹の不安感を予想させます――

という次第で始まる「少年は残酷な弓を射る」。
リン・ラムジー監督の細腕(細くないかもしれないけど)でむんずと襟首つかまれました。


f0165567_6391758.jpg

ストーリー
郊外の古くて小さな一軒家に暮らすエヴァ。
赤いペンキが家の壁にぶちまけられても、近所の人は一言も声をかけてくれない。
見知らぬ女性が街を歩くエヴァの頬をいきなり張り飛ばしていく――

それというのも息子ケヴィンがひきおこした事件のためだった。
雑用係として旅行代理店で働き、少年刑務所に収容されている息子に会いにいく日々。
睡眠薬が手放せない夜を過ごしながら、エヴァは少しずつ過去の記憶に向き合っていく。

若かった頃、エヴァは世界中を飛び回る旅行作家だった。
恋人のフランクリンは旅先まで彼女を追ってきた。
彼は家庭を作り、落ち着いた日々を送ることを望んだ。
エヴァもそれを受け入れ、結婚。やがて妊娠。ひどいつわりに苦しむ。
生まれた子はケヴィンと名づけらたが、彼との生活は苦労の連続だった。

赤ん坊の頃は一日中泣き通し、3歳になっても一言も言葉を話さず、おむつも取れない。
6歳の頃の激しい反抗期。まるで母親への強烈な悪意に満ち満ちているかのようである。
でも、どの時期も夫フランクリンが抱けば泣きやみ、夫が帰宅すれば満面の笑顔で出迎えるケヴィン。
「男の子なんてこんなものさ」。フランクリンはエヴァの訴えを理解しようとしない。

そんな時、2人目の子どもを授かるエヴァ。娘セリアは明るい少女に育つ。
ケヴィンも美しく賢い少年に成長するが、思春期ともあいまってエヴァとの関係は悪化するばかり。
難しい息子との関係に疲れたエヴァにとって娘の存在は大きな救いだった。

ある日のこと、セリアが可愛がっていたハムスターがいなくなり、
キッチンのディスポーザーの中で死んでいるのが発見された。思わずケヴィンを疑うエヴァ。
それからしばらくしてエヴァたちの留守中、セリアが強い薬品を顔にかぶり、
片目を失明するという事故が起きた。エヴァの疑いは確信に変わる。

エヴァの言葉を聞いたフランクリンは妻に失望し、ふたりの関係は冷めていく。
言い争いを耳にしたケヴィンは「僕のせいなんだろ」と言い残し、自室へ。
何度も話し合った結果、もう少しこの生活を続けていくことにする夫婦――

その朝、セリアははしゃぎ、夫も彼女と楽しげに遊んでいた。
起きてきたケヴィンにエヴァは「あと3日で16歳ね。お祝いしましょう」。
「さあ、どうかな。忙しいかもしれない」とケヴィン。
仕事にでかけるエヴァ。それが家族の最後の記憶だった……

f0165567_6375135.jpg


思いもよらない衝撃のラストが待ち構えています。

小説では、エヴァが夫フランクリンに宛てた手紙という形式をとっているそうですが、
映画では手紙ではなく、エヴァの視点と記憶が中心になった構成です。
息子ケヴィンとの関係をどう捉えるか、エヴァなりに苦しみ抜いた結論を出しています。
でも、観客がそれを受け入れられるかどうか。
そして、ケヴィンの心の底にあるものは本当にそれだったのか・・・・・
はっきりいってかなりしこりが残ります。

映像の美しさと少年の美しさ。象徴性に満ちたシーンと構成。
愛に満ちた家庭と少年の内部に溢れる処理しがたい衝動。
一歩先の展開を予測させつつ、じらせる心憎い演出。
家族映画であり、犯罪映画であり、絶妙な心理映画で、恐怖映画であると言いました。
映画としては心ゆくまで満足させられます。

しかし、観終わった後もいつまでも残るこのしこりをどうにかしたいのですが。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月30日に更新しました。1年の半分がもう終わってしまいますね。いつも応援ありがとうございます☆

少年は残酷な弓を射る
監督/リン・ラムジー、脚本/リン・ラムジー&ローリー・スチュワート・キニア、原作/ライオネル・シュライバー、製作/リュック・ローグ、ジェニファー・フォックス、ロバート/サレルノ、製作総指揮/スティーヴン・ソダーバーグ、クリスティーン・ランガン、ポーラ・アルフォン、クリストファー・フィッグ、ロバート・ホワイトハウス、マイケル・ロビンソン、アンドリュー・オル、ノーマン・メリー、リサ・ランバート、リン・ラムジー、ティルダ・スウィントン、撮影/シーマス・マッガーヴェイ
出演
ティルダ・スウィントン/エヴァ、ジョン・C・ライリー/フランクリン、エズラ・ミラー/ケヴィン
6月30日(土)TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー
2011年、イギリス、112分、字幕/佐藤恵子、提供/クロックワークス、東宝、配給/クロックワークス、http://shonen-yumi.com/

by Mtonosama | 2012-06-30 06:57 | 映画 | Comments(8)
少年は残酷な弓を射る -1-
We Need To Talk About Kevin

f0165567_6192398.jpg

(C) UK Film Council / BBC / Independent Film Productions 2010

怖くて、美しくて、悲しい映画です。
女性なら母親になることが怖くなるし、
男性なら父として夫としてどうあるべきなのかと、頭を抱え込んでしまうでしょう。
そして、今、少年期にある人なら―――
うーん、何を想うでしょう。
150歳にもなってしまうと少年の気持はよくわかりません。

ですが、もう一回―――
女性なら、きっとケヴィンのおそろしいまでの美しさに息を呑むでしょう。
「ヴェニスに死す」のビョルン・アンデルセンの再来かと思う人も多いと思います。


f0165567_6311771.jpg
映画化は困難と言われていた小説「少年は残酷な弓を射る」(”We need to talk about Kevin” ライオネル・シュライバー著)が、リン・ラムジー監督によって映画になりました。
母親を演じるのはティルダ・スウィントン。彼女は製作にも参加しています。



「少年は残酷な弓を射る」
2003年に発表されたライオネル・シュライヴァーによる小説。殺人を犯した少年の母親が彼女の夫に宛てた手紙という一人称視点の形式を採る。
訳者/光野多惠子、堤理華、真喜志順子、発行日/2003年4月14日(アメリカ)、2012年6月15日(日本)、発行元/サーペンツ・テール(アメリカ)、イースト・プレス(日本)
Wikipediaより

「少年は残酷な弓を射る」は英国女性作家文学賞オレンジ賞を受賞したベストセラーです。
女性作家の小説を女性監督が映画化し、主演女優が製作にも関わる――
女性が表に出ることをことさらにあげつらうまでもないのですが、
本作から受けた強い衝撃のため、ついクレジット・タイトルに目が行ってしまいました。

f0165567_6332586.jpg

撮影日数わずか30日。低予算のプロジェクト。
低予算ゆえセットを組む予算もなく、撮影は全てロケかロケセットで行われたという本作。
しかし、窮すれば通ず、です。
プロダクション・デザイン担当の女性が廃校になった職業訓練校を見つけ出し、
それを病院、小児科、少年鑑別所、学校、そして、
主人公の夫婦が初めての夜を過ごした旅先のうらさびれたトロピカル・ホテルにまで作り変えてしまいました。

なぜ、そんな内輪話を紹介したかというと、
とてもそんな安上がりな映画とは思えなかったからなんですけどね。

映画は3つの時間から構成されています。
主人公エヴァが暮らす現在、
息子ケヴィンが生まれるまでの夫婦の幸せな時代、
そして、成長期のケヴィンとエヴァとの息のつまるようなNY郊外での日々。
フラッシュバックのように挿みこまれるいくつかのシーン。
なんとも不安の嵩ずる構成です。
知らず知らず肩をこわばらせ、ハンカチを握りしめて注視していました。

この映画をジャンル分けすることは難しいです。
家族映画でもあれば、犯罪映画でもあり、絶妙な心理映画で、
ものすごくサスペンスフルな恐怖映画でもあります。

一体どんな映画なのでしょうか。乞うご期待でございますよ。



今日もクリックをお願いできれば嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月27日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

少年は残酷な弓を射る
監督/リン・ラムジー、脚本/リン・ラムジー&ローリー・スチュワート・キニア、原作/ライオネル・シュライバー、製作/リュック・ローグ、ジェニファー・フォックス、ロバート/サレルノ、製作総指揮/スティーヴン・ソダーバーグ、クリスティーン・ランガン、ポーラ・アルフォン、クリストファー・フィッグ、ロバート・ホワイトハウス、マイケル・ロビンソン、アンドリュー・オル、ノーマン・メリー、リサ・ランバート、リン・ラムジー、ティルダ・スウィントン、撮影/シーマス・マッガーヴェイ
出演
ティルダ・スウィントン/エヴァ、ジョン・C・ライリー/フランクリン、エズラ・ミラー/ケヴィン
6月30日(土)TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー
2011年、イギリス、112分、字幕/佐藤恵子、提供/クロックワークス、東宝、配給/クロックワークス、http://shonen-yumi.com/

by Mtonosama | 2012-06-27 06:49 | 映画 | Comments(8)