ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:川本三郎 ( 2 ) タグの人気記事

        マイ・バック・ページ -2-
                         My Back Page

f0165567_616240.jpg


                  ©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会

              1960年代の終わりという時代を、当事者として生きた人々にとって、
         この時代を過去のものとしてひとくくりにすることはなかなか難しいことだと思います。

       彼らにとってこの時代を過去としてふりかえるにはまだまだ生々しすぎるからでしょうか。
               若かったよな、とか、バカだったよな、とか、自虐的に口走りつつも、
       籠城した大学構内から眺めた朝日を忘れられなかったりしているのかもしれません。
        でも、「懐かしかったなぁ」とは口が裂けてもまだいえないのでしょう。きっと。まだ。

             と、老いの時代に入りつつある当事者たちがウジウジしている間に、
    当事者たちの息子世代にあたる山下敦弘監督はその時代を背景にした映画をつくってしまいました。
                          さあ、どんなお話でしょう。

f0165567_6534885.jpg


ストーリー
革命がロマンとして信じられていた時代があった。

だが、1969年1月東大安田講堂の闘いの後、全共闘運動は失速。
その背後から、赤軍や京浜安保共闘などより先鋭化したグループが現れ、
学生運動は社会から遊離していく―――
1969年はそんな時代の始まりであった。

1969年、東都新聞社で週刊東都の記者として働く沢田雅巳。
彼は取材対象である活動家たちの想いを共有したいという感情と、
ジャーナリストとして要求される客観性との間で揺れ動く日々を送っていた。

ある日、沢田は指名手配中の東大全共闘議長・唐谷を日比谷で開かれる大会に連れてくるよう、
先輩記者の中平から命じられる。そのことが新聞記者としての境界線を越えていることを自覚しながらも大会の熱狂の渦に巻き込まれ感動する沢田。

f0165567_631612.jpg

1970年、日本大学の教室で“哲学芸術思潮研究会”と称したサークルの討論会が開かれている。
檀上で話すのは片桐優。その横には彼を支持する柴山。
論破されながらも、熱弁で、あるいは詭弁で相手を圧倒する片桐。
そのエネルギーに学生の重子と七重はひきつけられていた。

1971年、全共闘は崩壊しつつあり、一部の活動家はより暴力的な直接行動へと進み始めていた。
そんな時、中平に或る組織の幹部を名乗る男から連絡があり、沢田は中平と共に、
自宅の離れで梅山(実は片桐)と名乗るその男を取材。
闘争計画を熱い口調で語る梅山を中平はガセ(偽物)ときめつけた。
しかし、梅山と2人、部屋に残った沢田はクリアデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)の
「雨を見たかい」を口ずさむこの男に親近感を覚える。

ある日、沢田は中平から警告を受ける。
「梅山はやっぱりガセだ。やつにはもう近づくな」
正体をつきとめようと迫る沢田をアジトへ連れていく梅山。
そこにあったのは赤く塗られたヘルメット、アジビラ、そして、包丁。
沢田は夢中でシャッターをきった。
梅山が言う。
「『真夜中のカーボーイ』観た?ダスティン・ホフマンが泣くんだ。
あれは僕だ。行動を起こすとき、僕もこわいって思う」

ことを起こすときには独占取材をさせてくれるよう沢田は頼み、梅山は了承する。
そして……


f0165567_6433697.jpg

           「マイ・バック・ページ」は1971年に陸上自衛隊朝霞駐屯基地で
        自衛官が殺害された事件を背景に、これに関わった2人の人物を描いた映画。
            もう40年も前の話です。しかし、まだ痛みの残る話です。


                    監督も俳優たちも生まれていない40年前。
     梅山や沢田の心情が、「真夜中のカーボーイ」の中のダスティン・ホフマンが泣くシーンでよみがえり
           CCRの「雨を見たかい」で描けるとしたら、あまりに抒情的すぎるかもしれません。

                    でも、この頃、梅山も、きっと沢田も、
    自衛隊員にも、機動隊員にも、親がいて、妻がいて、もしかしたら子どももいたかもしれない
             という想像すら働かないほど、若く、生活感がなかったんです

          製作者たちは「真夜中のカーボーイ」に彼らの心情を仮託しなければ、
             梅山や沢田のことを理解できなかったのかもしれません。

                 なにかを信じたいあまりに行動を起こした2人。
     信じたいという思いが破滅に向かったと、とるか、あるいは、思想に殉じたと、とるか、
                   どう解釈するかで大きく変わってきます。
             でも、こんな単純な二者択一そのものがナンセンスなんでしょう。

真夜中のカーボーイ」(’69)
 
                       これも切ない話でしたねぇ。
        
      梅山と沢田がラッツォとジョーだったとしたら、あまりに寂しいロマンの結末です。                
                 おっといけない、なんかしんみりしてしまいました。


                              

マイ・バック・ページ
監督/山下敦弘、原作/川本三郎「マイ・バック・ページ」(平凡社刊)、脚本/向井康介、撮影/近藤龍人
出演
妻夫木聡/沢田雅巳、松山ケンイチ/梅山(本名:片桐優)、忽那(くつな)汐里(しおり)/倉田眞子、石橋杏奈/安宅重子、韓英恵/浅井七恵、中村蒼/柴山洋、長塚圭史/唐谷義朗(東大全共闘議長)、山内圭哉/前園勇(京大全共闘議長)、古舘寛治/中平武治(週刊東都記者)、あがた森魚/飯島(東都ジャーナルデスク)、三浦友和/白石(東都新聞社 社会部部長)
5月28日(土)新宿ピカデリー他ロードショー
2011年、日本、2時間21分、配給/アスミック・エース
http://mbp-movie.com/


今日もポチッとしていただけたら嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月8日に更新しました。いつも応援して下さって、本当にありがとうございます☆
by mtonosama | 2011-05-08 07:09 | 映画 | Comments(6)
         マイ・バック・ページ -1-
                        My Back Page

f0165567_5501123.jpg


                   ©2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会

               150年という人生を生きてきて、映画もたくさん観てきましたが、
     知っている人、それも口をきいたことのある人が重要人物としてスクリーン上に登場するというのは、
                          初めての体験でした。
              それも俳優としてではなく、映画の中に描かれた人物として、です。
             
              「マイ・バック・ページ」がそんな初めての体験を与えてくれた映画です。
    川本三郎氏が1988年にジャーナリスト時代の自らの経験を著したノンフィクション「マイ・バック・ページ」
                     がその原作(2010年平凡社より再び刊行)。
                  監督は若いながらも突出した才能を有する山下敦弘です。
    
      1969年に起きた実在の事件をモチーフに、2人の若者が生きた時代を鮮明に描き出した作品で、
           妻夫木聡が若きジャーナリスト(つまり川本三郎さんですね)沢田雅巳を、
           松山ケンイチが学生運動の活動家・梅山(本名:片桐優)を演じています。

f0165567_6285667.jpg


                とのが知っているのは、松山ケンイチが演じた人物。
               といっても、はるかな昔。高校時代のことですが―――

         生家が画材屋を営んでいたので、店は日曜画家の会に入っていました。
        当時は、その会でスケッチ旅行などが時々企画されていた記憶があります。
   そのスケッチ旅行へ、絵を描くわけでもないのに、高校生のとのは友人2人と参加したのでした。
           友人の1人A子は高校1年とは思えないほど大人びた女らしい女子。
           もう1人のB子も、A子ほど大人びてはいないものの美人でありました。
          一方、とのはといえば、背が高いだけで大人びてもいないフツーの15歳。

               その旅行に、高校2年のKくんも参加していました。
彼もまた絵を描くのではなく、ま、16歳の少年らしく、あわよくば彼女でもみつけようという魂胆があったのでしょう。

            Kくんはまず友人A子にアタック。しかし、あっさりふられてしまいました。
                       めげない彼はA子に言いました。
           「じゃあさ、あの背が高くない方の子に話をつけてくれないかなぁ」

                           おいっ!

            とまぁ、口をきいたといっても、あまり良い思い出はありませんし、
                  その後、顔を合わせることもありませんでした。

    数年して、事件を知ったとき、A子やB子と「あれ、Kくんだよね!」と驚いたものであります。

f0165567_633518.jpg

  
    妻夫木聡が演じた本作の原作者・川本三郎さんは試写室でときどきお見かけはしますが、
               こちらとは言葉をかわしたことはありません。

     しかし、知ってる人がモデルになった映画を観るということは、なかなか難しいものです。
  どういうスタンスで映画を観ればいいのかわからないし、どうしても思い入れが強くなりますから。


               f0165567_793551.jpg
監督の山下敦弘さんは1976年生まれ。
山下作品で印象深いのは「リアリズムの宿」(‘03)や「リンダ リンダ リンダ」(’05)ですが、これらの作品に今回の「マイ・バック・ページ」を連想させる部分はありません。
山下さんは、この事件が起きた1969年にはまだ生まれていませんし、
その前後に日本中、いえ、世界中を学生運動が駆け抜けていた頃も、影も形もなかったのですから。
   
    それは脚本をてがけた向井康介さんも、演じた妻夫木聡さんも松山ケンイチさんも同じことですが。

        それだけに山下監督が本作で60年代末から70年代という妙に熱かった時代を
                  とりあげたことに興味が湧きました。
         お若い方々はこの時代をどう捉えていらっしゃるのでしょうか?
       150歳ともなると、この時代を吹き荒れていた熱い風には、懐かしさというより、
                 気恥かしさを感じてしまうのですが。

                さあ、一体どんな事件だったのでしょう。
                 続きは次回で。乞うご期待であります。

                            

マイ・バック・ページ
監督/山下敦弘、原作/川本三郎「マイ・バック・ページ」(平凡社刊)、脚本/向井康介、撮影/近藤龍人
出演
妻夫木聡/沢田雅巳、松山ケンイチ/梅山(本名:片桐優)、忽那(くつな)汐里(しおり)/倉田眞子、石橋杏奈/安宅重子、韓英恵/浅井七恵、中村蒼/柴山洋、長塚圭史/唐谷義朗(東大全共闘議長)、山内圭哉/前園勇(京大全共闘議長)、古舘寛治/中平武治(週刊東都記者)、あがた森魚/飯島(東都ジャーナルデスク)、三浦友和/白石(東都新聞社 社会部部長)
5月28日(土)新宿ピカデリー他ロードショー
2011年、日本、2時間21分、配給/アスミック・エース
http://mbp-movie.com/


今日もポチッとしていただけたら、うれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月5日に更新しました。いつも応援してくださり、本当にありがとうございます☆
by mtonosama | 2011-05-05 06:41 | 映画 | Comments(6)