ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:工場萌え ( 1 ) タグの人気記事

ランニング・オン・
エンプティ
-2-
RUNNING ON EMPTY

f0165567_55520100.jpg


                        (C)2009アムモ

―――停電の後―――

試写再開です。

       え?こういうことに…!?
       思わぬ展開に息を呑みつつ、エンドロール。
       と、明るくなった場内に姿を見せたのが佐向大監督でした。
       スクリーンの前で挨拶する監督も爽やかな方でした。

停電という特殊な状況と、監督挨拶といったハプニングもあり
しっかり上映時間80分プラス40分を楽しんだ殿です。

「ある、ある。こういうこと」と思ったり
あきれたり、笑ったり、「いい加減にしなさい」と怒ったり
監督の映画マジックにすっかり乗せられている内に
明らかになるヒデジとアザミの意外な関係と予想外な展開。

さて、ストーリーは?

ストーリー
バイトとバンド活動でなんとなく日々を過ごしているヒデジ。
バンドとはいっても、本当のところは、メンバーの前田やコウタと
つるんでいるだけのように見えます。
恋人のアザミはそんなヒデジにかなりウンザリ。
ヒデジくん、人は良さそうなんですけど。
f0165567_63871.jpg

ヒデジの誕生日の朝、アザミはある計画を思いつきます。
それは誘拐…!
といっても、自分が借金取りに拉致されたことにしてヒデジを脅迫し
金をまきあげようという狂言誘拐です。
アザミとヒデジをよく知る筋トレ・ホリックの祐一の部屋に転がり込み
自分に好意を持つ田辺も巻き込んで誘拐大作戦の始まりです。

f0165567_682267.jpg

ですが、逼迫感ゼロのヒデジ。
「明日までに50万円用意しろ」と脅迫電話を受けても、慌てず、騒がず。
一応、元バイト先のコンビニ店長に借金をあたってはみたものの
ヒデジのかつての勤務ぶりを思い出した店長をマジ切れさせ
中国人バイトにコンビニバイト倫理を教えられる始末。

アザミのイライラも沸点に。
怒りを爆発させたアザミの命令を受け、
パシリの田辺が本気を出してヒデジを恫喝します。
やっと走り出すヒデジ。
決して、足を向けようとしなかった実家へも走る…

喜ぶアザミを見て、筋トレ男・祐一が切れる…
狂言誘拐の結末は?
ヒデジが実家を遠ざけていた秘密とは?
ラストに向うにつれて、明らかになっていく彼らの関係とは?
秘密が明らかになっても彼らは走り続ける。
ラスト・ランニング・オン・エンプティ、最後の空回り…


f0165567_6113659.jpg


無数の星がちりばめられたような巨大プラントに沿って延々と全力疾走する
ヒデジとアザミの姿が印象的でした。

  一時、工場萌えって、はやりましたよね。今もはやっているのでしょうか?
工場萌え(こうじょうもえ)とは工場の景観を愛好する行為。日本において、コンビナートや工場の、夜間照明や煙突・配管・タンク群の、マッシヴな「構造美」を愛でる、工場観賞(工場鑑賞)を趣味とする人々が増えており、従来悪い景観とされていた工場に美を見出すムーヴメントがインターネットを通じて拡大した。(Wikipediaより)

そんな工場街をひた走るふたりの姿に
この映画の前半部分で、笑ったり
「もう、ヒデジはしょうがないんだから」とか
「アザミちゃん、ちょっとかわいいと思って男を手玉にとりすぎてんじゃない?」
と大人の余裕で見てた自分がぶっとんでしまいました。

ランニング・オン・エンプティ。

ふたりの行く手に待ち受けているものとはいったい…

不思議な文体を持った映画です。

The End.

ランニング・オン・エンプティ
監督・共同脚本・編集/佐向大、撮影/月永雄太、主題歌/ミサイルズ
出演
小林且弥/ヒデジ、みひろ/アザミ、大西信満/祐一、杉山彦々/田辺、角替和枝/ヒデジの母親、大杉漣/コンビニ店長、菅田俊/ヒデジの父親
2月20日(土)より、池袋シネマ・ロサにてレイトショー公開
2009年、80分、日本、配給/アムモ
公式サイト http://roe-movie.com/


ブログランキングに参加しています。
ヒデジとアザミの運命や、いかに。ポチッとクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡2月12日に更新しました。またまた応援、お願いします♡
by mtonosama | 2010-02-12 06:26 | Comments(6)