ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:工藤夕貴 ( 1 ) タグの人気記事

f0165567_537498.jpg

            (c)2008 PointBlank Films Inc. All Rights Reserved.
リミッツ・オブ・コントロールThe Limits of Control

        わが地方都市の駅前付近でのことです。
        ひとりのアフリカ系外国人男性が目の前を歩いていきました。
        少し短躯のガッチリ系で、スキンヘッドの頭はコリッと小さく
        スーツも決まっています。
        2ビートで肩を揺らして歩き、ラルフローレン・ポロスポーツの
        爽やかなフレグランスが後ろを歩く殿の鼻先に漂ってきます。
        このポロスポーツ氏
        おしゃれなスーツが自分でも気に入っているらしく
        2ビートの歩調はそのままで
        ショーウィンドウに映る姿に時々目をやるところなど
        なんだか笑いを誘ってくれました。

「リミッツ・オブ・コントロール」
主人公の〈孤独な男〉はスペイン中を2ビートで歩き回ります。
シルク混のメタリックカラーのスーツをビシッと着こなして
彼の方がポロスポーツ氏より少しクール…かな。

コードネーム〈孤独な男〉。
彼はある組織に属しています。たぶん。
スペインに降り立った彼が受けた指令は
「自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れ」…
え? 「自分こそ偉大だと思う男」ってなに?
最初から狐につままれたまま、あたふたと〈孤独な男〉を追う殿。
  
f0165567_5385096.jpg


     〈ストーリー〉
     カフェでは必ずエスプレッソを2つ注文し
     携帯電話も銃も持たず
     任務についている間はいかに魅惑的な女性に誘われようと
     肌を合わせることはしない。

     指令を果たすべく移動する〈孤独な男〉。
     移動の先々に現れる様々なコードネームを持った男女。
     〈クレオール人〉〈ヴァイオリン〉〈分子〉etc,etc.
     彼らは皆一様に「スペイン語は話さないのか?」と問いかけ
     小さな紙片をマッチ箱に入れて〈孤独な男〉に手渡す。

     デジャ・ビュと化した光景。
     判で押したような仕事ぶりの〈孤独な男〉。

     村上春樹の小説に出てくる芝刈りのアルバイト学生のように
     あるいはゴルゴ13のように
     〈孤独な男〉は四角く、きっちりと
     それは気持ちよく任務遂行に向けて仕事を続ける。

     そして、荒野の中にあるアジトへたどり着き…

スーツの色がグレーからブラウンに変わり
いよいよ任務遂行か!
と期待し、裏切られ
観客は〈孤独な男〉の後をついて、スペイン中を移動するのです。

f0165567_5383055.jpg


     前作「ブロークン・フラワーズ」から4年目。
     ジム・ジャームッシュ監督の最新作です。
     ビル・マーレイ、イザック・ド・バンコレ、工藤夕貴など
     かつてのジャームッシュ作品の俳優が総出演。
     音楽は日本のロックバンド「ボリス」が担当しています。

ジャームッシュ監督の新作ができたと聞くとスタコラ駆けつけてしまう。
なぜか気になる存在です。
しかし、勢い込んで観れば観るほどはぐらかされてしまうんですよね。
っていうか
なんなんですか?これは!とでもいえばいいのか
え~、わかんない!と言ってしまうか。

「常識的にいけばこういう展開になるに違いない」
というドラマツルギーが通用しません。
いつもながら目でびっくり!
ワンテンポ遅れて頭でびっくり!!の展開。裏切ってくれるんです。

映画の冒頭にはA・ランボー「酔いどれ詩人」の一節
      「無情な大河を下りながら―――
      もはや船引きの導きを感じなくなった」

が引用されます。

     監督は「この詩は精神錯乱のメタファーなんだ。作為的な感覚の混乱だよ」
     などと澄ましていますが
     「そんなの冒頭で出すなよな」と逆らいたくなります。
     ある年代にとって、ランボーは聖なるイコン。
     その部分でひきずられてしまうではないですか。

と、いつもながらジャームッシュ監督の作品には脳内をひっかきまわされます。

しかし、今回の場合、同じ会話が繰り返され、同じ品物の受け渡しがあり
カフェに行けばいつだってエスプレッソは2つだし
〈孤独な男〉は何も話さないし
定型化された場面の繰り返しと折々のありえないシーンの挿入。
そう。例えば、裸の美女が透明なレインコートを着て、
ホテルの部屋に闖入したり、というような。

同じパターンプラス非現実的なシーン。
それゆえに安心と期待感があるということは言えるかもしれません。
なんといってもカッコいいですし。

監督と神経戦を戦いつつ、スペインの風景を楽しんでしまいました。
この映画、くくりはやはりロードムービーですから。

リミッツ・オブ・コントロール
脚本・監督/ジム・ジャームッシュ
キャスト
イザック・ド・バンコレ/孤独な男、アレックス・デスカス/クレオール人、ジャン=フランソワ・ステヴナン/ウエーター、ルイス・トサル/ヴァイオリン、パス・デ・ラ・ウェルタ/ヌード、ティルダ・スウィントン/ブロンド、工藤夕貴/分子(モレキュール)、ジョン・ハート/ギター、ガエル・ガルシア・ベルナル/メキシコ人、ヒアム・アッバス/ドライバー、ビル・マーレイ/アメリカ人、ヘクトル・コロメ/アメリカ人2
9月19日(土)シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡いうも応援してくださり、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-08-20 06:31 | 映画 | Comments(14)