ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:日本と再生 ( 2 ) タグの人気記事


日本と再生
光と風のギガワット作戦

-2-

f0165567_5101295.jpg

(C)Kプロジェクト


さて、監督と飯田さんが降り立ったのは風力発電機の羽根がぶんぶん回るドイツ。
ドイツはいまや近隣諸国への電力輸出国です。
すごいですね。
青い空に無数の白い羽根が映えてヴィム・ヴェンダースの映画みたいです。

アイスランドでは雪に覆われた荒涼とした大地の中に
温泉が湧き出し、地熱を使って発電していました。

アラブの砂漠にも見渡す限りの太陽光パネルが敷き詰められています。
原発推進国だと思われていた中国だって
「これからは自然エネルギーだよ」と語っています。

アメリカ国防総省ですら、軍移動にとってソーラー発電は必須なんですって。
発電機材が大きくなれば移動の車列が長くなり、
攻撃対象として狙われるからなんだそうです。

そうなんですよね。省エネ革命は世界中で進行しています。
でも、日本政府は福島以後も何もなかったような顔をして
原発復活を目論んでいます。
そこを狙って原発製造で生き残りをはかった某大手家電会社は
粉飾決算までしでかしてしまいました。
どうしてそこまで意固地になるんでしょうかねえ。

f0165567_51315100.jpg

河合さんと飯田さんは世界中の再生エネルギー革命の最前線を回り、
力強い現場を報告してくれます。
日本も頑張らないと取り残されてしまいます。

でもね、日本の地方ってすごいんです。
地方から自然エネルギー発電の胎動が始まっているんですよ。

熊本・阿蘇では自然エネルギー利用システムが根付き始めています。
本作撮影の数日後に起こった熊本地震でも電気が停まることはありませんでした。

f0165567_515032.jpg

原発によって故郷を奪われた飯館村・飯館電力の小林稔社長は
「太陽光発電を作って仕事を残しておけば、
次の世代が何かやってくれるんじゃないかと思った」と言います。
荒れた畑に並ぶ太陽光発電パネルは
村民を追い立てた原子力発電へのものすごく強いアンチテーゼでもあり、
地方の底力の象徴に見えました。
政府も東京電力もしっかり耳を傾けてくださいよ。

あ、そうそう、地熱発電も始まっていました。
温泉が枯れるとか景観が悪くなるとか反対意見もたくさん聞きましたが、
こうやって実際に見ると希望が湧いてきます。

日本には太陽も水も風も地熱もバイオマスもいっぱいあるではありませんか。
資源大国・日本なんです。

つぶれていた心が膨らみ始めたところに
映画はさらに空気を吹き込んでくれます。
え、IoT?
インターネット・オブ・シングスも
自然エネルギー革命推進に役立つんですか!
SFではなくて、どうも本当に動き始めていることみたいです。

f0165567_5165531.jpg

そうそう、原発推進派が
「ドイツは原発を止めたけど、原発の国フランスから電気を輸入してるよ」とか
「風力発電はあの回転音が体に悪いし、鳥がぶつかって死んじゃうよ」とか
いろいろ言いましたけど、河合監督が自らホワイトボードを使って
そうした批判を論駁していくのも小気味が良いです。

いや、本当に勇気が出ました。

映画のキャッチコピー
「世界を駆動させるのは、あふれる自然の力!」
素敵です!

日本の未来に心が折れかけている皆さん
ご覧になると少し希望が湧いてきます。








今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月28日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆




日本と再生
監督/河合弘之(弁護士)、企画・監修/飯田哲也(環境学者)、脚本・編集・監督補/拝身風太郎、制作協力/木村結、撮影/中島喜一、音楽/新垣隆、エンディングテーマ/坂本龍一、
制作・配給/Kプロジェクト、宣伝協力/太秦
2017年2月25日(土)ユーロスペース、横浜シネマリンにてロードショー
2017年、日本、ドキュメンタリー、カラー、www.nihontogenpatsu.com

by Mtonosama | 2017-02-28 05:29 | 映画 | Comments(8)

日本と再生

光と風のギガワット作戦

-1-

f0165567_8213122.jpg

(C)Kプロジェクト

原発事故以降、
原発やエネルギー問題をテーマとした作品はいろいろありました。
知らなくてはいけないと思いつつ、
現状を見聞きし、政府見解を知るほどに、
気が重くなってきていたのでした。

ところが、
本作『日本と再生』は違いました。

世界には風力発電の巨大な羽根が林立しています。
砂漠の太陽熱発電なんてすごいんですから。
そうそうアイスランドも地熱発電をガンガンやってます。
そして
あの飯館村に太陽光パネルがいっぱい並んでいます。
日本のあちらこちらで風力や地熱やバイオマスで
電気を起こしていました。

国がやらないなら地方がやる、
行政がやらないなら民間がやる、個人がやる、です。

f0165567_8271159.jpg

意気消沈している間に
みんな動き始めていました。

そんな勇気と希望を与えてくれるドキュメンタリー映画が『日本と再生』――
再生エネルギーと地方再生の二つの再生をかけたタイトルです。

監督は20年にわたって原発の危険を訴え、
全国で原発差し止め訴訟を行ってきた弁護士の河合弘之。
福島原発事故以降はより一層その活動に力を入れています。

そして、とうとう、
私たちが原発問題をより深く理解するために
自ら映画監督になってしまいました。

f0165567_8312067.jpg

河合弘之監督
1944年生まれ。1968年東京大学法学部卒業。さくら共同法律事務所弁護士。
〈過去にかかわった事件・裁判〉
ダグラス・グラマン事件
秀和VS忠実屋・いなげや事件
ロッテVSグリコ比較広告事件
ちょうど河合弘之弁護士の脱原発は1944年故高木任三郎博士との出会いに遡る。
核化学博士であり、反原発の父と呼ばれた高木との出会いは、
バブル景気の立役者達を辣腕弁護士として支え続けてきた河合に
その後の生き方を見つめ直すきっかけを与えたという。
ちょうどその頃、河合に福島第一原子力発電所3号機のMOX燃料装荷の
差止仮処分申立てへの協力要請が海渡雄一弁護士から受けた。
この時の裁判は惜しくも敗北したが、その後の海渡と河合を結びつけるものとなった。

現在、飯館村民救済弁護団共同代表、「東電株主代表訴訟」弁護団長、
「浜岡原発差止訴訟弁護団」団長、広島、松山、大分「伊方原発差止訴訟」弁護団
などを務める。
〈著作・関連書籍〉
「原発訴訟が社会を変える」(集英社)
「逆襲弁護士 河合弘之」(大下英治著)
「朝日新聞『吉田調書報道』は誤解ではない隠された原発情報との闘い」
(海渡雄一、原発事故情報公開弁護団・弁護団と共著)
「脱原発」(大下英治と共著)など他多数

f0165567_834289.jpg

監督作品としては
『日本と原発』『日本と原発4年後』に続いて本作が3作目。
監督デビュー作『日本と原発』は東京高等裁判所でも上映されたんですよ。
前2作で原発の危険性をこれでもか、と描きぬいた監督だが、
「原発が危険なのはわかった。でも、どうすればいい?」の声に押され、
本作では、世界の自然エネルギーの実情を知る旅に出ました。
旅の道連れは環境学者の飯田哲也です。
さあ、一体どんなお話でしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございますよ。




今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆2017年2月25日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆


日本と再生
監督/河合弘之(弁護士)、企画・監修/飯田哲也(環境学者)、脚本・編集・監督補/拝身風太郎、制作協力/木村結、撮影/中島喜一、音楽/新垣隆、エンディングテーマ/坂本龍一、
制作・配給/Kプロジェクト、宣伝協力/太秦
2017年2月25日(土)ユーロスペース、横浜シネマリンにてロードショー
2017年、日本、ドキュメンタリー、カラー、www.nihontogenpatsu.com

by Mtonosama | 2017-02-25 08:40 | 映画 | Comments(7)