ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:林富士夫 ( 2 ) タグの人気記事


人間爆弾「桜花」
-特攻を命じた兵士の遺言- 
-2-
Palore de Kamikaze

f0165567_4412513.jpg

(C)Comme des Cinémas


特攻というとパイロットが自ら飛行機を操縦し、
海上の敵艦に向かって飛んでいき、
飛行機もろとも衝突するものだと思っていました。

それが、この「桜花」は
搭載するのは爆弾だけで、エンジンがないというのです。
搭乗する兵士は「桜花」のパーツに過ぎない訳です。

本作に登場する林富士夫氏(撮影当時92歳)は「桜花」の第一志願兵でした。
「桜花」が実戦に投入される1945年3月
林氏は海軍学校を首席で卒業した海軍大尉。
第一志願兵でありながら22歳の若き海軍大尉は上官から命令され、
隊員の中から出撃隊員を選び出し、人間爆弾とする役目を担わされました。

林富士夫
1922年 栃木県宇都宮市生まれ
1935年 下野中学校に入学し、在学中に受洗
1939年 海軍兵学校(71期)入学
1941年12月 太平洋戦争勃発
1942年11月 海軍兵学校を首席で卒業、霞ケ浦航空隊に着任
1944年5月 筑波航空隊に着任
同年10月 神雷部隊(筑波)に転勤
1945年1月 神雷部隊、鹿屋に移転
同年8月15日 終戦

戦後
今市付近で開墾
笠間中野酒造に就職
佐賀で瓦屋、饅頭屋など
宇都宮に戻り、再び開墾
1951年4月 旧軍人出身者の公職追放解除、映画会社“民映”入社
1953年 結婚
1954年 長女誕生
同年11月 航空自衛隊に入隊
1958年2月 長男誕生
第五航空団防衛部長、飛行点検隊長、救難団副指令、
西部航空方面隊防衛部長、輸送航空団入間航空隊司令などを歴任
1975年2月 航空自衛隊を退職、住友海上火災保険に入社
1985年12月 住友海上火災を退社

筑波航空隊OB及び遺族の組織“つくば会”設立

2015年 永眠(享年93歳)

f0165567_443449.jpg

父親が軍人だったため、
当時は東京帝国大学よりも難関だといわれた海軍兵学校に入学しましたが、
本当はバイオリニストか声楽家になりたかったという林氏。
本作でも静かに歌うシーンがありましたが、
そのしっかりとした歌声に驚きました。
戦争さえなければまったく違う人生を送っていたのでしょう。

林氏は監督の質問に対し、真摯に耳を傾け、きちんと答えます。
訊かれたことには答えを返しますが、
自分から話そうとはしません。
映画の中に出てきた唯一の当時の写真。
軍隊時代の集合写真を見せられても
自分の顔さえわからないということでした。

淡々と
「生きるといっても死ぬために生き延びているだけだから・・・」
と語る林氏。
彼が唯一激しい口調で語ったのは
「一言くらい「すまん」ということが人間天皇の務めではないか」

f0165567_4491567.jpg

この言葉以外、彼は声を荒げることはなかったし、
自分から戦争について「桜花」について
積極的に語ろうとはしていないように見えました。
几帳面な性格を表すように模型飛行機で戦闘の様子を説明します。
そして、ぽつりと
「お前さんを殺すぞ(出撃隊員を選び出した)と言った後は、
草むらに身をひそめて泣きました」
と話すのでした。

せっかくこのような生き証人を撮影する機会を得ながら
なぜもっと証言を引き出すことはできないのだろうか、
と正直落胆もしました。

でも、訊く側にとっても答える側にとっても
これが限界だったのかもしれません。

彼の戦後の人生を見てください。
公職追放され、荒れ地を開墾し、饅頭屋をやり、
結婚し、娘が生まれ、航空自衛隊に入隊し、生活が多少安定し、
息子が生まれ、子供たちを育て上げるまでは必死だったのでしょう。

本作で見られるのは既に肉体的な限界を迎えつつあった92歳の老人。
インタビューのために監督に与えられた時間は8日間。

林氏から存在そのものを吸い出すようなカメラ。
執拗なまでに林氏を追ったその映像の中に
愚かな戦争とBAKA BOMBによって押し流されていった人生を読み取っていくことが
遺言であるこの映画の観方なのかもしれません。



 

今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月20日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆

人間爆弾「桜花」-特攻を命じた兵士の遺言-
監督/澤田正道、取材/澤田正道、ベルトラン・ボネロ、プロデューサー/澤田正道、アンヌ・ぺルノー、撮影/ジョゼ・デエー、挿入歌/ロベルト・シューマン「二人の擲弾兵」
出演
林富士夫
8月27日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
2014年、フランス、74分

by Mtonosama | 2016-08-20 04:55 | 映画 | Comments(14)

人間爆弾「桜花」
-特攻を命じた兵士の遺言- 
-1-
Palore de Kamikaze

f0165567_555493.jpg

(C)Comme des Cinémas


第二次世界大戦末期
大日本帝国海軍によって1944年に開発され、
45年に実戦に投入された特攻兵器「桜花」。
特攻のためだけの兵器として開発、実用化、量産された航空特攻兵器。
世界でただ一つのものでした。

「桜花」は航空特攻兵器という名を持ちながら
自力で飛ぶためのエンジンはありません。
その代わり、機首に最大1.2トンの爆弾が搭載され、
母機に吊るされて敵艦の近くまで運ばれます。
そして、一人で乗機しているパイロットが
敵艦に確実に衝突できるように機を誘導するのです。

もちろん脱出装置などありません。
人が爆弾を操縦(?)するから人間爆弾なのです。

しかし、多くの場合
「桜花」を運ぶ母機は目的地に着く前に撃墜され、
戦果を上げることもなく終戦を迎えました。

連合国側はこれをBAKA BOMB(単にBAKAとも)と呼んでいたそうです・・・

f0165567_573595.jpg

本作は日本で最初の特攻隊「神風桜花特別攻撃隊神雷部隊」
いわゆる人間爆弾「桜花」の第一志願兵でありながら認められず、
出撃者を指名する役割を与えられた林富士夫が
監督・澤田正道のインタビューに淡々と答え、
あるいは、押し黙り、
遠い目をする様子を
74分にわたって映し出した異色のドキュメンタリーです。

登場人物は林富士夫氏ただひとり。
アーカイブ映像などはなく
林氏のインタビューのみで構成されています。

澤田正道監督は語ります。
「私が望んだのは彼との対話でした。
その意味で沈黙によって1つの時間を共有し思考することが
この映画を作る行為そのものだと思いました」

澤田正道
1985年渡仏。
1993年映画製作会社Comme des Cinémasをパリに設立。
河瀨直美監督作品『あん』『2つ目の窓』、黒沢清監督作品『岸辺の旅』
今村昌平監督作品『カンゾー先生』などをプロデュースし、
多くの日本映画をカンヌ国際映画祭に送り出した名プロデューサー。
本作が初監督作品となり、
第67回ロカルノ国際映画祭の新人監督賞スペシャル・メンションに輝いた。
30年以上フランスに住む。

f0165567_513513.jpg

フランス在住の監督が日本人として
林富士夫という深い悲しみを背負って戦後を生きてきた老人と向き合った作品です。

戦争を知らない150歳としては
とまどうことも多い映画ですが、
本作がフランスで公開されたその日
林氏は93歳で永眠しました。
彼のまさに遺言として
本作に厳粛に向かい合いたいと思います。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆8月17日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

人間爆弾「桜花」-特攻を命じた兵士の遺言-
監督/澤田正道、取材/澤田正道、ベルトラン・ボネロ、プロデューサー/澤田正道、アンヌ・ぺルノー、撮影/ジョゼ・デエー、挿入歌/ロベルト・シューマン「二人の擲弾兵」
出演
林富士夫
8月27日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開
2014年、フランス、74分

by Mtonosama | 2016-08-17 05:15 | 映画 | Comments(9)