ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:柄本佑 ( 2 ) タグの人気記事


ダライ・ラマ14世
-2-

f0165567_6121121.jpg

©Buenos film

ダライ・ラマ14世の前で
緊張した面持ちで手を合わせる信者たち、あるいは信者ではない人たち。
その一人一人の体に手を添え、優しい言葉をかけ、
さらに、緊張を笑顔に変えるユーモア溢れる一言を発する法王。
花が咲くように笑う人々を見ていると、なぜか泣けてきてしまいました。

これに似たようなことがあったぞ、と暫し考えました。
寂聴師の法話でした。
あるいは
阪神・淡路大震災の折、長田の瓦礫の前で一輪の水仙をたむけておられた皇后の姿でした。

なんなのでしょう。
キリスト教でアガぺの愛という言葉がありますが、
真に相手を思う気持は映画やテレビのカメラを通り抜けて見る者の胸に迫るものなのですね。

f0165567_6253439.jpg

さて、2007年11月に来日なさったダライ・ラマ14世。
この時から、薄井父子はいつも法王と一緒です。
息子・一議氏は法王のユーモアや人間味あふれる様子を間近に見て、
映像化を真剣に考えるようになりました。

そして、2008年。
チベット亡命政権からも作品化が了承され、いよいよ撮影が始まります。

冒頭シーンには驚きました。
原宿で、東大赤門の前で、渋谷で、
大勢の普通の人が法王に質問します。失礼な質問もあります。
例えば、「法王がもし髪を伸ばせるとしたらどんな髪型にしますか?」
おいおい、それはないでしょう?
などと、まじめなとのはこっそりスクリーンに向って抗議の声をあげました。

すると、法王は頭の上に両掌を立ててモヒカン状にし、
「こういうのも良いでしょ」などと答えるのです。
良い人だ!

法王を前に緊張しまくっているチベット女子留学生を励まし、
最後に彼女達の茶髪を指して「あなたたちの金色の毛はいつから生えてきたのですか?」
と訊ね、照れ笑いさせたり。

もう天性の〈楽しい人〉オーラを発しています。

カメラは法王の来日時の様子だけではなく、
法王が普段お住まいになっていらっしゃるチベットダラム亡命政権の所在地ダラムサラや
チベット国境近くの街ラダックも映し出していました。

f0165567_6224129.jpg

ダラムサラにはチベット子ども村という学校があります。
法王が何よりも大切にしてきた教育とチベット仏教。
取材はそこで学ぶ子どもたちにも向います。
「勉強は好きですか?」
すると子どもたちは皆「好きです」と答え、
将来は「社会の役に立つことをしたい」と言うのです。

カメラを前にしているから、だけではなく、
彼ら彼女達の真剣で賢そうな目は真実を語っていることがわかります。

日本の若い人たちは
「勉強は嫌い。なんのために勉強するって?良いところに就職するためでしょ」
と答えます。

これ、上っ面の対比じゃないんです。

何が幸せで、人はどう生きるべきか。
私たちは本当に大切なものをどこかに置き忘れているのかもしれません。

f0165567_62434.jpg

8年前にチベットへ行きました。
バスの中から車道を五体投地しながら進む人々を見た時、
この人たちはこれほどまでに現世に絶望しているのかと思いました。
輪廻転生に期待をかけるからこそ、
現世では五体投地のような己に厳しい祈りの姿勢をとるのか、と神妙な気持になりました。

本作でもラダックという町で1000人もの人が麓から山へ向かって五体投地で進む様子が
撮影されていました。

3000メートル、4000メートルの高地です。
このように厳しい土地でありながら、さらに政治的な問題も抱えるチベット。

この地の抱える問題にいまも勇気と知恵をもって向き合い続ける法王を心から尊敬します。

法王が日本人に向けておっしゃった「もっと英語を勉強して世界に出てください」
「一点から見るだけでなくいろんな視点から眺めてください」という言葉を
今更ながら噛みしめ、努力していきたいと思いました。

あ、それから法王のようなユーモアはどんなところでも絶対に必要だと思います。

いつも以上に真面目になってしまったとのであります。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月22日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ダライ・ラマ14世
企画・撮影/薄井一議・薄井大還、監督・構成・編集/光石富士朗、語り/柄本佑
5月30日(土)ユーロスペース他にて全国順次公開
2014年、日本、カラー、116分、特別協力/ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.d14.jp/

by Mtonosama | 2015-05-22 06:35 | 映画 | Comments(4)

ダライ・ラマ14世
-1-

f0165567_6135852.jpg

©Buenos film


きな臭さが漂う昨今、このような方の存在はとても救いになります。

ノーベル平和賞の受賞者であり、80歳になる現在も精力的に世界中をまわり、
世界の平和と心の平和を説き続ける方。
ダライ・ラマ14世です。

この方のいつも笑みを浮かべた優しいお顔を見るとほっといたします。
笑いじわの目立つにこやかなお顔、
ちょっと背中を丸め、急ぎ足で歩くお姿は、失礼ながら、とてもかわいらしい。
なのに、オーラ溢れる存在なのであります。
観音菩薩の生まれ変わりだからでしょうか。

ダライ・ラマは、
チベットの人々を救うために生まれ変わった方だと信じられているそうです。

そこでひとつダライ・ラマ法王日本代表部事務所のサイトをのぞいてみました。

ダライとはモンゴル語で「大海」、ラマはチベット語で「教師」を意味する。
なるほど・・・

ダライ・ラマ法王は、チベットの精神的指導者であるだけでなく、政治の指導者でもある。
チベットはもちろんのこと、チベット仏教を信仰しているモンゴル、ネパール、シッキム、ブータン、
ロシアなどの各地域からも仏教の最高指導者として崇拝されている。
世界中のチベット仏教徒は法王の祝福を受けるために、かつてはチベットの首都ラサを、
現在はインドのダラムサラを巡礼している。
1959年迄はチベット仏教を信仰する者にとって、
チベットの首都ラサ(チベット語で「神の土地」)は、チベット仏教の聖地であった。
f0165567_6152966.jpg
チベット仏教の教えによれば、すべての生きとし生けるものは輪廻転生すると考えられている。
輪廻転生とは、一時的に肉体は滅びても、魂は滅びることなく永遠に継続することである。
我々のような一般人は、今度死んだら次も今と同じように人間に生まれ変わるとは限らない。
我々が行ってきた行為の良し悪しによって、六道輪廻(神・人間・非神・地獄・餓鬼・畜生)の
いずれかの世界に生まれ変わらなければならないのである。
現在、人間に生まれていても、次の生は昆虫・動物・鳥などの形に生まれ変わるかもしれない。
しかし、悟りを開いた一部の菩薩は、次も人間に生まれ変わり、
すべての生きとし生けるものの為に働き続けると信じられている。
ダライ・ラマ法王もその一人である。
ダライ・ラマ法王は観音菩薩の化身であり、
チベットの人々を救済するために生まれ変わったとチベットの人々は信じている。
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/reincarnation/

f0165567_6205494.jpg

さて、本作『ダライ・ラマ14世』撮影のきっかけは実は30年近く前まで遡ります。
ノーベル平和賞を受賞したダライ・ラマ14世の撮影をしたいと考えた写真家の薄井大還氏。
彼はダライ・ラマ法王日本代表部事務所の関係者の協力を得て
撮影の機会を求める書簡を法王本人に送りました。
すると、1991年12月
彼の許にダラムサラでの撮影を許諾する連絡が来ました。
同月現地入りした薄井氏。
なんと法王の住まいに招かれ、当初25分の予定だった撮影は4時間に及んだのだそうです。

それから16年経った2007年
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所の代表から思いがけない依頼が入りました。
それは法王来日時のオフィシャル写真とムービー撮影をお願いしたいというもの。
薄井氏はムービー撮影を、息子で写真家の一議氏に任せました――

f0165567_6294395.jpg

これが本作誕生へとつながっていくわけです。
薄井父子にとって大変大きなできごとになりました。
しかし、観客にとっても法王の思わぬ素顔に触れられるという僥倖を手にしたわけです。

さあ、ダライ・ラマ14世はどんな声で、どんな顔で私たちに話しかけてくれるのでしょう。
ユニークではありますが、法王の素顔がこれまでになく感じられる構成の作品です。
続きは次回まで乞うご期待でございます



今日もポチッとお願いできたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月19日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

ダライ・ラマ14世
企画・撮影/薄井一議・薄井大還、監督・構成・編集/光石富士朗、語り/柄本佑
5月30日(土)ユーロスペース他にて全国順次公開
2014年、日本、カラー、116分、特別協力/ダライ・ラマ法王日本代表部事務所
http://www.d14.jp/

by Mtonosama | 2015-05-19 06:26 | 映画 | Comments(6)