ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:歌声にのった少年 ( 2 ) タグの人気記事


歌声にのった少年
-2-
Ya Tayr El Tayer

f0165567_1314327.jpg

(C)2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC /KeyFilm/September Film


子どもたちはどんな国でもどんな時代でも
楽しく生きることができます。

本作の主人公ムハマッドも
紛争下で暮らす大人たちの困窮や労苦は別にしても
優しい両親に守られ、
利発な姉や友人たちと遊ぶ幸せな日々を過ごしていました。

f0165567_13145987.jpg

ストーリー
ムハンマドは歌うことが大好き。
姉のヌールと友達のアハマドやウマルとバンドを組み、
寄せ集めのおんぼろ楽器を奏で、路上で歌っていた。
2005年、紛争の続くここガザ地区でも
姉のヌールはカイロのオペラハウスに出演するという大きな夢を描いていた。

そのためにはまずは楽器を手に入れようと闇商人を訪ね、なけなしのお金を渡す。
だが、何週間経っても梨のつぶて。
4人は再び男たちを訪ねるが追い返される。
その夜、ムハンマドは勇気をだして一人で男たちを訪ねるが、袋叩きに。

ようやく中古の本物の楽器を入手した4人は結婚式で演奏することになった。
ムハンマドはもっと素晴らしいステージで演奏すべき、と反対するヌールだったが、
人前で演奏する楽しさを知る。
ところが演奏中にヌールが倒れてしまう。
検査の結果、腎不全と診断される。
腎臓移植の費用1万5千ドルを用意できない両親。
ヌールは透析治療を受けることになる。
バンド活動は終わるしかなかったが、
ムハンマドはヌールを助けるために歌い続ける。

音楽教室の先生に励まされ、レッスンを受けながら作ったCDを売り、
結婚式で歌い、ヌールの手術費用を貯めるムハンマド。
そんな姉と弟の楽しみはTVのオーディション番組を観ること。
ヌールはムハンマドに出演するよう勧めるのだった。
だが、ヌールの病は重く、家族の見守る中、その短い一生を終えた。

それから7年。
ムハンマドはタクシー運転手として働いていた。
イスラエルからの攻撃を受け、ガザは瓦礫の山だった。
抜け出したくてもここを出ることはできない。
ムハンマドはスカイプでオーディションに出演することを思いつくが、
発電機の故障で失敗。
やけを起こすムハンマド。
だが、ヌールと同じ病気で入院していたアマルに励まされたムハンマドは……

f0165567_13161450.jpg

ガザといえばいつも虐げられた人々という言葉がついてまわります。
2007年に始まったイスラエルによる封鎖のために
働きに出ることも、学校に行くこともできず、
ガザで生産されたものを外国に輸出することもできません。
失業率は43%、若年層はさらにひどく60%です。

ハニ・アブ・アサド監督の前作『オマールの壁』は
まさにそんな負の現実を描いた映画でした。

f0165567_131753.jpg

だけど過酷な現実だけではパレスチナの人々もつらいし、観客もつらい。
ムハンマド・アッサーフはまさに人々の希望を乗せて飛び立ったロケットでした。
死に物狂いで国境を越え、エジプトに向かい、
全パレスチナ人の祈りにも似た想いがのしかかる中、
スターの座を勝ち取ったのです。

いつか自分たちにもそんな日が来る――
なんかホッとすることができた映画でした。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村

☆9月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

歌声にのった少年
監督・脚本/ハニ・アブ・アサド
出演
タウフィーク・バルホーム、ナーディーン・ラパキ、ムハンマド・アッサーフ
9月24日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
2015年、パレスチナ、アラビア語、98分、提供/ニューセレクト、配給/アルバトロス・フィルム、http://utagoe-shonen.com/

by Mtonosama | 2016-09-16 13:23 | 映画 | Comments(10)

歌声にのった少年
-1-
Ya Tayr El Tayer

f0165567_6173315.jpg

(C)2015 Idol Film Production Ltd/MBC FZ LLC /KeyFilm/September Film


歌でも絵でもサッカーでも勉強でも
誰でも何かひとつは得意なものを持っています。

「小学生の時の得意科目が今の仕事になっていると思う」
と義弟が言っていました。

そういえばそうかなあという気がします。
仕事でなくとも趣味になっているということもあるし。

でも、好きなことができるって幸せです。

本作『歌声にのった少年』はガザに住んでいた少年の実話。
監督はハニ・アブ・アサド。
代表作は『パラダイス・ナウ』や
『オマールの壁』
http://mtonosama.exblog.jp/25120005/
http://mtonosama.exblog.jp/25127939/

『パラダイス・ナウ』は自爆テロがテーマでしたし、
『オマールの壁』では
分離壁によって囲まれたパレスチナの今を生きる若者たちの
悲惨な現実を描き出しています。

f0165567_6221530.jpg

それがなんと今回は
亡き姉との約束を果たすために
紛争の地ガザ地区から脱出し、
世界的な歌手になるという夢を叶えた少年のお話です。

前二作とは違って絶望的な気分にならずにすむお話です。

ガザの厳しい現実は相変わらずだけれど
パレスチナにだって美しい話や感動的な物語があっていいはず。
歌の大好きな少年が夢をかなえる映画があってもいいんじゃないですか?
ということで
あのシビアな作品をつくっていたハニ・アブ・アサド監督が
ムハンマド・アッサーフという実在の歌手をモデルに
明るい希望を与えてくれる映画を作りました。

ムハンマド・アッサーフ

f0165567_619288.jpg

1989年生まれ。
アメリカの人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」の
中東版「アラブ・アイドル」で
2013年に優勝したガザ地区出身のポップスター。
祖国への想いを歌い、≪ガザの希望≫≪ガザのロケット≫と呼ばれ、
パレスチナだけでなくアラブのポップスターとなった。
現在はヨーロッパでコンサートツアーを行うなど多忙を極める。
また国際パレスチナ難民救済事業機関青年大使を務めるなど平和活動を続ける。

実物もなかなかのイケメンですね。

ガザ地区は縦40km、横10kmの細長い土地。
西は地中海、北と東はイスラエルに面し、
南の10kmはエジプトに接しています。
地中海性の穏やかな気候で農業も盛んで、
古くは貿易の要衝として栄えた港でした。

f0165567_625582.jpg

しかし、2007年にイスラエル政府が始めた封鎖は、ガザ180万人の人々を
「世界最大の野外監獄」と呼ばれるような状態に追いやっています。
イスラエル側との境界線にはフェンスや高さ8mもの壁が建てられ、
海もまた6海里(約11km)以上、沖に出ることは禁じられています。
陸海ともに境界線に近づけばイスラエル軍によって威嚇射撃を浴びせられます。
繰り返される紛争のため、
住民はこの地から出ることも許されず、
住む場所も食べものも、命だって保証されない毎日を送っています。

そんなガザで育った歌好きな少年ムハンマドの夢は
「スター歌手になって世界を変える」―――

さあ、歌の大好きな少年は大人になって歌手になることができるのでしょうか。
続きは次回までお待ちくださいね。
乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆9月13日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

歌声にのった少年
監督・脚本/ハニ・アブ・アサド
出演
タウフィーク・バルホーム、ナーディーン・ラパキ、ムハンマド・アッサーフ
9月24日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
2015年、パレスチナ、アラビア語、98分、提供/ニューセレクト、配給/アルバトロス・フィルム、http://utagoe-shonen.com/
by Mtonosama | 2016-09-13 06:28 | 映画 | Comments(8)