ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:武士道 ( 1 ) タグの人気記事

蠢動 -しゅんどう- -1-
BUSHIDOU

f0165567_635134.jpg

©2013三上康雄事務所

久々のチャンバラです。
蠢動。〈しゅんどう〉と読みます。
なにゆえ、このようなタイトルなのかよくわかりません。
英語タイトルはBUSHIDOUであり、こっちの方が納得しやすいですねぇ。
(ちょっと英語圏の人間になった気分)

平岳大の端然とした所作といい、抒情性を排した緊張感溢れる展開といい、
剣戟のバックに流れるお腹の底に響くような和太鼓といい、
これぞチャンバラ!と膝を打ちたくなくような映画でした。

製作・脚本・監督は三上康雄。
この方、とてもユニークな経歴の持ち主です。
そして、「蠢動 –しゅんどう-」も実は本作が第一作ではありません。


f0165567_6474688.jpg

三上康雄
1958年、大阪市東区(現中央区)生まれ。近畿大学商経学部経営学科卒業。中学から大学まで剣道をしていた。このことが後の作品に影響を与える。1974年高校時代に自主映画の製作グループ「BJcc」を結成。数本の短編を監督、近畿大学在学時には1年に1作品のペースで時代劇やアクション映画を4本監督する。当時の自主映画は青春や日常を描いた作品が多かったが、異色の活劇を作っていた為、新作完成の度、マスコミの話題を呼ぶ。大学卒業時の1979年6月にグループを解散。この解散式兼上映会の模様は毎日放送でニュースとして取り上げられた。

1982年に監督した「蠢動」はプロの役者や映画評論家の松田政男が出演。また、撮影、録音、編集、音楽もプロのスタッフが参加。雪の鳥取県の三朝等でロケし、ラストの殺陣は雪中の鳥取砂丘で行われた。「蠢動」はキネマ旬報の「世界映画作品・記録全集(1983年版)」と1983年2月決算号の日本映画一覧に掲載された。

1980年から、家業の建築資材メーカー「ミカミ工業」に入社し、2001年に代表取締役社長
に就任。製品やカタログ等の企画やデザインは自ら行う。2005年にIMAGICAで「蠢動」のリマスター版のDVDを自主制作、その後「蠢動」をセルフリメイクする為に、劇場版「蠢動 -しゅんどう-」の脚本を執筆。

2011年にミカミ工業の全株式をM&Aで売却し、2012年に株式会社三上康雄事務所を設立。
劇場版「蠢動 -しゅんどう-」の製作を開始。2013年1月より撮影。平岳大、若林豪、目黒祐樹、中原丈雄、さとう珠緒、栗塚旭、脇崎智史らが出演し、殺陣に久世浩、照明に宮西孝明、音響効果に伊藤進一らの時代劇のベテランスタッフを揃え、自らが監督。
(Wikipediaより)

主な監督作品「荒野の狼」(‘76)「乱流の果て」(‘77)「二天一流」(‘78)「闘争の宴」(‘79)「蠢動」(‘82)


f0165567_6495279.jpg

三上康雄監督、1974年16歳で自主映画製作グループを立ち上げたほどの映画好きで、
5年後に解散するまでに8mmで数本の短編や時代劇やアクション映画4本を監督しています。
「蠢動」第一作は1982年に16mmで製作・監督。
そして、今回の「蠢動 -しゅんどう-」。
経営していた会社を畳み、数千万円の製作費を全額負担。
自ら企画・脚本・監督をこなし、30年近く映画とは無縁の生活を送っていた身ながら、
一流の俳優、スタッフとも自らコンタクトし、陣容を固めていったというのですから、
その熱意たるや半端じゃありません。

そして、泣かせるではありませんか。
監督は常々奥様に「蠢動 -しゅんどう-」を創ると言い続けてきました。
本作はその愛妻に捧げたものであり、公開日である10月19日はまた彼女の誕生日であります。
2011年に亡くなった奥様もさぞ喜んでおられることでしょう。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。続きは次号までしばしお待ち下さいませ。



今日もポチッとお願いできたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月14日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

蠢動
監督、脚本/三上康雄、プロデューサー/三上康雄、原案/三上康雄・近藤誠二(「蠢動」1982年より)、殺陣/久世浩、照明/宮西孝明、音響効果/伊藤進一、演奏/倭太鼓飛龍
出演
平岳大/原田大八郎、若林豪/荒木源義、目黒祐樹/松宮十三、中原丈雄/舟瀬太悟、さとう珠緒/香川由紀、栗塚旭/西崎隆峰、脇崎智史/香川廣樹
10月19日(土)東京・有楽町スバル座、大阪・TOHOシネマズなんば他全国ロードショー
2013年、日本、カラー、102分、製作/株式会社 三上康雄事務所、配給/太秦株式会社
http://www.shundou.jp/

by Mtonosama | 2013-10-14 07:03 | 映画 | Comments(13)