ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:海街diary ( 2 ) タグの人気記事


海街diary
-2-

f0165567_5322564.jpg

(C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ


みんな若くてきれいな姉妹です。

長女の幸は看護士で小児科医と恋愛中。
この医師には心を病んだ妻がいるので、離婚はできません。
幸もそのことをわかっています。
でも、不倫ですね。

次女・桂乃は自由奔放。お泊りをする間柄のボーイフレンドあり。
信用金庫に勤め、仕事はほどほどに、人生は楽しく、といったタイプ。
でも、失恋をきっかけに仕事に燃えることになります。

三女・千桂はスポーツ用品店勤務。
エベレスト登山中、凍傷で足の指を6本失った店主を良い相棒に
地元中学生のサッカーチームのサポーターをしています。
釣りが好き。ヘラブナ釣りとかが。

この三姉妹の父が女を作り、出奔。
棄てられた母も再婚して家を出ていき、姉妹は鎌倉の古い大きな家で祖母に育てられました。

その父が死んだという知らせが舞い込んだことから、このお話は始まるのですが――

f0165567_5312217.jpg


ストーリー
15年前、妻子を捨てて出て行った父が死んだ。
父の葬儀のために訪れた夏の山形で三姉妹は中学生の腹違いの妹すずに会う。
すずの母は既に亡く、父は三度目の結婚をしていた。
その相手は幼い連れ子がいて、夫の死にべそべそ泣くばかりで何もしない。
しっかり者のすずが気丈にふるまっていた。
姉たちから「お父さんの世話をしてくれてありがとう」と声をかけられ、涙ぐむすず。
駅のホームまで送ってきた彼女に、幸は「鎌倉で一緒に住まない?」と声をかける。

秋、すずが鎌倉に越してくる。
幸は大叔母の史代に
「あの子はあんたたちの家庭を壊した人の娘なのよ。一緒に暮らすのは難しいわよ」
といわれながらも、和やかに暮らし始めた。
すずは地元のサッカークラブに入団する。
転校した中学校でも仲の良い友人たちができ、美しく紅葉した木々の中、通学した。

冬、広い家はその分寒く、姉妹はこたつで酒を飲んだり、宿題をしたり。

春、腰越のシラス漁が始まった。すずはサッカーの仲間と釜揚げシラスを作る手伝いに。
そんなサッカー仲間の風太にだけは家庭のことを話せるすずだった。
風太の自転車の後ろに乗って満開の桜の花のトンネルを駆け抜ける。

庭の梅の実をもぎ、梅酒を漬け、梅雨が訪れる頃、
姉妹の生活に思わぬできごとが。
音沙汰のなかった母が祖母の七回忌に現れ、鎌倉の家を売ると言いだしたのだ……

f0165567_5344757.jpg

四姉妹がそれぞれに抱える想いを
行きつけの海猫食堂のおばさんや大叔母さんが優しく見守ります。
四人の淡々とした日々は、
出会いや別れを繰り返しながら続きます。

その中心にはいつも古くて広い家が佇んでいます。
花が咲き、梅の実がなり、冬には隙間風が吹き抜けるこの古い家が、
四人をこれからも守ってくれるでしょう。

人生って案外なんとかなっていくものです。

大人のメルヘンのような映画でした。





今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月9日に更新しました。いつも応援して下さって本当にありがとうございます☆

海街diary
監督・脚本・編集/是枝裕和、撮影/瀧本幹也、原作/吉田秋生「海街diary」(小学館「月刊フラワーズ」連載)、音楽/菅野よう子
出演
綾瀬はるか/香田幸、長澤まさみ/香田佳乃、夏帆/香田千佳、広瀬すず/浅野すず、大竹しのぶ/佐々木都、堤真一/椎名和也、加瀬亮/坂下美海、風吹ジュン/二ノ宮さち子、リリー・フランキー/福田仙一、樹木希林/菊池史代、鈴木亮平/井上泰之、前田旺志郎/尾崎風太、キムラ緑子/高野日出子
6月13日(土)全国東宝系ロードショー
2015年、日本映画、128分、カラー、http://umimachi.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2015-06-09 05:47 | 映画 | Comments(6)

海街diary
-1-

f0165567_5382561.jpg

(C)2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

『海街diary』。
あれ?このタイトル、まるでとののためにあつらえたようでありますよ。
とのが住んでいるところも海街ですから。
そりゃあ、とのは主役の綾瀬はるかさんとは全く以て違うタイプではありますが・・・

などと思いながら、映画を観て、これまた驚きました。
だって、全部ご近所なんです。

一番びっくりしたのは三女・千佳の勤めるスポーツ用品店。
いつも通る路地にあるお店ではありませんか。
小さなお店で多分地元の人間しか知らないと思います。
是枝監督、よくぞこのお店をみつけてくれたなぁとなんだか嬉しくなりました。

映画の中で異母妹のすずちゃんがお手伝いに行く釜あげしらす屋さんだって、
すずちゃんがボーイフレンドとチャリで走る道だってみんな知ってます。
もうこうなると映画どころではありません。

そんな訳で今回はあまり客観的になれませんが、どうぞご容赦くださいませ。

f0165567_5404363.jpg

原作は吉田秋生の漫画。
第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ対象2013を受賞した「海街diary」。
現在、「月刊フラワーズ」でシリーズ連載中です。

両親に捨てられた三姉妹と父の残した腹違いの妹が
一緒に鎌倉の大きな古い家で暮らし始める物語。

両親に捨てられた子どもたちというと
どうしても是枝作品『誰も知らない』(‘04)を思い出してしまいます。

でも、あのとんがった感じはなく、
美しい女優さんたちの織りなす仲良し姉妹の物語に見えました。

これまでの是枝作品にあったちょっとひっかかる部分というのがないのは
是枝ファンとしては少しばかり物足りないように思ってしまいました。

とはいえ、キャストは豪華です。
女優陣は今をときめく綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。
常連の樹木希林、そして、是枝作品には初出演の大竹しのぶ。
俳優陣は「そして、父になる」以来2度目となるリリー・フランキー、
おなじみ加瀬亮や前田旺志郎、初出演の堤真一と鈴木亮平。
すごいですね。

f0165567_5441458.jpg

鎌倉の四季と趣ある古民家。
女子好みの素材はたっぷりつまっています。

監督もまたこの古民家がみつからなければ撮影しない位の意気込みだったそうで
スタッフたちがくまなくあたって見つけ出した家はイメージ以上の家でした。

日当たりの良い縁側はいかにも懐かしげで、
庭には毎年立派な実をつける梅の樹もあり、この映画の準主役ともいえる佇まいです。

サッカーの試合から帰ってシャワーを浴びたすずがバスタオル一枚で縁側に走ってきて
足の指で扇風機をつけます。
そして、バッとタオルを開き、風を受け、幸に「こらーっ!」と怒られる。
借りてきた猫みたいに大人しく良い子だったすずが徐々に香田家に慣れていくシーンです。

これなんかもこの古い家があってこそなんですよね。

是枝作品の中にこれまであった社会的な要素や
エッジ感みたいなものはないけれど、
現代版「若草物語」として女の子の成長を楽しみながら鑑賞する手もあるな、と
段々思えてきました。

さあ、いったいどんなお話でしょう。
続きは次回までお待ちくださいね。



今日もポチッとしていただければ嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月6日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

海街diary
監督・脚本・編集/是枝裕和、撮影/瀧本幹也、原作/吉田秋生「海街diary」(小学館「月刊フラワーズ」連載)、音楽/菅野よう子
出演
綾瀬はるか/香田幸、長澤まさみ/香田佳乃、夏帆/香田千佳、広瀬すず/浅野すず、大竹しのぶ/佐々木都、堤真一/椎名和也、加瀬亮/坂下美海、風吹ジュン/二ノ宮さち子、リリー・フランキー/福田仙一、樹木希林/菊池史代、鈴木亮平/井上泰之、前田旺志郎/尾崎風太、キムラ緑子/高野日出子
6月13日(土)全国東宝系ロードショー
2015年、日本映画、128分、カラー、http://umimachi.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2015-06-06 05:56 | 映画 | Comments(8)