ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:田中光敏監督 ( 2 ) タグの人気記事


海難 1890
-2-

f0165567_53415.jpg

(C) 2015 Ertugrul Film Partners


さてさて
エルトゥールル号海難編とテヘラン救出編の2部から構成される本作。
日本外務省の後援とトルコ政府全面協力を得た合作映画であります。
撮影は、昨年12月京都に始まり、淡路島、そして、
125年前の海難現場・串本町に建てられたオープンセットで行われました。
その後、舞台はトルコに移り、
イスタンブール・トプカピ宮殿内のアヤ・イレニ、グランド・バザールなど、
撮影許可が下りにくい歴史的建造物内でのロケも行われました。

まさに国家的なスケールでの壮大な作品です。
さあ、いったいどんなお話でしょうか。

f0165567_5384013.jpg

ストーリー
1890年エルトゥールル号海難事故編

明治中期、和歌山県紀伊大島樫野。
医師・田村は貧しい人からはお金も取らず親身に診察する村人の信頼の篤い人物。
助手として働くのはかつて恋人を海で亡くし、それ以来口がきけなくなってしまったハル。

1889年、オスマン帝国のエルトゥールル号は帝国の威信を欧州に知らしめ、
また明治天皇への親書を届けるため、イスタンブールから日本へ向けて出港した。
乗船するのは海軍機関大尉のムスタファ
機関室を率いるのは操機長ベキール。
日本までの長い航海の中で二人の間には階級を超えた深い友情が芽生えていた。
1890年6月天皇に謁見し、スルタンの親書を渡した一行は
同年9月親善使節団としての使命を終え、帰国の途についた。

ところが、エルトゥールル号が和歌山県樫野沖通過中、台風が直撃。
暴風雨の中、操機長ベキールは必死に機関室で奮闘するが
船は座礁、水蒸気爆発を起こした。
島を揺るがす程に響き渡る大音響に村人たちは岸壁に駆けつける。
そこで発見したのは海面を埋め尽くす死体と船の残骸だった。
生き残った漂流者を助けるべく
荒れ狂う海に飛び込んだ漁師たちはじめ村人たちは総出で救出活動を行う。
田村とハルも次々と運び込まれるけが人の手当てに追われ、
村民一丸となっての救助活動が続く。
海中に沈もうとしていたムスタファも漁師の信太郎によって助け出された。
既に呼吸が止まっていたムスタファに必死に蘇生を試みるハル。
やがて彼は息を吹き返す。
翌日、生き残った乗員は69名と判明したが、
操機長べキ―ルを含め500人以上もの乗組員が犠牲となる大惨事となった。
村長はすべての犠牲者のために棺を用意し、
村民たちは乏しい食糧を提供し、生存者の看病に当たる。

生存者たちは島から大きな町に移送されていき、
行方不明者の確認と遺留品の回収のために島に残るムスタファだったが……

1985年テヘラン邦人救出編

1985年イランの首都テヘラン。
イラン・イラク戦争の停戦合意が破棄され、空爆が続く地下避難壕。
トルコ大使館職員ムラトと日本人学校教師・春海は出会い、
協力してけが人の治療に当たっていた。

そんな折、サダム・フセインは
48時間後イラン上空を飛行する全ての航空機を
無差別攻撃すると宣言。
日本大使・野村は外務省に救援を要請するが、
イランへの就航便を持たない日本は迅速な対応ができずにいた。
刻々と迫るタイムリミット
日本人学校校長や春海たちは生徒たちの安否を確認しつつ、
国外退去の手続きを取るよう伝えて回っていた。

f0165567_5352932.jpg

その間にも日本以外の救援機は続々と到着し、自国民を乗せてテヘランを脱出していく。
取り残される邦人たち。

日本大使館を訪れた校長と春海は打つ手がないことを告げられる。
万事休すか・・・

だが、トルコの救援機が最後の登場になることを知った春海は
それに日本人が乗れるように頼んで欲しいと野村大使に懇願する。
そして、要請を受けたトルコのオザル首相は……

エルトゥールル号の機関室で炉がきしむ音と
樫野村での宴会の太鼓がシンクロしつつ
水蒸気爆発の轟音につながるところはまさに息をのむ迫力でした。

125年前の日本から95年経ったテヘラン。
善意のたすきはつながったのでしょうか。

イヤな事件が続く昨今、こんな感動的なできごとが実在したのですね。
武器ではなく、人としての優しさで
異なる国の人々に接することは今は不可能なのでしょうか。





今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆11月27日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

海難 1890
企画・監督/田中光敏、脚本/小松江里子、撮影/永田鉄男、特撮/佛田洋、製作/「海難1890」製作委員会&トルコ共和国文化観光省映画総局、音楽/大島みちる
出演
エルトゥールル編
内野聖陽/田村元貞、忽那汐里/ハル、ケナン・エジェ/ムスタファ、アリジャン・ユジェソイ/ぺキール、夏川結衣/お雪、小澤征悦/藤本源太郎、大東駿介/信太郎、渡辺豪太/直一、徳井優/平治、竹中直人/工藤、小林綾子/トメ、かたせ梨乃/サト、笹野高史/佐藤村長
テヘラン救出編ケナン・エジェ/ムラト、忽那汐里/春海、永島敏行/野村大使、宅間孝行/木村、蛍雪次朗/竹下校長
12月5日(土)全国ロードショー、http://www.kainan1890.jp/

by Mtonosama | 2015-11-27 05:52 | 映画 | Comments(6)

海難 1890
-1-

f0165567_624122.jpg

(C) 2015 Ertugrul Film Partners


今年、前から気になって仕方がなかった
代々木上原の東京ジャーミーを見学してきました。
http://mtonosama.exblog.jp/24207055/
壮麗な屋根が印象的なイスラム寺院です。

そこの掲示板に
今回当試写室で上映する『海難 1890』のポスターが
貼ってありまして、
「早く観たいな」と思っておりましたが、
漸く試写を観てきました。

トルコの人は日本人に優しい、とはよく聞きます。
沢木耕太郎さんの「深夜特急」にも
イスタンブールでとても親切にされた
などという箇所があります。

本作を観ればその親切さの理由がわかるとともに
トルコの人々の義理堅さにも感動することでしょう。

みんながこんなに優しい気持を持てば争いごとなどなくなるのに、
と心の底から思います。

今年で日本とトルコが友好を結んで125周年。
そのきっかけとなったのが本作で描かれるエルトゥールル号海難事故です。

f0165567_625432.jpg

1890年9月オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた
軍艦エルトゥールル号が帰国の途中、
和歌山県樫野埼(現・串本町)で台風に巻き込まれ、座礁、爆発。
乗組員600名以上が荒れ狂う海に投げ出され、
500名以上が亡くなるという当時としては世界最大規模の海難事故となりました。
この時、荒れ狂う海に自らの危険をも顧みず飛び込み
波間に漂う乗組員を助け上げ、献身的な救助活動を行ったのが
樫野埼の村人たちでした。
これによって乗組員69名の命が助かったのです。
この決死の救助活動がトルコの人々に感銘を与え、
教科書にも取り上げられ、今に至っています。

それから95年を経た1985年3月。
イラン・イラク戦争のさ中、
サダム・フセインがイラン上空を飛ぶ航空機に対して
48時間後に無差別攻撃すると宣言。
各国が救援機を飛ばして自国民を脱出させる中、
イランへの定期便を持たない日本は救援機の派遣を即断できずにいました。
テヘランに残された300人以上の日本人にタイムリミットが迫る中、
日本人たちはトルコに救出を依頼。
当時のオザル首相の英断によりトルコから救援機が。
攻撃開始2時間前に215人の日本人がテヘランから脱出することができました。
その陰には自国機が到着しながら日本人の搭乗を優先させてくれた
トルコの人達の善意があったのです。

いや、善意を超えるものだと思います。

f0165567_6271816.jpg

この2つのエピソードから構成された本作の監督は田中光敏。

田中光敏監督
1958年北海道生まれ。『化粧師KEWAISHI』(‘01)で監督デビュー。
『精霊流し』(‘03)、『火天の城』(‘09)、『利休にたずねよ』(‘13)『サクラサク』(‘14)。
『利休にたずねよ』でモントリオール世界映画祭ワールドコンペ部門において
最優秀芸術貢献賞を受賞。


さて、そもそも本作が生まれるきっかけとなったのは13年前のこと。
エルトゥールル号の座礁現場・串本町(旧大島村樫野)の寺で
串本町長が、事故当時の医師が書いた一通の手紙を発見しました。
(この村医者、映画では内野聖陽さんが演じています)

それは「乗組員を救助した時の治療費を請求して下さい」
と和歌山県を通じて申し入れてきたトルコへの返信だったのですが、
そこには
「目の前に苦しんでいる人がいたから助けただけ。治療費は必要ない」
とありました。

それを見て感激した町長が大学時代の友人である田中監督に
映画化を申し入れたのがそもそものきっかけです。

いやいや、なんとも感動的な話ではありませんか。

さあ、いったいどんなお話でしょう。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆11月24日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

海難 1890
企画・監督/田中光敏、脚本/小松江里子、撮影/永田鉄男、特撮/佛田洋、製作/「海難1890」製作委員会&トルコ共和国文化観光省映画総局、音楽/大島みちる
出演
エルトゥールル編
内野聖陽/田村元貞、忽那汐里/ハル、ケナン・エジェ/ムスタファ、アリジャン・ユジェソイ/ぺキール、夏川結衣/お雪、小澤征悦/藤本源太郎、大東駿介/信太郎、渡辺豪太/直一、徳井優/平治、竹中直人/工藤、小林綾子/トメ、かたせ梨乃/サト、笹野高史/佐藤村長
テヘラン救出編
ケナン・エジェ/ムラト、忽那汐里/春海、永島敏行/野村大使、宅間孝行/木村、蛍雪次朗/竹下校長
12月5日(土)全国ロードショー、http://www.kainan1890.jp/

by Mtonosama | 2015-11-24 06:34 | 映画 | Comments(6)