ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:田中麗奈 ( 1 ) タグの人気記事

種まく旅人 ~みのりの茶~ -2-

f0165567_630323.jpg

©「種まく旅人~みのりの茶~」製作委員会


桃栗3年、お茶7年というのだそうです。

桃栗3年柿8年はよく聞きますよね。
時期が来ないことには実もつかない。何事も待たないことには成就しない、という例えだとか。
お茶つくりも大変なのです。

ヤフーの知恵袋にありました。
桃栗3年柿8年、
梅はすいすい13年、
柚子は大ばか18年、
りんごニコニコ25年、
女房の不作は60年、
亭主の不作はこれまた一生、
ああ、こりゃこりゃ♪

そっかぁ、とのは大変な不作を抱え込んでしまったんだなぁ。
って、ここで嘆いてどーする。

亭主の不作はともかくとして、農業は日々努力の積み重ね。
ま、生きていくということはそういうことなのでしょうが。
どんなに大変でも、生きているもの、成長していくもの、
手をかければかけるほど応えてくれるものを相手にする農業というお仕事は
収穫の喜びもひとしおでしょうね。

f0165567_632290.jpg

ヒロインのみのりさんはファッションのお仕事はリストラされてしまったけれど、
どんな新天地を切り拓くことになるのでしょう。


ストーリー
農林水産省官房企画官・大宮金次郎。
本職は明かさず、日本国中の農家を回って畑仕事を手伝っては、美味しい酒と肴を楽しむ男。
役所では変わり者で通っていますが、各地のお百姓さんの間では風来坊の金ちゃんと呼ばれる人気者です。しかし、彼が農家の本音をレポートにまとめ事務次官に提出していることは省の幹部しか知らない事実。
そんなある日、大宮に大分県行きの辞令が。役職は臼杵市役所の農政局長。
個々の農家の声を聞くだけではなく、大局からものを見ること。新しい農薬を普及させること。
それが彼に託された任務でした。

大宮金次郎は大分着任後、すぐさま旧知の製茶農家、森川修造を訪れます。
この年は森川製茶にとって有機栽培に変えて初めての収穫の年。
有機農法は手間はかかるけれど、より安全で自然の恵みに溢れた農法で、
先年亡くなった修造の妻がずっと描き続けた夢でもありました。
東京から来ていた修造の孫娘みのりの接待で、盛り上がる2人。
ところがその翌朝、修造は心臓発作で倒れてしまいました。

東京のアパレルメーカーのデザイナーを辞めたみのり。
農園カフェを営む友人と会うため大分に来ていて、祖父の入院につきそうことになってしまいました。
そんな彼女を市役所農政課の職員・木村が訪問。木村によれば、祖父は有機農法に転向する際、
県の助成事業から多額の融資を受けていました。
みのりは金次郎に相談し、人手がみつかるまで農作業をひきうけることを決意します。

都会育ちのみのりに15反の畑を世話することができるのでしょうか。
無農薬栽培ゆえ虫やら雑草やらとの格闘。みのりは毎朝指示を出してはどこかへ消えていく金次郎や、時々様子を見にくる市役所の木村から、育てることの楽しさや有機農業の厳しさを教わるのでした。

一方、農政課では市の農業政策をめぐって様々な意見が飛び交っていました。
そんな中、金次郎はみのりの茶畑で出会ってしまった農政課の木村と役所内では顔を合わせないようにしながら、大規模茶園や農薬のPRなどを渋々こなしていました。
そして、木村は有機農業に消極的な上司と行政支援を求める有機農業派の生産者の板挟みになって頭を抱える日々。

さあ、そんなこんなでバタバタしながらも時は移り、茶摘みの季節がやってきました。
みのりが育てた茶葉は昔ながらの美味しいお茶になるのでしょうか……

これはまた新しいジャンルの映画です。
若い農業者たちの熱い想いあり、有機農業と大規模農業との対立あり、父と子の相克あり。
そして、「背中のこの刺青に覚えがないとは言わせねえぜっ」という遠山の金さんばりの拍手喝采シーンあり。
人情味にあふれる農業映画です。
パンフレットにはオーガニック・シネマなんていうキャッチフレーズも躍っていますけどね。
シリーズにしても楽しいんじゃないかなって思わせる映画でした。

しかし、それにつけても、
こういう想いで手をかけてきた作物を放棄しなければならなかった福島の農業生産者の
皆さんの無念とご苦労をあらためて認識しました。





今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆3月13日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!

種まく旅人 ~みのりの茶~
監督/塩谷俊、撮影/阪本善尚、原案/青葉薫、脚本/石川勝己、音楽監督・篠笛/狩野泰一、音楽/宮本貴奈、主題歌/中村中
出演
陣内孝則/大宮金次郎、田中麗奈/森川みのり、吉沢悠/木村卓司、柄本明/森川修造、永島敏行/太田忠志、石丸謙二郎/森川修一、寺泉憲/市長、中村ゆり/栗原香苗、林美智子/衛藤フジエ
3月3日(土)大分・福岡先行ロードショーに引き続き、3月17日(土)有楽町スバル座他全国ロードショー、2011年、日本映画、121分、配給/ゴー・シネマ、www.tanemaku-movie.com

by Mtonosama | 2012-03-13 06:55 | 映画 | Comments(12)