ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:神の月 ( 1 ) タグの人気記事

紙の月
-1-

f0165567_6294556.jpg

©「紙の月」製作委員会


文庫本で「紙の月」を読み終えたところに、映画『紙の月』の試写状が届きました。
角田光代作。第25回柴田練三郎賞受賞作品です。
銀行のお金を横領する女性の話で、
主人公にまつわる友人たちの証言によって、
彼女の人となりとその犯罪に至る過程を重層的につみあげていくという内容でした。

本の帯に宮沢りえが載っていたので、
主人公の横領犯・梨花は宮沢りえ的美人なのだなと想像しながら読んでしまいました。
(う~ん、本を読む段階からキャスティングを脳内に刷り込むのっていいのだろうか)

f0165567_632279.jpg

普通の主婦だった梅澤梨花がたまプラーザの銀行の契約社員になり、
その丁寧な営業と清楚な美しさから顧客たちのお気に入りになっていきます。
そりゃ、宮沢りえのように親切で優しくきれいな営業ウーマンが来たら、
お金持のお年寄りはどんどん預金するでしょう。

角田光代さんといえば「八日目の蝉」も映画化されました。
『八日目の蝉』(‘11)
http://mtonosama.exblog.jp/15856973/ http://mtonosama.exblog.jp/15872227/
これも心に残る映画でした。
そのときの監督が吉田大八さんですが、彼は本作でもメガホンをとっています。


吉田大八監督
1963年鹿児島県生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、CM制作会社でディレクター。
07年、カンヌ国際映画祭批評家週間正式招待作品『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』で
映画監督デビュー。
その後『クヒオ大佐』(‘09)や『パーマネント野ばら』(‘10)を監督。
http://mtonosama.exblog.jp/13515643/ http://mtonosama.exblog.jp/13544080/ 
4作目『桐島、部活辞めるってよ』(‘12)で第36回日本アカデミー賞最優秀監督賞をはじめ数多くの賞を受賞。
http://mtonosama.exblog.jp/17843483/ http://mtonosama.exblog.jp/17853290/
 

角田光代&吉田大八。最近の邦画界の最強コンビであります。
加えて、今回は宮沢りえですからね。
これはもう小説を読んだ方もそうでない方も一度映画館にいらして損はありません。

f0165567_6332623.jpg

小説では梨花がタイの雑踏をさまよう場面から始まります。
身体にまとわりつくような暑気と湿気。
梨花の不安感が伝わってきます。
一転。
ミッションスクール時代の同級生の証言。
梨花の結婚生活、たまプラーザでの銀行勤務。
そして、大学生の恋人との出会い。
営業先からの帰途、立ち寄ったデパートでの買い物。営業かばんの中の現金・・・

語り手が変わり、場面が移るごとに緊張感が増して、
何度、「ああ梨花さん、止めようよ」と本を閉じたことか。

現在、銀行業務はオンライン化され、
梨花がおこなったような犯罪は起こりえないといいますが。
時代は1994年。バブルが崩壊した20年前のお話です。

<魔がさす>
「この小説を5文字以内で要約せよ」と試験に出てきたら、こう答えるのでしょうが、
小説も映画ももっといろいろ語りかけてきました。

さあ、いったいどんなお話なのでしょう。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとお願いします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月8日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

紙の月
監督/吉田大八、脚本/早船歌江子、撮影/シグママコト、プロデューサー/池田史嗣、石田聡子、明石直弓
出演
宮沢りえ/梅澤梨花、田辺誠一/梅澤正文、池松壮亮/平林光太、小林聡美/隅より子、大島優子/相川恵子、近藤芳正/井上次長、石橋蓮司/平林孝三、中原ひとみ/名護たまえ、佐々木勝彦/小山内等、天光眞弓/小山内光子、平祐奈/14歳の梨花
11月15日(土)全国ロードショー

by Mtonosama | 2014-11-08 06:45 | 映画 | Comments(10)