ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:紙の月 ( 1 ) タグの人気記事

紙の月
-2-

f0165567_6542199.jpg

©「紙の月」製作委員会

『紙の月』を観終わって、ふーっと声にならない声を出しながら試写室を出たとき
後ろから出てきたおじさんが部下と思われる若い女性に
「きみは感情移入した?」と訊ねる声が聞こえました。

「はい。でも、宮沢りえさんではなく、小林聡美さんの方に」
「ふーん、ぼくはやっぱり宮沢りえだなぁ」
「男性でも、ですか?」

などという感想を聞きながら、
とのは「私が感情移入したとしたら、だまされているとも気づかずお金を渡す老人かなぁ」
と思ってしまったのは150歳という歳ゆえでしょうか。
(悲しいことに、お金を持っているというくくりではありませんが)

小説で出てきた梨花の高校時代やOL時代を証言する女性たちは本作には登場しません。
その代わりに登場するのが銀行勤務の甘い罠を嘆く銀行員・相川恵子や
小林聡美演じる有能なベテラン行員・隅より子。
銀行の内幕がずいぶんわかりやすくなりました。

さあ、映画ではどう見せてくれるのでしょう。


ストーリー
1994年。
梅澤梨花。子どもはいないが優良企業に働く夫と穏やかな日々を送っていた。
契約社員として働く銀行でも上司から高い評価を受けている。
梨花の仕事は外回りの営業社員。裕福な老人たちが主な顧客である。
裕福な独居老人の平林も梨花に信頼を寄せる一人。
有能だが厳格なベテラン行員・隅、若手で調子の良い窓口係の相川。
梨花は同僚たちとも波風を立てずに勤務している。
何不自由のない日々。
ただ、夫との間には倦怠感が漂い始めてはいた。

銀行からの帰途、梨花は平林の家で会った孫の光太と駅で再会。
その後、憑かれたように彼との逢瀬を重ねる。
そんなある日、デパートの化粧品売り場での支払い時、手持ちの金が足りないまま、
顧客からの預かり金に手をつけてしまった。
たった1万円。すぐに自分の通帳から返せばすむこと。
銀行に戻る前に口座から引き落とし、預かり金の袋に戻したが。
これが始まりだった。

光太は学費のために借金をしている。
「顧客からの定期の申し込みがキャンセルになった」という方法で入手した200万円を
彼に渡す梨花。
認知症で彼女にお金を引き出させたことも忘れている顧客の300万円を自分の通帳に入金。
自宅で定期預金証書や支店印のコピーを偽造。
横領額はもはや彼女の返済能力をとっくに超えている。
梨花は上海勤務になった夫にも同行しない。
高い服を買い、高級ホテルのスイートルームに連泊し、光太をマンションに住まわせる。
暮らしは日を追って贅沢になり、梨花の感覚は歪み、その行動はエスカレートする……

f0165567_6554634.jpg

ふーっ。

でも、ラストが良かったなぁ。
走る梨花。
全力で走る梨花を観ながら、なんてかっこいいの!と思ってしまいました。

恋に溺れ、犯罪に走ってしまった中年女性。
ああ、惨めだねぇ、バカだねぇ、と断罪するのは簡単なんですけど。
それだけでもないんですよね。
「梨花になってみたい」と言った男性の言葉がそれを表している気がします。
もちろん横領は犯罪であり、
気持良くお金を使った後に露見したときの結末は明らか。

みんな、ばれたら大変なことになるからやらないだけかも。
お金に困らない老人がいて、そのお金は、顧客宅から銀行までとはいえ自分の手中にある。
お金を使える対象=恋人ができて、お金を使える喜びや楽しみを知ったら――
つまり梨花のような状態になったら、絶対やらないといえるかなぁ。
湯水のようにお金を使えたら楽しいだろうな。
ホテルのスイートに泊ってシャンパン飲んでフレンチ食べてみたいわぁ。
後が怖いから、とのはやらないけど。

でも、梨花はやってしまったんですよね。
わかっていながら一線を越えてしまった梨花は全力で走って、逃げるしかありません。
これ、生き方の美学というより、映像の美学かもしれない。
美人が全力疾走する様は美しいのであります。





今日もポチッとお願いできましたらうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆11月11日に更新しました。今週、引越します。そのため、当試写室での上映に遅れが出ますが、今後ともごひいきの程お願い申し上げます☆

紙の月
監督/吉田大八、脚本/早船歌江子、撮影/シグママコト、プロデューサー/池田史嗣、石田聡子、明石直弓
出演
宮沢りえ/梅澤梨花、田辺誠一/梅澤正文、池松壮亮/平林光太、小林聡美/隅より子、大島優子/相川恵子、近藤芳正/井上次長、石橋蓮司/平林孝三、中原ひとみ/名護たまえ、佐々木勝彦/小山内等、天光眞弓/小山内光子、平祐奈/14歳の梨花
11月15日(土)全国ロードショー

by Mtonosama | 2014-11-11 07:03 | 映画 | Comments(14)