ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:英国王のスピーチ ( 3 ) タグの人気記事

           2011 BEST 10 OF
    殿様の試写室
  -1-

f0165567_66438.jpg


                  ほんとうにいろいろなことがあった2011年でした。
           いえ、あった、と過去形で語ることなど、まだ、できないのかもしれません。
                 でも、困難な状況も時の経過とともに日常になります。
                 とにかく今日という一日を、そして、明日という一日を、
                      なんとか生きていかねばなりません。

                     新しい一年が希望の年でありますように。

                   というわけで、殿様の試写室恒例の映画ベスト10。
             例のごとく、なんの裏づけもなく、印象に残った作品だけを選んでいます。
               さあ、皆さまのベスト10と一致する映画がありますでしょうか。

                            第10位
                        ジャライノール 
                    紮賚諾爾/扎賚諾爾

f0165567_693658.jpg


                     http://mtonosama.exblog.jp/15306493/
                     http://mtonosama.exblog.jp/15324173/


                    辺境、廃墟好きにはたまらない映画です。
                          空が広い。大地が広い。
                   どこまでも続く荒野を蒸気機関車が突き進みます。
        力強い機関車なのに、中国でも、既に過去の領域へ去っていきつつあるのがうらさびしい。
                          「送君千里、終須一別」
               「君を千里送るとも、終(つい)には須(すべから)く別すべし」
                      という言葉がテーマになった映画でした。
                     当試写室では2011年1月に上映しました。

                              第9位
                       英国王のスピーチ
                       The King’s Speech

f0165567_6103656.jpg


                      http://mtonosama.exblog.jp/15480781/
                      http://mtonosama.exblog.jp/15497438/


                      アカデミー賞第83回作品賞受賞作品。
                    現英国女王エリザベス2世の父ジョージ6世のお話。
                超話題作でありましたから、ご覧になられた方も多いと思います。
             こういっちゃ畏れ多いのですが、華もなくあまり冴えない王様のお話でした。
                          でも、大ヒットでしたね。
             コリン・ファースの好演もありましょうが、突然、ふりかかってきた王様職
               (この時代だからこそ、王様というのは大変な職業ですよね)
          にとまどいながらも、国民の輝く星になったジョージ6世の地道なサクセスストーリーが
                            万人の心を打ちました。
                           当試写室では2月に上映。

                            まずは10位、9位でした。
                          では、また明日お会いしましょう!

                                  

今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月26日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
by mtonosama | 2011-12-26 06:46 | 映画 | Comments(8)
         英国王のスピーチ -2-
                 The King’s Speech

f0165567_6163677.jpg


            (C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.

英国王エドワード8世が、離婚歴のあるアメリカ人女性シンプソン夫人との愛を選び、
1年足らずで王座を去った1936年12月。
その弟ヨーク公ジョージはジョージ6世となりました。
現英国国王エリザベス2世の父であり、間もなく華燭の典をあげるウィリアム王子の
曾祖父です。

国王になってしまったものの、彼は幼い頃から吃音に悩み、スピーチは大の苦手。
国王といえば、ことあるごとにスピーチして国民を鼓舞するという大切な公務があります。
大英帝国国民であることの誇りをここぞとばかりに国民の心に訴えかけねばなりません。
でも、ジョージ6世にはそれができませんでした。

さて、どうなるのでありましょうか。

f0165567_6292255.jpg


ストーリー
ジョージ6世は幼少時から吃音というコンプレックスを抱えて成長してきました。
英国王ジョージ5世の次男でありながら、人前に出ることが嫌いで、
いつも自分に自信が持てずにいました。
父はそんな次男を鍛えようと、様々な式典でのスピーチを厳しく命じます。
その度に失敗し、惨めな気分に陥るジョージ。
彼は妻のエリザベスに付き添われ、さまざまな言語聴覚士を訪れますが、改善しません。

ある日、エリザベスはスピーチ矯正の専門家・ライオネルのもとを訪ねます。
オーストラリア人のライオネルは「診察室では王族も平民もない」と宣言。
家族しか呼ばない愛称でジョージに呼びかけ、プライベートな質問も遠慮なくぶつけ、
ジョージを怒らせます。

ライオネルは怒って帰ろうとするジョージを「今、完璧に本を読めるようにしてさしあげよう」
とひきとめました。
そして、大音量で鳴り響くヘッドホンを装着させ、シェークスピアを朗読させ、録音。
怒りがおさまらず、帰っていくジョージにその録音盤を渡し、見送りました。

またも、父王からスピーチのことで叱責されたジョージ。
落ち込みながら、ライオネルから渡された先日の録音盤を聞いて、驚きました。
なんと一度もつまることなく滑らかにシェークスピアを朗読しているではありませんか!
ジョージは再びライオネルを訪れ、レッスンを受け始めました。

f0165567_627811.jpg

1936年、ジョージ5世崩御。長男のエドワード8世が即位しました。
父の死に心乱れるジョージは自宅でくつろぐライオネルを訪問。
この日を境に2人の関係は深い信頼に基づいた友人のそれへと変わっていきます。

1年後、思いもかけないことが。
兄エドワード8世がアメリカ人シンプソン夫人との愛を選び、退位してしまったのです……

f0165567_6352515.jpg

国王だって、悩みや弱点を抱えた人間です。
まして、時代は大戦前夜。ナチス・ドイツの不気味な軍靴の音は英国に接近していました。
その後の動きは歴史に見る通りですが、
渦中に生きる気弱な国王が勇気を奮い起す様を
これほどつきつめて見せてくれた映画がかつてあったでしょうか。

ジョージ6世によりそう妻エリザベス、そして、友人として支え続けるライオネル。
ジョージ6世は弱い人間だったかもしれませんが、
愛する妻や友人の支えが彼を勇気ある人間に変えていったのですね。

愛と勇気―――
久々に古典的でありながら心温まるテーマの映画を満喫しました。 
                           

英国王のスピーチ
監督/トム・フーパー、脚本/デヴィッド・サイドラー、製作/イアン・カニング、エミール・シャーマン、ギャレス・アンウィン、撮影/ダニー・コーエンBSC
出演
コリン・ファース/ジョージ6世、ジェフリー・ラッシュ/ライオネル・ローグ、ヘレナ・ボナム=カーター/エリザベス、ガイ・ピアース/エドワード8世、ティモシー・スポール/ウィンストン・チャーチル、デレク・ジャコビ/大司教コスモ・ラング、ジェニファー・イーリー/ローグ夫人、マイケル・ガンボン/ジョージ5世
2月26日(土)全国ロードショー、2010年、イギリス-オーストラリア合作、118分、提供・配給/ギャガGAGA★
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/


ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけたらうれしうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪2月13日更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-02-13 06:46 | 映画 | Comments(17)
英国王のスピーチ -1-
The King’s Speech

f0165567_6162468.jpg


(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.
人の上に立ち、その言葉で相手の心を打たなければならない立場にありながら、
どうしても人前で話すことが苦手…
そして、
緊張すればするほど、吃音が出てしまうとしたら…

ああ、その立場を想像しただけで、消えてしまいたくなります。

f0165567_6213433.jpg

「英国王のスピーチ」は現英国女王エリザベス2世の父ジョージ6世の
知られざる感動の真実を明らかにした映画。

王様だったら、
威厳があって、国民にアピールする言葉を持ち、自信に溢れている―――
私たち平民はそんなイメージを持ちますよね。

ところが、気弱で人前で話すことが、大の苦手。
それなのに、最も国難を抱えた時期に、
望みもしなかった王位についてしまった王様が、ジョージ6世でした。

この映画は英王室が舞台、そして、
「王冠を賭けた恋」で脚光を浴びたエドワード8世の陰に隠れて目立たなかった
英国一、内気といわれたジョージ6世の物語。
そんな彼がどのようにして国王になり、国難に立ち向かっていったのでしょう?

ジョージ6世を演じるのはコリン・ファース。
彼のおどおどとした視線、一転して、スピーチに臨む凛々しい姿勢。
もうジョージ6世そのもの(いえ、おつきあいはございませんが)。
思わず「コリン・フォースって王室出身?」と経歴を確認したくなる位、でした。

f0165567_624915.jpg

そして、彼を支える妻エリザベスにはヘレナ・ボナム=カーター。
そうです、そうです。ハリー・ポッターで魔女を演じた女優です。
最近では「アリス・イン・ワンダーランド」にも出ています。
なんと、彼女の曾祖父、ひいおじいちゃんは元英国首相ハーバート・ヘンリー・アスキス
(任期1908年~1916年)なんだそうですよ。

f0165567_6244580.jpg

さらに、ジョージのスピーチ矯正をするオーストラリア人専門家ライオネル・ハンプトン
は自身もオーストラリア生まれのジェフリー・ラッシュ。

このライオネルさんについての公的な記録はほとんどありませんでしたが、
なんと撮影の2ヶ月前に、制作スタッフが本物の孫を発見!
そして、このお孫さんが日記や手紙、診察記録など、
ライオネルさんの資料をすべて持っていたのだそうです。

脚本は急遽書き直し。
この資料が映画づくり、そしてジェフリー・ラッシュの役作りに
貢献したのは言うまでもないことです。
この役はきっと後々までも彼の当たり役っていわれるに違いありません(きっぱり)。

王家の人々と外国人平民のからみも、ハリウッド映画によくある大げさで類型的なものとは
違い、さすが英王室の国の映画(英豪合作ですが)です。
うまいです。

さて、ビクトリア女王やエリザベス1世、同じ王様でも女王様には花があります。
ところが、男の王様、それも内気で気弱な王様が、主人公として登場するのは、
もしかしたら初めてではないでしょうか。

どんな映画なのでしょうか。乞うご期待であります。



国王のスピーチ
監督/トム・フーパー、脚本/デヴィッド・サイドラー、製作/イアン・カニング、エミール・シャーマン、ギャレス・アンウィン、撮影/ダニー・コーエンBSC
出演
コリン・ファース/ジョージ6世、ジェフリー・ラッシュ/ライオネル・ローグ、ヘレナ・ボナム=カーター/エリザベス、ガイ・ピアース/エドワード8世、ティモシー・スポール/ウィンストン・チャーチル、デレク・ジャコビ/大司教コスモ・ラング、ジェニファー・イーリー/ローグ夫人、マイケル・ガンボン/ジョージ5世
2月26日(土)全国ロードショー、2010年、イギリス-オーストラリア合作、118分、提供・配給/ギャガGAGA★
http://kingsspeech.gaga.ne.jp/


ブログランキングに参加しています。
ポチッとしていただけたらうれしうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
♪2月10日に更新しました。いつも応援ありがとうございます♪
by mtonosama | 2011-02-10 06:45 | 映画 | Comments(11)