ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:複製された男 ( 2 ) タグの人気記事

複製された男 -2-
Enemy

f0165567_55515100.jpg

(C)2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.


主人公は38歳の孤独な歴史教師。

本作は現代人の抱える心の暗闇を追及した心理ミステリーです。
ポルトガルの作家と聞くとどこか馴染みの薄い印象もありますが、
テーマは現代的でもあり、グローバルでもあります。

どんなお話かと申しますと――


ストーリー
大学の歴史講師アダムは判で捺したような平凡な毎日を送っている。
高層マンションにある彼の住まいは清潔ではあるが、どこかうつろ。
恋人メアリーとの関係も終わりかけている。
彼は無視しているが、息子の生活を心配する母からは毎日のように電話がかかってくる。

ある日、同僚から勧められ『道は開かれる』という映画をDVD で鑑賞していたアダムは驚く。
その中でホテルのボーイ役を演じている俳優が彼と瓜二つなのだ。
エンドロールを手掛かりに割り出したその俳優の名前はダニエル・センクレア。
アダムはセンクレアが所属するエージェンシーのホームページからその出演作を調べ、
過去の出演作をDVDで確認したが、そこに映っている男はどこから見てもアダムと同じ風貌だった。

いても立ってもいられず、センクレアのエージェンシーを訪ねるアダム。
そこで警備員からセンクレアと勘違いされ、彼宛の郵便物を入手する。
それによれば、センクレアの本名はアンソニー・クレア、郊外のマンションに住んでいた。
アダムは彼の自宅へ電話をする。
電話に出たアンソニーの妻ヘレンはアダムの声が夫とあまりにも似ていたため、
夫の悪戯と思い込んでしまう。
二度目の電話でやっと彼と直接話すことのできたアダムは、自分の置かれた状況を説明し、
面会の約束を取り付けようとするのだった。

だが、アダムからの電話はアンソニーと妊娠6ヶ月のヘレンの結婚生活を揺るがすこととなる。
浮気の前科がある夫アンソニーへの不信を抱えるヘレンはアダムの勤務先を訪れ、
そこで見た彼はあまりにも夫に酷似していた。

次の日曜、とうとうアダムとアンソニーは街外れのさびれたホテルの一室で顔を合わせた。
洋服こそ違うものの、髭も、かつて事故で負った左胸の傷跡まで同じ――
逃げるようにホテルを後にしたアダムの胸に拡がるのは得体の知れない恐怖だった……

f0165567_623445.jpg

なにやら淫靡なクラブの、淫らで見せものまがいの全裸の女性が登場するイントロダクション。
一転して、教壇に立つ歴史教師の主人公。
更にスクリーンに映し出される「カオスとは未解読の秩序である」という一節。
これって、この映画はカオスだよ、とことわっているのか。
なかなか面倒くさそうな始まりではあります。
しかも一貫して寒々しいカナダの弱い光が充満しています。
う~ん、文芸大作ということか。

冒頭のセックス・クラブのシーンと理屈っぽい言葉にうんざりしていたにもかかわらず、
うすら寒いトロントの都市風景と映画の思いがけない展開に思わず吸い寄せられていました。
映画の第一印象とはいい加減なものですね。

f0165567_66083.jpg

自分にそっくりな人間というのはどのようにも解釈できます。
広い世間には必ず自分にそっくりな人間がひとりはいるものだ、という説。
あるいはドッペルゲンガー?
ドッペルゲンガーを見てしまった者は必ず死ぬ、という話も聞いたことがあります。
映画の原題は『Enemy』ですしね。そっくりな人間とは敵なのでしょうか。
いや敵らしき人間は他にも登場します。
ミステリー仕立てなので、頭を使わざるを得ません。

主人公のアダムとそっくりさんのアンソニーの一人二役を演じたジェイク・ギレンホールの神経質な演技と
その母を演じたイングリッド・バーグマンの娘イザベラ・ロッセリーニも見ものでした。

それにしても昔の映画館は良かったな。
あれ、あそこはどうだったっけ、なんて思った時、そのまま居座り、もう一度観ることができましたからね。
今のような全館入替制はこの映画には合わないと思います。
絶対「あれっ?」と思ってもう一回観たくなってしまう映画ですから。





今日もポチッとお願いできればうれしいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月16日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

複製された男
監督/ドゥニ・ヴィルヌーブ、原作/ジョゼ・サラマーゴ著「複製された男」、脚本/ハビエル・グヨン、製作/ニヴ・フィッチマン、M.A.ファウラ、共同製作/サリ・フリードランド、リュック・デリー、キム・マクロー、製作総指揮/フランソワ・イヴェルネル、キャメロン・マクラッケン、マーク・スローン、ヴィクター・ロウイ、撮影/ニコラ・ボルデュク
出演
ジェイク・ギレンホール/アダム・アンソニー、メラニー・ロラン/メアリー、サラ・ガドン/ヘレン、イザベラ・ロッセリーニ/キャロライン、ジョシュ・ピース/学校の先生、ティム・ポスト/管理人、ケダー・ブラウン/警備員、ダリル・ディン/ビデオ屋の店員、ミシャ・ハイステッド、メーガン・メイン、アレクシス・ウイガ/暗室の女性たち
7月18日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
2013年 、 カナダ・スペイン合作 、90分、配給/クロック・ワークス
http://fukusei-movie.com/

by Mtonosama | 2014-07-16 06:16 | 映画 | Comments(8)
複製された男 -1-
Enemy

f0165567_555279.jpg

(C)2013 RHOMBUS MEDIA (ENEMY) INC. / ROXBURY PICTURES S.L. / 9232-2437 QUEBEC INC. / MECANISMO FILMS, S.L. / ROXBURY ENEMY S.L. ALL RIGHTS RESERVED.



邦題は『複製された男』、オリジナルタイトルは “Enemy”。
原作はポルトガル唯一のノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴ(1922-2010)の同名小説です。

さて、ノーベル文学賞。
村上春樹氏に対しては毎回“今年こそは”の声があがりますが、今回はどうでしょうか。


ノーベル文学賞は物理学、化学、医学生理学、文学、平和、経済学の6分野のひとつで
文学の分野において理念をもって創作し、最も傑出した作品を創作した人物[に授与される。定数1。
(Wikipediaより)

初回は1901年でフランスの詩人シュリ・プリュドムが選ばれました。
実は第1回の選考時、トルストイが存命しており、
この選考結果に対してスウェーデン国内で一部の作家たちが抗議を行うなど世論の批判があったのだとか。
が、しかし、トルストイの主張する無政府主義や宗教批判が受け入れられず、
選ばれなかったということですよ。

そんなケチがついたからかどうかは知りませんが、
1964年にこの賞に選ばれたJ.P.サルトルなどは受賞を辞退しています。

ですが、タゴールやヘルマン・ヘッセ、ロマン・ロラン、
おっと忘れちゃいけない川端康成、大江健三郎。
そうです、そうです。「百年の孤独」のG・ガルシア・マルケスもみなノーベル文学賞受賞者です。
そして、本作の原作者となったジョゼ・サラマーゴは1998年に受賞しています。

f0165567_633658.jpg

この作家、あまりなじみはありません。

ジョゼ・サラマーゴ 1922年11月16日 - 2010年6月18日)はポルトガルの作家・劇作家・ジャーナリスト。1998年にポルトガル語世界(ルゾフォニア)初のノーベル文学賞受賞作家となった。
リスボンから100キロ北東の寒村アジニャーガに、農家の息子として生まれる。高校を中退し、整備工として職業訓練を受ける。いくつもの職を転々とした後、ジャーナリストとして活動していたが、政治的な事件から1975年に職を追われる。1975年から1980年までは翻訳家として生計を立てていたが、以降、職業作家をめざし、1980年代から精力的に作品を発表しはじめる。
1982年発表の『修道院回想録』で国際的評価を集める。1998年、「想像、哀れみ、アイロニーを盛り込んだ寓話によって我々がとらえにくい現実を描いた」としてノーベル文学賞を受賞。近年はスペインのカナリア諸島の最北東端ランサローテ島で暮らしていた。
しばしば長さ1ページ以上の長い文を書く傾向がある。段落は、通常の小説の章の長さに匹敵するほどである。なお、対話を区切るために、引用符(「」や『』のこと)は使わない。など、個性的なこれら特徴から、独特の文体のリズムを持っている。
ポルトガル共産党に所属しており、自身も無神論者であることを認め、体制に批判的な立場を貫いている。また、ポルトガルとスペインが政治的に統合して一つの国になるべきだという主張(イベリスモ)を展開し、両国で論争を巻き起こしている。(Wikipediaより)

なるほど、なかなか面白そうな作家です。
1995年に書いたサラマーゴ初の実験社会小説「白い闇」はフェルナンド・メイレレス監督によって
『ブラインドネス』(‘08)のタイトルで映画化されています。

本作もまた人間心理の深層に潜む恐怖を描いた作品です。
ドッペルゲンガーか、はたまた、ただの相似形か・・・
一度で見抜くのはちょっとばかり難しい心理ミステリーに仕上がっていますよ。

監督はカナダ出身のドゥニ・ヴィルヌーブ。
2009年には長編3作目『POLYTECHNIQUE』がカナダの監督週間でプレミア上映、
トロント映画批評家協会のカナダ映画ナンバーワンに輝くなどした実力派です。

さあ、どんなお話でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただけたら嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月13日に更新しました。もう7月も半ばですね。いつも応援してくださってありがとうございます☆

複製された男
監督/ドゥニ・ヴィルヌーブ、原作/ジョゼ・サラマーゴ著「複製された男」、脚本/ハビエル・グヨン、製作/ニヴ・フィッチマン、M.A.ファウラ、共同製作/サリ・フリードランド、リュック・デリー、キム・マクロー、製作総指揮/フランソワ・イヴェルネル、キャメロン・マクラッケン、マーク・スローン、ヴィクター・ロウイ、撮影/ニコラ・ボルデュク
出演
ジェイク・ギレンホール/アダム・アンソニー、メラニー・ロラン/メアリー、サラ・ガドン/ヘレン、イザベラ・ロッセリーニ/キャロライン、ジョシュ・ピース/学校の先生、ティム・ポスト/管理人、ケダー・ブラウン/警備員、ダリル・ディン/ビデオ屋の店員、ミシャ・ハイステッド、メーガン・メイン、アレクシス・ウイガ/暗室の女性たち
7月18日(金)TOHOシネマズシャンテ、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
2013年 、 カナダ・スペイン合作 、90分、配給/クロック・ワークス
http://fukusei-movie.com/

by Mtonosama | 2014-07-13 06:13 | 映画 | Comments(6)