ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:記者会見 ( 1 ) タグの人気記事

本物の彼も良い人だった!
ダスティン・ホフマン初監督作品「カルテット!」公開を
前にして、21年ぶりの来日


f0165567_665512.jpg

4月9日、東京ミッドタウンに向いました。
なぜって?ダスティン・ホフマン監督に会うためです。
東京ミッドタウン、ザ・リッツカールトン東京のグランドボールルームに、
彼は私に会うためにアメリカから飛んできてくれたのです。

な~んちゃって。
ンなわけありません。

4月19日公開「カルテット! 人生のオペラハウス」公開に先駆けての
プロモーション来日でした。21年ぶりの日本ということです。

会場をうずめた報道関係者の前で話すのは
監督デビュー作である「カルテット! 人生のオペラハウス」についてですが、
歳を重ねることについても深くて良い話を語ってくれました。

さあ、どんなことを話してくれたのでしょうか。

ダスティン・ホフマン語ります。

”なぜ、70歳を過ぎて監督をやったのかって?
実はずっと監督をやってみたかった。何度も飛び込み台の先までは行ったよ。
資金繰りやらいろいろで飛び込む勇気が出なかったんだ。
だけど、今回は脚本が気にいった。
妻からも「今、やらないなら、いつやるのよ!」と言われてね。
こうも言われたよ、「これを監督しないなら、離婚だわ」
で、決めた。
人生のピークを過ぎた人たちの話で、僕自身、とても共感できた。

映画はコメディでもあり、ラブストーリーでもあるんだ。
二人の男女が恋に落ちて結婚。ところが、女性の不倫が原因で離婚。
40年間、ずっと会っていなかったが、老人ホームで一緒に暮らすことになった。
男は女をずっと愛し続けていたから、その後一度も結婚しなかったが、
女は何度も何度も、結婚と離婚を繰り返した。
だけど、本当に愛していたのは最初の彼だった、という話さ。

この映画は人生を描いているんだ。
若い人たちは歳をとるなんてことは考えないだろ?
そう。ある日、鏡を観て歳をとったな、と気づくまでそんなことは考えもしないんだ。
「カルテット!」には足腰が不自由だったり、記憶が定かでなくなったり、色んな人が出てくるよ。
(ジーンを演じた)マギー・スミスは実際にも目は視えづらいし、腰も悪い。
映画の中でも杖を使っていたが、実生活でもそう。
でもね、身体のどこが不自由でも人は生きていけるんだ。

90代の女性がスカイダイビングをしているニュースを観た。
ポルトガルには103歳で現役の映画監督がいる。
老いた人々による革命が始まっているのかもしれないね。

この映画は引退した老人の話だが、本当は、引退なんかしたくない、
人生はまだ終わっていないという話だ。みんな生きているんだよ。
だけど、40年も50年もずっと仕事をしてくると、ある年齢を過ぎた頃、
「もうこの役は君にはできない」と言われる・・・・・

僕はこの映画でそんな現実を告げたかった。
「私たちはそんなことを言われる筋合いはない!」
「やれるかやれないかは私達が決めることだ」とね。

この映画にはカルテットの他に、多くの住人が登場する。
僕は本物の音楽家をキャスティングした。だから、これはドキュメンタリーとも言えるんだ。
映画の中での演奏も彼らが本当に演奏しているんだよ。
オペラシンガーもバイオリニストもチェリストも皆ほんものさ。
ジャズトランペッターが出演しているんだけど、彼はいまだにすごいプレイができる。
なのに、この20年、仕事がこない。
「映画に出てくれないか」といったら本当に喜んで毎朝6時から現場に来てくれた。
僕は彼らの喜びと情熱と若返りをこの眼で目撃できただけでも満足だ。
価値のある仕事だったよ。
彼らの人生を是非知ってもらいたいと思い、エンドクレディットでは彼らの若い頃の写真と名前を出したんだ。

ねえ、ここにいるみんな、あなた達の中で誰一人として悩みのない人なんていないよね。
病気だったり、愛する人が病気にかかっていたり、別れや痛みだってある
みんな何かを抱えているはずだ。
でも、みんな、ここに来て全力をつくしている。生きるってそういうことだよね。
それこそがこの映画の精神なんだ。”

f0165567_614216.jpg

大勢の報道陣に向って「記念に、僕にも撮らせて」とカメラを向けるダスティン

う~~~~~~ん。
感動した!
「みんな何かを抱えて生きている」と彼が言ったとき、彼の優しさが伝わってきました。
うんうん、とうなづいてしまいました。
彼の一言一言が過去の主演映画のシーン同様に心に沁み入ってきます。

「僕も人生で学んだことだけど、人を恨み、憎んでいても何も生まれない。
それは自分の成長を止めることなんだよ」

良い人だなぁ。
あ、そうそう樹木希林(70歳)も登場しましたが、
この人もまたぽろっとこぼすように話す言葉に味があり、楽しかったです。

それにしても歳をとるって素晴らしいことだなぁ。



いよいよ明日は当試写室にて「カルテット! 人生のオペラハウス」を上映します。
乞うご期待でございますよ。


今日もポチッとお願いできたら嬉しゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
☆4月16日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆
by Mtonosama | 2013-04-16 06:34 | 映画 | Comments(4)