ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

三姉妹 ~雲南の子  -2-
三姉妹

f0165567_6291187.jpg

(C)ALBUM Productions, Chinese Shadows

貧困とは何でしょう。もちろん日本にも貧困はあります。
日本の貧困が都市の中に小島のようにつながりを断たれて点在する貧しさだとしたら、
雲南・洗羊塘(シーヤンタン)村の貧しさは、点ではなく、面として存在する貧困です。
女の子は学校に行くな、という偏見に満ちた貧しさです。
家具といえば、すり減った木片のような椅子、
農機具は青銅時代からそのままというような感じの古いものを使っている貧しさです。
1年10元(約150円)の医療保険費を払えず、その支払いをどうするかで、
村人たちが議論する貧困です。
3200メートルの高地で暖房もない貧しさです・・・・・

ああ、キリがない。とにかく絶望的に貧しいのです。
その貧しさとその中で生きる三姉妹と村人をワン・ビン監督は淡々と撮影しました。
例のように中国政府の許可は得ていません。


ストーリー
10歳の長女インイン、6歳の次女チェンチェン、4歳の三女フェンフェン。
三姉妹は子どもたち3人だけで、泥と木片を寄せ集めてつくった家に暮らしています。
母は家を出てしまい、父は遠い街へ出稼ぎに行ってしまっているからです。
近所におじいさんと叔母さんの家族がいるので、仕事を手伝って食事を分けてもらいますが、
長女のインインが妹たちの面倒を見、家畜の世話や畑仕事をして生活しています。

小さな家の台所兼居間兼玄関兼の空間には炉が切ってあり、
そこで木片を燃やして暖をとったり、ジャガイモを焼いて食べます。
「あたしが一番上手に火を熾せるよ」と煙にむせながら、小さなフェンフェンが得意顔。
シラミも退治しないといけません。

おとうさんが出稼ぎから戻ってきました。
「おとうさんが町に行ってからずーっと身体を洗っていないんだよ」と自慢するフェンフェン。

おじいさんはおとうさんに「娘たちのために嫁をもらってはどうか」と提案します。
そのためには仲介人に2千元(約3万円)を用意しなければなりませんが。

おとうさんは子どもたちを町に連れていくことにしました。
でも、経済的な理由から連れていくのは下の2人だけ。
インインを一人残して、3人はバスに乗り込み町へ降りていきます。

学校では梅蘭芳の生涯を学びます。真剣に教科書を音読するインイン。
そんなインインにおじいさんは言います。
「娘は勉強より家の仕事が大事だ」

やがておとうさんが出稼ぎに見切りをつけ、村に帰ってきました。
妹たちの他に子守の女とその娘も一緒でした。
インイン一人だけだった家は大人2人、子ども4人の大家族に。
貧しい家に人ばかり増えても豊かにはなりません。
おまけに子守女は気性の激しいチェンチェンをいじめます。

おとうさんは畑仕事にでかけ、子守女と子どもたちは川で洗濯。
「世界で一番すてきなのは私のママ」チェンチェンが繰り返し繰り返し歌っています。
石ころばかりの山、子どもたちの頭上を激しい風が吹き抜けていきます……


f0165567_632532.jpg

その昔、ベトナム戦争が近隣諸国にも波及したとき、
国境付近に逃れた子ども達が蹲る姿は人の子には見えず、獣のように見えた――
と何かに書かれていました。

今回、シラミが湧いたボサボサの髪の三姉妹を見て、その文章を思い出しました。
洗濯もしていない脂じみたジャージを着て、穴のあいた長靴をはき、
冷たさに足指を縮こまらせてぬかるんだ道を歩く小さな妹たちは
さながらじゃれあう小動物でした。
でも、山の家にひとり残されても泣くでもなく、無表情なまま、
ジャガイモを食べる10歳の長女。
貧困が行きつく先は人が人でなくなることかもしれない、と恐怖に似たものを感じました。

そんな無表情なインインが唯一生き生きしたのは教室で梅蘭芳の物語を音読するシーン。
しかし、古い因襲にとらわれた彼女の祖父はそれすら奪ってしまうのです。

貧困は経済の不均衡から発生するものですが、歴史や因襲もまたその原因のひとつなのでしょう。

ややこしい原因探しは脇に置いておくとして、
まずはこの子たちを、乾燥した清潔な夜具に寝かせ、もつれた髪をとかし、
新しい服を着せてあげたいと思ってしまいました。
ずっと咳をしていたインインの身体も気になります。

煌めく上海や北京の繁栄と、その影に暮らす貧しい人々。
なんとも絶望的な悲しさに胸がふさいでしまいました。





今日もポチッとしていただけたらうれしゅーございます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月14日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

三姉妹 ~雲南の子
監督/ワン・ビン、撮影/ホアン・ウェンハイ、リー・ペイフォン、ワン・ビン、録音/フー・カン、編集/アダム・カービー、ワン・ビン、製作/シルヴィー・ファグエ、マオ・ホイ
5月25日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードーショー
仏・香港合作、2012年、153分、配給/ムヴィオラ、字幕/樋口裕子、http://moviola.jp/sanshimai/

by Mtonosama | 2013-05-14 06:44 | 映画 | Comments(4)
f0165567_347039.jpg

                  (C)オフィスフォープロダクション

BASURA
バスーラ


《バスーラ》とはタガログ語で「ゴミ」の意味です。

以前、フィリピン・マニラ近郊のスモーキーマウンテンというゴミ捨て場の町が
話題になったことを覚えておいででしょうか?

        スモーキーマウンテンは1950年代中頃から約40年間にわたって
        首都マニラの北にあった巨大なスラムです。
        もともとは漁村だったこの場所に
        マニラ市内のゴミがすべて運び込まれて出来上がった
        21ヘクタール、高さ30メートルの巨大なゴミの山。
        持ち込まれるゴミは分別などされておらず
        病院から出されたゴミには手術で切り落とされた人間の手足が
        混じっていることも。

        スモーキーマウンテンの名はゴミから発生するメタンガスが自然発火して
        年中この山から煙が立ち上っていたことに由来しています。
        そこにはガラス瓶、アルミ、鉄、段ボールなど再利用可能なゴミを拾い
        転売して生活をたてる3000世帯、2万人以上の人々が暮らしていました。
        彼らはスカベンジャーと呼ばれています。

スモーキーマウンテンが話題になった背景に
四ノ宮浩という監督の名があったことを覚えていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。

忘れられた子供たち スカベンジャー」(‘95)
神の子たち」(’01)。

いずれもゴミの山を舞台に生きる子供たちを撮影した
四ノ宮監督によるドキュメンタリー映画です。

20数年前、知人のすすめで訪れたフィリピン・スモーキーマウンテンで
出会った子ども達から感動と衝撃を受けた監督が
6年の歳月をかけて完成させたのが
「忘れられた子供たち スカベンジャー」でした。
本作「BASURA」は前作で出会った子ども達のその後を訪ね
マニラの今とゴミをめぐる問題を追った四ノ宮監督8年ぶりの作品です。

        《ストーリー》
        2006年マニラ。
        商店街の軒下でホームレスの家族が身を横たえ
        子どもたちは学校にも行けず、ゴミをあさっている。
        人々はまじめなのに貧しく、子ども達はシャイで人なつっこい。
        マニラは20年前に四ノ宮浩が初めて訪れたときとなにひとつ変わっていなかった。
        ただ、スモーキーマウンテン周辺には新しい建物が整然と並んでいるのが
        大きな変化か。
        この町が貧困の象徴として注目されたことを恥じた当時のラモス大統領が
        1995年スモーキーマウンテンの閉鎖を決め、
        住民を強制退去させた跡地に、永住住宅を建設したのである。
        政府が建てたその住宅の名はパラダイスハイツ。

          「忘れられた子供たち スカベンジャー」:16歳で結婚・出産し
          生まれてきた長男の病気治療のためにスモーキーマウンテンで
          必死に生きていたクリスティーヌ。

        彼女も35歳になり、家族6人でこのパラダイスハイツに暮らしていた。
        もうすぐ5人目の子どもが生まれようとしている。
        夫も長男も職を得て、もうゴミ拾いはしていない。
        努力が報われたように見える…

          「忘れられた子供たち スカベンジャー」:地方では仕事がなく、家族5人
          でマニラにやってきたイルミナーダ(43歳)も、結局スモーキーマウンテンへ。
          夫が病死してからは幼い3人の子どもたちと一緒にゴミを拾っていた。

        彼女は61歳になり、故郷のミンダナオ島でお手伝いさんをしながら
        娘と暮らしていた。
        しかし、一家の稼ぎ手としてゴミを拾っていた当時13歳だった長男の姿がない。
        留置場で殺されたらしい。26歳だった。
        次男も行方不明だという…

        《フィリピンのゴミ集積場はスモーキーマウンテンだけではない》

        一時集積場でスカベンジャーたちが選別したゴミの残りは
        海上にある最終処理場に運ばれる…

映画は、地元漁師によるゴミ海中投棄目撃談も撮影しています。
大変な環境汚染です…

監督は、この映画を涙目で見るな、と言います。
しかし
こんな人生があっていいのでしょうか?
ゴミの中で生まれ、ゴミを拾うことでしか生計をたてられず
ゴミの中で死んでいく人々。

     2000年7月「神の子たち」がクランクインしてすぐに
     パヤスタのゴミ捨て場で崩落事故が起きました。
     犠牲者は200人と報道されましたが
     実際にはもっと多くの人がゴミにつぶされて犠牲になりました。

映画は予定調和のようになんとなくハッピーエンドで終わります。
だけど、どうしても残る消化不良感。
それは、多分このゴミ捨て場の町に堆積する貧困がなにひとつ解決されてないからなのでしょう。

     この日、四ノ宮監督が上映後に挨拶しました。
     当日の試写会場には団体観賞する高校生の姿がありました。
     (新型インフルエンザで大騒ぎしている頃でしたが)
     映画の中では各国からやってきた若い人たちがボランティアとして働いていました。
     監督は若い世代に大きな期待をかけているようです。

     若くはなくてもなにかできることはないものか、と思った殿です。

BASURA
監督・編集/四ノ宮浩
6月27日(土)より4週間、東京都写真美術館ホール(恵比寿ガーデンプレイス内)で
ロードショー(月曜休映:月曜が祝日の場合、その翌日が休映)

忘れられた子供たち スカベンジャー
6月27日(土)~7月3日(金)/11日(土)~17日(金)
神の子たち
7月4日(土)~10日(金)/18日(土)~24日(金)
旧作品はいずれも当日券のみ。一般・学生とも1,000円。
(旧作品は平日14:40、土日祝16:30の回のみ上映)

☆「若い人にぜひ観てほしい」という監督の意向により
高校生以下は3作品とも無料です。劇場窓口で学生証を提示してくださいね。

basura-movie.com

ワンクリック、お願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援してくださり、ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-06-16 04:38 | Comments(10)