ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:赤ちゃん取り違え ( 1 ) タグの人気記事

もうひとりの息子 -1-
Le fils de l’Autre

f0165567_639221.jpg

(C)Rapsodie Production/ Cite Films/ France 3 Cinema/ Madeleine Films/ SoLo Films


先月、当試写室で赤ちゃん取り違えを題材にした「そして父になる」を上映しました。

でありながら、
再度同じ赤ちゃん取り違えを中心に据えた作品「もうひとりの息子」を上映いたします。

前回上映したのは日本人同士の赤ちゃん取り違え事件でしたが、
本作ではなんと“敵”の赤ちゃんが戦乱に紛れて取り違えられてしまったというもの。
そして18歳になるまで育てられていたというのです――

日本とフランスで奇しくも同じ題材を取り扱っています。

しかしながら、まったく違う作品にしあがっていますので、
どうぞじっくり味わっていただきたく存じます。

f0165567_644301.jpg

「もうひとりの息子」
2012年東京国際映画祭でグランプリと監督賞を受賞した作品であります。

テルアビブに暮らすフランス系イスラエル人の家族。
その18歳の息子が兵役検査を受けた結果、判明した驚くべき事実。
それはその子がイスラエル人家族の実の子ではなかったということでした。

18年前の湾岸戦争の混乱の中、出生時の病院で起きた赤ちゃん取り違え。

その事実は相手側の家族にも知らせられます。
そして、その家族はヨルダン西岸地区に暮らすパレスティナ人――
壁と銃で分かたれた民。
“敵”同士の赤ちゃんが取り違えられて、18年間育てられていたのです。

分離壁。
そこではイスラエル兵が銃をもって警戒し、
壁の内側へ向かう人々、そして、出てくる人をチェックしています。
人々を隔てる高い壁が威圧的にスクリーンを横切ります。
非常に政治的な映画であります。
壁の高さも大きさも絶望的です。

それは・・・
ちょっとどうよ。
子どもの取り違えったって、あまりにもすごすぎる設定じゃない?

本作の監督はロレーヌ・レヴィ。フランス人の女性監督です。
ある日、彼女のもとに送られてきた一本の物語を読んで、
長年抱き続けてきた問題をそこに見出しました。

それは
《人が生きてきた場所がその子ども時代や親と子の関係にどう繋がってくるのか》
という問題――

f0165567_6463762.jpg

イスラエル人でもパレスティナ人でもない監督。
彼女はこの大変な設定の映画を撮るのに必要なのは個人の物語をつくることだと
腹を括りました。

監督は、映画の準備段階でイスラエルに行って、
脚本の多くの点が現実に対応していないことに気づきます。
映画にとって重要なのはその場所で暮らすことによって知る些細な事柄だと信じる彼女。

レヴィ監督は一旦脚本から離れ、現実に即した内容に作り変えていきました。
イスラエルのユダヤ人、イスラエルに暮らすパレスティナ人、西岸地区のパレスティナ人
で編成されたスタッフの意見を取り入れ、脚本を作りなおしました。
実際に起こりうること、というリアリティにこだわって映画を撮り続けたのです。

ユダヤ人とパレスティナ人の赤ちゃんが取り違えられたら――

取り違えそのものはまったく無いことではありません。
しかし、こんなありえない状況での取り違え事件を映画にしたら
いったいどんなことになるのでしょう。

続きは次回で。
乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆10月8日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

もうひとりの息子
監督/ロレーヌ・レヴィ、脚本/ナタリー・ソージョン、ロレーヌ・レヴィ、ノアム・フィトシ、原案/ノアム・フィトシ、撮影監督/エマニュエル・ソワイエ、製作/ヴィルジニー・ラコンプ、ラファエル・べルドゥゴ
出演
エマニュエル・ドボス/母オリット、パスカル・エルベ/父アロン、ジュール・シトリュク/息子ヨセフ、マハディ・ザハビ/息子ヤシン、アリーン・ウマリ/母ライラ、ハリファ・ナトゥール/父サイード、マフムード・シャラビ/兄ビラル、プリュノ・ポダリデス/医師ダヴィッド、エズラ・ダカン/ユダヤ教のラビ
10月19日(土)シネスイッチ銀座他全国順次ロードショー
2012年、フランス映画、105分、フランス語、ヘブライ語、アラビア語、英語、協力/ユニフランス・フィルムズ、配給/ムヴィオラ、http://www.moviola.jp/son/

by Mtonosama | 2013-10-08 07:00 | 映画 | Comments(7)