ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:足裏マッサージ ( 1 ) タグの人気記事

映画にこじつけ台湾旅行
3日目 -7-

f0165567_452791.jpg


3日目。
今朝も早起き、早朝散歩です。
台北駅に近い華華大飯店は二二八紀念公園はじめ總統府も徒歩10分圏内。

中華民国の国家行政庁舎である總統府の前には、殿の他にもお散歩中の人が大勢いました。
やはり朝の涼しい内に歩いた方が気持ち良いですものね。

總統府は1919年竣工の旧台湾総督府庁舎。日本統治50年間で建築された最大の建築物で、台北の日本人居住区であった城内のほぼ中央に位置します。高さが60mある中央塔からは、台北の街のほぼ全体が見渡せたそうです。塔には台湾初のエレベーターが設置されました。
総督府を建設するにあたり、1907年、日本政府による設計コンペが催されました。審査員には辰野金吾、伊東忠太など建築界の大御所が名を連ね、1909年、長野宇平治の作品が選ばれました。しかし長野の作品は中央塔が低く、外観の装飾が簡素であったため、主催者がその設計を不満であるとし、設計者に森山松之助を起用。長野の作品に大幅な修正を加え、現在の形になりました。7年の建設期間を経て1919年竣工。建物は東向き(日本の方向)に建っており、上から見ると”日”(日本の“日”です)の構造になっています。正面入口は東側の中央にあたっています。

台北早朝散歩もこの日でおしまい。
またまた、とくとくツアーのお勤めが始まります。
8時、バスは華華大飯店をあとに
市内観光および今夜の宿、北投(ペイトウ)温泉・熱海大飯店へ向けて出発します。

f0165567_4534451.jpg

龍山寺です。

f0165567_455857.jpg

龍山寺は受験の神様ということで、右側の柱には受験生たちの願いがつめこまれています。
受験生たちがあの長いお線香を額に押し当て、一生懸命合格祈願をしていました。
台湾では秋入学。5月は受験直前なのです。
加油!(がんばって!)

3日目に入り、かなり疲れてきた殿は写真を撮る気力もうせてきました。
龍山寺のあと、中正紀念館、忠烈祠と続き、
昼食後はいよいよ故宮博物院です。
ここも楽しみにしていましたが、見学時間はわずか90分。
その上、大陸からのお客さんが津波のように押し寄せ、
その混雑は日曜の渋谷センター街並みです。
豚の角煮そっくりの玉(ぎょく)の彫りものは
大陸からのお客さんの間から覗き見し、
有名な白菜の玉の彫りものも50秒くらい鑑賞できただけ。
かろうじて宋代の白磁を集合までのわずかな自由時間に5分ほど観ることができました。

好(ハオ)! すばらしい!
故宮博物館は、ぜひ、もう一度ゆっくり訪れたいところです。

f0165567_4564030.jpg

故宮博物院の混雑と道路の混雑。
疲れ切った体にはやはり台湾名物・足裏マッサージと台湾式シャンプーでしょう♪
なんとこれらの癒しもニッキュッパに含まれていました。

各自、蛇口の下で自分で足を洗ったあと(日本のようにフットバスでゆったりとはいきませんが)、
ベッドに横たわります。
足裏マッサージ屋さんの本業である漢方薬屋さんのおねえさんの
上手な日本語のセールストークの後、いよいよ待望のマッサージ。

    「いてて」(殿)
    「そこ、肝臓ね」(マッサージのおにいさん)

すぐさま、漢方薬屋のセールスレディが肝臓の薬を持って、やってきました。
「これ、2,000元(約6,000円)。あなた飲まなきゃダメ」
やれやれ・・・

ま、そんなセールスさえかわせば20分間無料で揉んでもらえるのですから、極楽、極楽。
その後、美容院へ移動し、台湾式シャンプーできれいになって、すっきり。

殿の髪はベリーショートなので、ありがたみは実感できませんでしたが、
同行の女性ツアー客は丁寧なブローをしてもらって、
皆さん、確実におきれいになっていました。
そうそう、肩や首筋も結構しっかりマッサージしてもらいましたよ。

台湾に来て、初めて降られた雨の中を
行天宮、占い横丁と回り、いよいよ今宵の宿、北投温泉・熱海大飯店へ。

続く

你好!
ブログランキングに参加しています。
今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♪6月3日に更新しました。いつも応援ありがとうございます。謝々!♪
by mtonosama | 2010-06-03 05:15 | 映画 | Comments(8)