ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

f0165567_4512943.jpg

(C)2008 MK2 SA-France 3 Cinema

夏時間の庭

オルセー美術館開館20周年記念作品という惹句に魅かれて観た映画です

     オルセー美術館が2006年に開館20周年を記念し
     美術館を自由に使って撮影する映画を製作しようと企画したのだそうです。
     それに関心を持ったオリヴィエ・アサイアス監督が
     美術品と家族をモチーフにオリジナル脚本を書き
     オルセー美術館の協力を得て完成させた作品がこの「夏時間の庭」です。

         オルセー美術館はセーヌ川に面して建つ国立美術館。
         印象派の作品が多いことでも知られていますが
         二月革命の起きた1848年から第一次大戦勃発の1914年までの美術品が
         収蔵されている美術館です。
         それ以前の美術品はルーブル美術館に
         それ以後はポンピドゥ・センターに、という区分けになっているのだとか。
         1900年パリ万博に合わせて建築されたという
         オルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルを
         1986年に生まれ変わらせたのがオルセー美術館。
         駅舎の形そのままの吹き抜けの高い天井から注ぎ込む陽光の中で
         作品を鑑賞できるすばらしい美術館です。

「夏時間の庭」というタイトルにも魅かれます。
繁茂する草木。
少し古びた鋳鉄のガーデンテーブルと椅子。
水滴のついたガラスピッチャーの中で光を受けて輝くピンクレモネード。
藤の花の甘い香りも鼻先に漂ってくるような。
女子の好きなアイテムをたくさん連想させてくれるタイトルだと思いませんか?

誰の心にも存在する甘く安らぎに満ちた記憶。その中心にある家族、そして家。
でも、それらはいつか無情にも私たちから切り離されていきます。
それでも、残るものがあるとしたら…
「夏時間の庭」は心魅かれるタイトルとともに、温かい安心感を与えてくれる映画です。

        《ストーリー》
        パリ郊外にある緑濃い静かな邸宅。
        画家であった大叔父から受け継いだ家で、多くの美術品に囲まれて
        母エレーヌは家政婦のエロイーズと静かに暮らしています。
        今日はエレーヌの75歳の誕生日。
        緑陰の庭には長男夫婦、次男夫婦、長女と
        5人の孫たちがお祝いに集まっています。
        なのに、エレーヌは長男のフレデリックに
        「私が死んだら、家も美術品も売ってほしい」と頼むのでした。
        フレデリックは「何も売らない。僕たちが受け継ぐよ」と
        母の不吉な依頼を断ち切るように答えます。
        一年後の大叔父の回顧展での再開を約し
        子供たちはそれぞれの場所へ帰っていきます。
        経済学の教授である長男はパリに
        次男のジェレミーは技術者として上海に
        工芸デザイナーの長女アドリエンヌはNYに。

        回顧展で一年ぶりの邂逅を果たした子供たちを襲った母エレーヌの突然の死。
        葬儀の後、三兄妹は膨大な美術品と邸宅という母の遺産と向き合います。
        長男フレデリックは三人で受け継ぎたいと思っているのですが
        長女アドリエンヌはアメリカ人の恋人との結婚を
        次男は中国に生活の拠点を移すことを決めていました。
        三兄妹の気持ちとはうらはらに
        幼い日の思い出のつまった家は売却、美術品はオルセー美術館に寄贈することに…

この映画の主題は家族と家です。
家は、多くの美術品が生活の道具として息づく場であると同時に
親から子、孫へと伝わっていく故郷であり、原点であり、遺伝子のようなもの。

エレーヌの書斎にはルイ・マジョレルの机が置かれ
(エミール・ガレとともにナンシーで活躍したアール・ヌーヴォーの家具デザイナー)
アトリエの壁にはルドンの絵がかけられています。
なんとエレーヌの息子たちが子供時代に壊してしまったドガの彫刻のかけらも
(もちろん、これは映画の中でのお話でオリジナルはちゃんとありますので、ご安心を)。
美術館ならキュレーターが白い手袋をはめて手にするような美術品が
この家にはさりげなく置かれています。
美術品も、家のなかに場所を占めることによって、家族の心の風景になっていきます。

     家族は過去の追憶の中にだけあるものではなく
     子や孫の世代に静かに受け継がれていくものであることをそっと教えてくれる映画。
     父や母のいた日々を思い出して、とてもせつなくなりましたが
     ときに落ち込む心を孤独の淵から救い出してくれる、そんな優しい映画です。

夏時間の庭
監督・脚本/オリヴィエ・アサイアス
キャスト
ジュリエット・ビノシュ/アドリエンヌ、シャルル・ベルリング/フレデリック
ジェレミー・レニエ/ジェレミー、エディット・スコブ/エレーヌ、ドミニク・レイモン/リーザ、
ヴァレリー・ボストン/アンジェラ、カイル・イーストウッド/ジェームス、
イザベル・サドワイヤン/エロイーズ
5月16日(土)銀座シアトルシネマほか全国順次公開
http://natsujikan.net/

ワンクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
♡ブログランキングに参加しています。いつも応援ありがとうございます♡
by mtonosama | 2009-04-28 05:29 | 映画 | Comments(8)