ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:酒井充子監督 ( 3 ) タグの人気記事


台湾萬歳
-1-

f0165567_5141312.jpg

(C)「台湾萬歳」マクザム/太秦


台湾映画はドキュメンタリーも劇映画もいろいろ観てきました。
どれもゆったりとした大らかさが感じられますし、
懐かしい感じがして好きです。

昨年11月当試写室で上映した『湾生回家』は
http://mtonosama.exblog.jp/26768412/
http://mtonosama.exblog.jp/26813602/

日本占領時代に台湾に暮らした日本人たちが
台湾に寄せる想いを綴った
ホァン・ミンチェン(黄銘正)監督の作品。
これも印象深い映画でした。

今回、当試写室で上映するのは
酒井充子監督の台湾三部作の最終章
『台湾萬歳』です。

f0165567_5153998.jpg

三部作第一章『台湾人生』(’08)
日本の統治下にあった1895年から1945年の間の台湾では、
同化政策として日本語教育を強要され、
日本人として生きる世代が生まれました。
青春時代を日本の統治下で過ごした
“日本語世代”と呼ばれる5人の台湾人に
当時の様子や戦後の国民党独裁時代についてインタビューを行い、
台湾と日本の密接な歴史を振り返った作品です。

続く『台湾アイデンティティ』(’13)では
第二次世界大戦、二二八時代、白色テロという歴史のうねりによって
人生を歩み直さなくてはならなくなった6人の台湾人を通し
台湾の戦後の埋もれた時間を描き出しました。
当試写室でも2013年6月と7月に上映しています。
http://mtonosama.exblog.jp/19923846/
http://mtonosama.exblog.jp/19944481/


そして最終章『台湾萬歳』では
時代は変わっても台湾の海や大地に向き合い、
生きている人々が描かれています。

前二作が
変わりゆく台湾を老人たちの言葉を通して
描いたものだとしたら、
本作は
何があっても変わらない
台湾の芯のようなものを描き出した作品です。

f0165567_518322.jpg

本作の舞台となったのは
台湾の原風景が色濃く残る台東縣。

台東縣は台湾南東部にある人口22万5千人の地域で
アミ族、ブヌン族、タオ族など
多様な民族が暮らしています。

台湾には原住民族が暮らしていましたが、
17世紀以降、大陸から漢民族の移住が活発化。
為政者はオランダ、鄭成功親子三代、清、日本
と移り変わりました。

鄭成功
1624年8月27日 - 1662年6月23日
中国明代の軍人、政治家。
日本の平戸で父・鄭芝龍と日本人の母・田川マツの間に生まれた。
日本名は福松。
清に滅ぼされようとしている明を擁護し
抵抗運動を続け、
台湾に渡り、鄭氏政権の祖となった。
様々な功績から隆武帝は明の国姓である「朱」と
称することを許したことから国姓爺とも呼ばれていた。
近松門左衛門の「国性爺(こくせんや)合戦(かっせん)」は彼を題材にした作品。
台湾・中国では民族的英雄として描かれており、
特に台湾ではオランダ軍を討ち払ったことから、
孫文、蒋介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されている。
Wikipediaより

f0165567_519105.jpg

台東縣で暮らす人々の生活の中心には
「祈り」「命への感謝」「家族」があります。

Formosa 
「美しい島」
台湾

美しい島というのはその大地を指すだけではありません。
東日本大震災の時には
台湾から200億円を超える義援金が寄せられました。

1895年から1945年までの半世紀にわたる
日本の統治時代には嫌なことも数々あったと思われるのに、
それでも彼らが示してくれた想いには
頭が下がります。

さあ、いったいどんなお話でしょうか。
続きは次回までお待ちくださいませ。



今日もポチッとしていただければ嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月12日に更新しました。
台湾萬歳
監督/酒井充子、エグゼクティブプロデューサー/菊池笛人、統括プロデューサー/小林三四郎、プロデューサー/小関智和、陳韋辰、撮影/松根広隆
出演
張旺仔、許功賜、潘春連、柯俊雄ほか
7月22日(土)ポレポレ東中野ほか全国順次公開
2017年、日本、カラー、93分、製作/マクザム、太秦、配給/太秦、http://taiwan-banzai.com/

by Mtonosama | 2017-07-12 05:24 | 映画 | Comments(2)

台湾アイデンティティー
 


-2-


f0165567_751692.jpg

(C)2013マクザム/太秦


あの穏やかな国でこの人たちは大変な人生を生きてきたのだなぁ、
とスクリーンに映し出される優しい顔つきの6人の老人たちの話を聞きました。


監督は酒井充子さん。1969年生まれ。
北海道新聞記者を経て、2000年からドキュメンタリー映画、劇映画の製作、宣伝に関わりながら、
台湾取材。2004年、小林茂監督のドキュメンタリー映画「わたしの季節」に取材スタッフとして参加。
台湾の日本語世代に取材した監督デビュー作「台湾人生」(‘09)に続き、「空を拓く-建築家・郭茂林という男」(‘13)を完成。著書に「台湾人生」(‘10、文藝春秋)。

1945年8月。
敗戦により日本が撤退した台湾では、
その後の蒋介石・中華民国国民党政権による言論統制と弾圧の時代が長く続きました。
民主化が本格化したのは、李登輝氏が総統に就任し、1992年に治安法を改正、
言論の自由が認められてからのことで、まだ20年しか経っていません。
20年って長いようだけど、まだまだつい最近のことのようにも思えます。

舞台を台湾、ジャカルタ、横浜と移しながら、
映画は、老人たちが人生を語る様子を捉えます。
質問を投げかけ、カメラを回す自分の子どもよりも若い日本人の監督に
老人たちも心をひらいているのがよく伝わってきます。

歴史って学問になると、
何年にあんなことがありました。
それはあのできごとの原因になったことです。
そして、こんなことになり今に至っています――
という事実の羅列になってしまいます。
そして、歴史観というものが入り込むことによって
おかしなすり替えだの、歪曲なども、起きてきます。

いずれにしても、学問としての歴史からは、
時の流れの中で人々がどんな思いで日々を過ごし、悲しくつらい思いをしたか、
そんな柔らかい部分が抜け落ちてしまいます。
それを語ってくれたのが、ここにご紹介する6人です。


高菊花(日本名:矢多喜久子、ツオウ族名:パイツ・ヤタウヨガナ)

f0165567_6454183.jpg1932年生まれ。ツオウ族のリーダーであった高一生(日本名:矢多一生、ツオウ族名:ウオン・ヤタウヨガナ)の長女。戦前は日本人と同じ小学校に通い、6年生の時に敗戦を迎えた。
戦後は師範学校に学び、米国に留学しようと勉強中に父が逮捕され、処刑される。
それは白色テロという反体制活動に対する国民党による弾圧活動だった。


その後、彼女は母と9人の兄弟姉妹を支えるため歌手になったが、
その間、尋問は彼女に対しても行われた。

ツオウ族は台湾原住民の一つ。南投県、嘉義県、高雄県に7,116人(1998年 内政部統計)が分布している。
ツォウ族の人々が新高山(現・玉山)一帯に住んでいることから、日本の文化人類学者鳥居龍蔵によって新高族と名付けられた。
(Wikipediaより)


f0165567_647532.jpg

黄茂己(日本名:春田茂正)
1923年生まれ。旧制中学卒業後、約8,400人の台湾少年工の一員として神奈川県高座海軍工廠へ。
そこで妻と知り合い、敗戦直後に日本で結婚。
台湾へ帰国後は小学校教員として定年まで勤め上げ、白色テロ時代は子どもたちに
「本当の民主主義はこんなものじゃない」と伝えた。

f0165567_6494099.jpg

鄭茂李(日本名:手島義矩、ツオウ族名:アワイ・テアキアナ)
1927年生まれ。高菊花さんの父方の大叔父。18歳で海軍に志願し、高雄で敗戦を迎える。
二二八事件の時、ツオウ族の青年たちと共に運動に参加。執拗な尋問を受けるが、逮捕は免れた。
日本語を話したくなると高菊花さんに会いにいく。

f0165567_6504058.jpg

呉正男(日本名:大山正男)
1927年生まれ。横浜市在住。東京の中学に進学し、在学中に陸軍特別幹部候補生に志願。
航空通信士として北朝鮮で敗戦。中央アジアの捕虜収容所にて強制労働。
1947年、日本へ戻ったが台湾へは帰国できなかった。

f0165567_652339.jpg

宮原永治(台湾名:李柏青、インドネシア名:ウマル・ハルトノ)
1922年生まれ。インドネシア・ジャカルタ在住。1940年、18歳で志願。
戦場を転々とし、敗戦後も約千人の日本兵、インドネシア青年と共にオランダからの独立戦争を戦う。
戦後はインドネシア国籍を取得し、ジャカルタで暮らす残留日本兵。

f0165567_6524992.jpg

張幹男(日本名:高木幹男)
1930年、台湾人の父と日本人の母の間に生まれる。新竹工業学校在学中に敗戦。
1958年、台湾独立派の日本語冊子を翻訳しようとして「反乱罪」で逮捕。
28歳から8年間、政治犯収容所で過ごす。

まさに、人に歴史あり、です。
台湾で感じる懐かしさの裏に隠された台湾の戦後史。
残留日本兵として日本を遠く離れたインドネシアで暮らすおじいさん。
今、この穏やかなおじいさんやおばあさんの話をしっかり訊いておかないと、
私たちは肉声で語られる歴史の柔らかい部分を知らないままになってしまいます。
その柔らかい部分こそ、
私たちがどう生きるべきかを教えてくれる大切なポイントになるのではないかと思えてなりません。





今日もポチッとお願いできれば嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月3日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

台湾アイデンティティー
監督/酒井充子、製作総指揮/菊池笛人、小林三四郎、企画/片倉佳史、プロデューサー/植草信和、小関智和、ナレーター/東地宏樹、撮影/松根広隆、音楽/廣木光一、編集/糟谷富美夫、協力/シネマ・サウンド・ワークス、大沢事務所、製作/マグザム、太秦、助成/文化芸術振興費補助金、配給/太秦
7月6日(土)よりポレポレ東中野ほか全国ロードショー
2013年、日本、カラー、102分
http://www.u-picc.com/taiwanidentity/

by Mtonosama | 2013-07-03 07:02 | 映画 | Comments(6)
台湾アイデンティティー
 

-1-

f0165567_5424291.jpg

(C)2013マクザム/太秦

父方の祖母は旅行好きで、あちこち出歩いている人でしたが、
そのおばあちゃんが話してくれた台湾のエピソードです。
「台湾では鼻をかんだチリ紙(注:ティッシュペーパーのこと)を捨てても、
『落としましたよ』と届けてくれるんだよ」
(うん、まず鼻をかんだ紙を路上に捨てちゃダメだよね)

東日本大震災のときにもいちはやく
200億円を超える義捐金を送ってくれたのも台湾です。

とのが台湾に行ったときも道ですれ違うとニコッと笑って先を譲ってくれたなぁ。
そんな体験、大陸の方では一度もしたことがないのでビックリしました。
そうそう、中国・青海省のトイレで、行列していた台湾からの旅行客に
日本語で声をかけられたこともありました。
「台湾のトイレはどうですか?」と訊くとのに
「こんな(汚い)トイレは台湾にはありません」と
怒りながら教えてくれたっけ。
(中国奥地のトイレではそのすさまじさに怒り声になる人が多いのです)

f0165567_5481659.jpg

とのが持つ台湾への印象は親切で穏やか――というものです。
日本は、台湾を半世紀近くも占領統治していたのに、
日本人に対してなぜこんなに親切なのだろうかと思っていました。

3年前の台湾旅行で早朝散歩をしていた時、偶然二二八記念公園を訪れました。
それをきっかけにして、台湾の人々の国民党への激しい怒りを知り、
日本人への親切さがなんとなくわかったような気がしました。
それだけ大陸への怒りが大きかったという単に比較の問題なのかもしれませんが。


二二八事件
1947年2月27日、台北市内で外省人(中国大陸籍)官吏がたばこ売りの台湾人女性を銃床で殴打したことをきっかけに、翌28日から国民党統治に対する抗議行動が台湾全島に拡大。国民党軍は武力による鎮圧に踏みきった。殺害・処刑された被害者はその後の政治弾圧を含めて18,000~28,000人とされる。
(2007年3月1日付「産経新聞」)

1945年敗戦した日本が台湾から去るのと入れ替わるように、
台湾へやってきたのが大陸の中華民国。
外省人というのは彼らのことをいいます。それに対して前から台湾に住んでいた人々は本省人。
外省人は本省人を差別的に扱い、本省人たちは次第に不安を高めていきました。
そんな中、起こったのが二二八事件でした。
http://mtonosama.exblog.jp/13833137/

f0165567_5507100.jpg

本作は、日本統治時代に日本語で教育を受けた「日本語世代」と言われる老人たち5人と
戦争に翻弄された人生を送った残留日本兵の6人を取材した映画です。
彼らは第二次大戦、二二八事件、白色テロという歴史の荒波を
いかに泳ぎ抜いてきたかを語ります。

自分たちの祖父母と同じ顔をして、同じ言葉を話し、同じ教育を受けながら、
彼らの過ごした人生は台湾の戦後史そのものでした。

さあ、いったいどんな映画なのでしょうか。
次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとしていただければ嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆6月30日に更新しました。今日で2013年上半期も終わり。時間というのはまぁなんて足が早いのでしょう。
いつも応援ありがとうございます☆

台湾アイデンティティー
監督/酒井充子、製作総指揮/菊池笛人、小林三四郎、企画/片倉佳史、プロデューサー/植草信和、小関智和、ナレーター/東地宏樹、撮影/松根広隆、音楽/廣木光一、編集/糟谷富美夫、協力/シネマ・サウンド・ワークス、大沢事務所、製作/マグザム、太秦、助成/文化芸術振興費補助金、配給/太秦
7月6日(土)よりポレポレ東中野ほか全国ロードショー
2013年、日本、カラー、102分
http://www.u-picc.com/taiwanidentity/

by Mtonosama | 2013-06-30 06:03 | 映画 | Comments(10)