ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:黄色い星の子供たち ( 3 ) タグの人気記事

           2011 BEST 10 OF
             殿様の試写室 -5-

f0165567_6234860.jpg


                           1位と2位の発表です。
           この1年、内外に問題が山積し、あまり映画を観ることができなかったのですが、
                それでも、ベスト10選出に悩むほどの作品を鑑賞できました。
                     活弁士の孫としては嬉しい限りです。

                             いきます!


                            第2位
                          サラの鍵
                        Sarah‘s Key

f0165567_6255523.jpg


                      http://mtonosama.exblog.jp/16847182/
                      http://mtonosama.exblog.jp/16859987/

                 子どもと動物にはどんな名優もかなわないといいますが、
                     その子どもが名優であったなら、天下無敵。
             それほどまでにサラを演じたメリュジーヌ・マヤンスは素晴らしかったです。
          この映画は第2次世界大戦中、フランスがドイツ占領下にあったヴィシー政権時代に
                フランス政府が国内で暮らすユダヤ人を一斉検挙した事件と
                 その事件を生き抜いた少女のその後を描いた作品でした。
                      当試写室では11月に上映しました。


                             第1位
                     黄色い星の子供たち
                            La Rafle

f0165567_6275074.jpg


                       http://mtonosama.exblog.jp/16213471/            http://mtonosama.exblog.jp/16227904/

                          「黄色い星の子供たち」です。
                      実は、この映画は2位の「サラの鍵」と同じく、
                     フランスにおけるユダヤ人一斉検挙がテーマです。
                同じテーマの作品を1位と2位に並べるなど、まったくもって芸のない話。
                   果たしてこれで良いのかと、夜も眠れないほど悩みました。

           この2作、今まで公にされていなかった歴史的な事件を映画化したということだけでなく、
              その映画がきわめて感動的だった点でトップ2に選ばざるを得ませんでした。
               両作品とも2010年製作ですが、「黄色い星の子供たち」の日本公開が
                   一足早かったということで、1位になりました。

           またまた、とのの独断に満ち満ちた2011年ベスト10でしたが、いかがでしたでしょうか。
              ユダヤ人がテーマの作品が3本も入っていましたが、知らなかった事実や
                   まったく切り口の違う描写で、特筆に値すると思いました。

                    さあ、来年はどんな映画を観られるでしょうか。
               そして、新しい年が良い年であることを心から祈りたいと思います。
              今年1年、当試写室にお寄りいただき、誠にありがとうございました。
               来年も本年同様、お立ち寄りくださることをお願い申し上げます。
                    どうぞ、皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。

                             2011年12月30日

今年最後のクリックをぜひにポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月30日に更新しました。今年一年応援してくださってありがとうございました☆

こちらもポチッとお願い致します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
by mtonosama | 2011-12-30 07:02 | 映画 | Comments(12)
        黄色い星の子供たち -2-
                          La Rafle

f0165567_60451.jpg

©2010 LEGENDE LEGENDE FILMS GAUMONT LEGENDE DES SIECLES TF1 FILMS PRODUCTION FRANCE 3 CINEMA SMTS KS2 CINEMA ALVA FILMS EOS ENTERTAINMENT EUROFILM BIS


            1940年ドイツに侵攻されたフランスは、その後、レジスタンス活動により、
        自由・平等・博愛の精神を守り抜きました。その主役になったのは名もない市民たち。
              それは多くの映画にも描かれ、私たちもよく知っているところです。
            レジスタンス=フランス。もう、それは公式となって頭に刷り込まれています。

           しかし、1940年6月ドイツに敗北したフランスでは、抗戦派は地下に潜行。
       和平派のフィリップ・ペタン元帥が首相となり、ドイツとイタリアに休戦を申し入れました。
             そして、独仏休戦協定が締結され、ドイツはフランス北部を占領。
            この時、臨時首都が置かれたのがフランス中部の町ヴィシーでした。
           ペタン首相率いる政権はこの町の名をとってヴィシー政権とよばれます。

                         前置きが長くなりました。
              このヴィシー政権下でLa Rafle=ユダヤ人の一斉検挙が行われた訳です。
            勇敢なレジスタンスたちの活動の陰に隠れて、見えなかったフランスの恥部。
              これを白日のもとにさらしたローズ・ボッシュ監督、あなたは偉い!

f0165567_6102747.jpg

ストーリー
1942年6月、パリ。ジョーは胸につけた“黄色い星”のために遊園地にも入れなかったし、
汚いものを見るような視線を心無い大人たちから向けられたりもしました。
でも、ジョーの両親も近所のユダヤ人家族たちも皆誇りを持ち、仲良く暮らしていました。

しかし、フランスに暮らす彼らにも、ヒトラーの魔手は迫りつつありました。
ヒトラーはフランス・ヴィシー政権にユダヤ人を引き渡すよう求めたのです。
それはフランス側にとっても、増え過ぎたユダヤ人移民を駆逐するためには
渡りに船の要求でした。
警察責任者のプスケはドイツにフランス警察の権威を認めさせることを条件として、
自分たちの手でユダヤ人検挙を行うことを決定しました。
そして、パリ地区に暮らす外国籍のユダヤ人2万4千人が検挙されることになったのです。

子供は検挙しないようにとのドイツの提案にもかかわらず、フランスはそれを却下。
ユダヤ人孤児の面倒はみられないという理由からでした。

7月16日、午前4時。短い夏の夜が明けようとしていた頃、
《救いの国フランス》に暮らしていたユダヤ人たちのささやかな幸せは永遠に潰えさりました。
警官たちの怒鳴り声とともに安らかな眠りは破られ、男も女も老人も子どもも一人残らず、
逮捕され、護送車へと追い立てられヴェル・ディヴ(冬季競輪場)に移送。
その数1万3千人―――

水も食糧もなく家畜のように競輪場の座席に詰め込まれた人々。
赤十字から派遣されてきた新人看護師アネットは、
口々に助けを求める人々の訴えに満足に応えることもできません。

1万余の収容者に対して医師は、自身も検挙されたユダヤ人のシェインバウムただ一人。
看護師はアネットが加わって、やっと6人。
フランスにはこの検挙が招いた事態の証言者を増やしたくないという思惑があったのです。

そして、検挙の日と同じように、突然、ユダヤ人たちは別の収容所へと移送。
子どもたちのことが心配で、彼らと一緒にその収容所へとやってきたアネットは愕然とします。
不潔な環境、貧弱な食事。ユダヤ人と同じ食事を続けた彼女は3週間で8キロも痩せてしまいました。
その姿で責任者のもとを訪れ、食料の獲得に成功するのですが、
そんな努力も空しく、ユダヤ人たちはまたもや移送されることに。その目的地は……


f0165567_612093.jpg

                   ああ、フランスよ、お前もか!と言いたくなります。

                  が、実はユダヤ人の子どもをそっと匿うフランス人や、
          映画の中でも描かれていますが、冬季競輪場の管理にやってきた消防夫たちが
            処罰をも省みず、彼らに給水し、手紙を預かる感動的なシーンがあります。
             良い人もいますし、時代に流され、彼らを迫害する人もいるわけです。
              相反する存在があることが世の習いとはいえ、悲しいことです。

      戦争という大きな悪の前では、ひとりひとりの善意や勇気はいかにも無力なように映りますが、
            追い詰められた人々の目には闇を照らす灯りのように思えたことでしょう。
          (そう信じないと生き残った人間はあまりにも無力感に苛まれてしまいますから…)

f0165567_6133529.jpg

  ローズ・ボッシュ監督とこの一斉検挙を生き残ったジョーことジョゼフ・ヴァイスマンとの出会いがなければ、
                     本作は生まれることはありませんでした。
     監督の執念にも似た熱意にも拍手ですが、戦後の動乱を幼い身でたったひとり生き抜いてきた
   ヴァイスマン氏の勇気と生命力と知恵と、それから、それから、強い心にはただもう感動のひとことです。

    「オーケストラ!」http://mtonosama.exblog.jp/13143714でバイオリニストを演じたメラニー・ロランが
                     新人看護師アネットを大熱演しました。
         ラストシーンで彼女が見せた笑顔と泣き顔が一緒になった表情には思わず、
                 こらえていた嗚咽と涙が大量に溢れてしまいました。

         国家の義務と人間の良心を秤にかけて前者を優先させたのがヴィシー政権だとしたら、
                医療者の義務と良心を秤にかけることなく、ともに全うし、
           人々への愛を貫いたのがアネット看護師であり、シェインバウム医師でした。

 人間の愚かさに幻滅しつつも、彼らの示した愛と勇気と義務感に敬意を表し、いっぱい涙を流したとのです。

          

                                

今日もポチッとお願いできたら勇気百倍です!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月5日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

黄色い星の子供たち
監督・脚本/ローズ・ボッシュ、製作/イラン・ゴールドマン「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」、撮影/ダヴィッド・ウンガロ、美術/オリヴィエ・ラウー、衣装/ピエール=ジャン・ラロック
出演
メラニー・ロラン「オーケストラ!」/アネット・モノ、ジャン・レノ「ダ・ヴィンチ・コード」/ダヴィッド・シェインバウム医師、ガド・エルマレ/シュメル・ヴァイスマン、ラファエル・アゴゲ/スラ・ヴァイスマン、ユーゴ・ルヴェルデ/ジョー・ヴァイスマン、オリヴィエ・シヴィ/シモン・ジグレール、マチュー&ロマン・ディ・コンチェート/ノエ・ジグレール、レベッカ・マルデール/ラケル・ヴァイスマン、アンヌ・ブロシェ/ディナ・トローブ、イザベル・ゲルナス/エレーヌ・ティモニエ、ティエリー・フレモン/ピエレ大尉、カトリーヌ・アレグレ/管理人《タチ》、シルヴィー・テスチュー/ベラ・ジグレール
7月23日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショー
2010年、フランス・ドイツ・ハンガリー、125分、配給/アルバトロス・フィルム、後援:フランス大使館文化部 協力:ユニフランス東京 提供:ニューセレクト、文部科学省特別選定作品 少年・青年・成人・家庭向き
http://kiiroihoshi-movie.com/

by mtonosama | 2011-07-05 06:40 | 映画 | Comments(9)
       黄色い星の子供たち -1-
                           La Rafle

f0165567_5185153.jpg

©2010 LEGENDE LEGENDE FILMS GAUMONT LEGENDE DES SIECLES TF1 FILMS PRODUCTION FRANCE 3 CINEMA SMTS KS2 CINEMA ALVA FILMS EOS ENTERTAINMENT EUROFILM BIS

                          「黄色い星の子供たち」
          タイトルだけ聞いて、星の王子さまみたいな子どもたちを思い浮かべたとの。
                           かなりぬけてます・・・

                            原題は”La Rafle”。
                    どんな意味かと新仏和中辞典(白水社)を調べたら、
                 〈かっぱらうこと、盗むこと;不良狩、手入れ〉などとあります。
                          う~ん、いまいちよくわかりません。
              でも、パリ在住の梨の木さんというブロガーさんのブログを拝見したら、
                  とてもよくわかったので、ここに引用させていただきました。  
    
rafleの意味するところは、一斉検挙、です。けれども La Rafleと書くと、ある特定の事項を意味します。ナチス・ドイツ占領下のフランスで行われた、ユダヤ人の一斉検挙です。1940年、独仏休戦協定(L'armistice du 22 juin 1940)が結ばれ、フランス政府はパリを離れ最終的にヴィシー(Vichy)に移転しました。国民議会(L'Assemblée nationale)は憲法を改正し、ペタン元帥(maréchal Pétain)に国家の全権を委任。このヴィシー体制のもとで大規模なrafleが行われたのです。
http://poirier.exblog.jp/12997700/ 「梨の木日記」

  なるほど!la がつくと〈ナチス・ドイツ占領下のフランスで行われたユダヤ人の一斉検挙〉なのですね!!
                       梨の木さん、ありがとうございました。

          「黄色い星の子供たち」という邦題はなかなかデキのいいタイトルではありますが、
          星の王子さまを連想する人もいるかもしれませんものね(あ、とのだけかも^_^;)
    でも、この〈黄色い星〉だって、王子さまの星ではなく、おしつけられた悲しい意味があるのですよね。

f0165567_524582.jpg

          自由の国、芸術の国、哲学の国フランスとしては大っぴらにしたくなかった過去。
          フランスは半世紀にもわたってこの事件を公式に認めようとはしませんでした。
                     La Rafle。史上最大のユダヤ人一斉検挙。
                             検挙って・・・
           何も悪いことをしたわけじゃないのに。ユダヤ人であるということだけで?

         1995年シラク大統領が、50年以上前、当時のフランス政府が行なったと認めるまで、
           このことはナチスドイツによるユダヤ人迫害のひとつと考えられていました。

                  そうですよね。フランスといえばレジスタンス。
        私たちは、彼らがいかにナチスドイツと果敢に闘ったかという側面しか知りません。
              フランスにとっては、あえてほじくり出されたくはない過去です。
                   ヴィシー政権が行なった暴挙にして、愚挙―――

                   その事件の全貌を、当時の資料を読みこみ、
               戦後、製作されたラジオやテレビのインタビューを探し出し、
            そして、わずかに生き残った事件の関係者たちからその内容を聴き取り、
      フランス人として初めて、この事件の全貌を形にしようとしたのがローズ・ボッシュ監督でした。

f0165567_5295890.jpg

            あの日、1万3千人のユダヤ人が検挙され、その内、生存者はわずか25人、
             4051人いた子どもたちは誰ひとり生還していないと信じられていました。
           (ただ一人の例外、スープ鉢の中に隠された6ヶ月の赤ちゃんを除いては)

                        しかし、奇跡が起こりました!
          ローズ・ボッシュ監督がほとんど諦めかけて調べていたドキュメンタリーの中に
              一斉検挙の様子を語る男性ジョゼフ・ヴァイスマンがいたのです。
        彼こそ一斉検挙された16歳以下の子どもたちの中で生き残った数少ない人物でした。
        11歳の時に検挙され、収容所から脱出し、その後の人生を必死に生き抜いてきた人。

                    「黄色い星の子供たち」は彼が主人公です。
              そして、殺されていった多くの子どもたちが主人公の映画です。

                 隠されていた歴史の暗部が今暴かれようとしています。

                                
今日もポチッとお願いできたらうれしゅーゴザイマス。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月2日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

黄色い星の子供たち
監督・脚本/ローズ・ボッシュ、製作/イラン・ゴールドマン「エディット・ピアフ~愛の賛歌~」、撮影/ダヴィッド・ウンガロ、美術/オリヴィエ・ラウー、衣装/ピエール=ジャン・ラロック
出演
メラニー・ロラン「オーケストラ!」/アネット・モノ、ジャン・レノ「ダ・ヴィンチ・コード」/ダヴィッド・シェインバウム医師、ガド・エルマレ/シュメル・ヴァイスマン、ラファエル・アゴゲ/スラ・ヴァイスマン、ユーゴ・ルヴェルデ/ジョー・ヴァイスマン、オリヴィエ・シヴィ/シモン・ジグレール、マチュー&ロマン・ディ・コンチェート/ノエ・ジグレール、レベッカ・マルデール/ラケル・ヴァイスマン、アンヌ・ブロシェ/ディナ・トローブ、イザベル・ゲルナス/エレーヌ・ティモニエ、ティエリー・フレモン/ピエレ大尉、カトリーヌ・アレグレ/管理人《タチ》、シルヴィー・テスチュー/ベラ・ジグレール
7月23日(土)TOHOシネマズシャンテ、新宿武蔵野館他にて全国順次ロードショー
2010年、フランス・ドイツ・ハンガリー、125分、配給/アルバトロス・フィルム、後援:フランス大使館文化部 協力:ユニフランス東京 提供:ニューセレクト、文部科学省特別選定作品 少年・青年・成人・家庭向き
http://kiiroihoshi-movie.com/

by mtonosama | 2011-07-02 05:59 | 映画 | Comments(12)