ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:黒沢清監督 ( 2 ) タグの人気記事


ダゲレオタイプの女

-2-

LA FEMME DE LA PLAQUE ARGENTIQUE

f0165567_544860.jpg

(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema


その昔、写真を撮られると魂が抜かれる、とか
三人で写真を撮ると真ん中に位置した人は早死にする、とか
150歳のとのは子どもの頃、写真にまつわる迷信の類をよく聞かされました。

今のカメラでは
魂が抜かれるなど、考えつきもしません。
でも、ダゲレオタイプのカメラで撮影するために長時間拘束されていれば
失神なんてこともありましょう。

失神って魂が抜けちゃうことですよね。

写真=真を写す

さあ、真を写しとった後に残るのは、真実でありましょうか。
それとも、うつせみでありましょうか――

f0165567_562167.jpg

ストーリー
その屋敷は工事現場が拡がる古い路地の一角にあった。
ジャンが屋敷内のスタジオに入っていくと、
そこにいたのは気難しそうな顔をした写真家のステファン。
ジャンは撮影助手として採用された。
スタジオ内には奇妙なカメラや器具が並ぶ。
それはダゲレオタイプのカメラ。
170年前のものでその技術は滅びたが、
ステファンはここで再現しているのだ。

写真のモデルとしてブルーのドレスをまとうステファンの娘マリー。
ジャンはその手、腰、頭を拘束器具で固定する。

マリーの夢は植物園で働くこと。
家から遠く離れたトゥールーズの植物園での面接が決まった。
マリーはジャンに喜びを伝える。
父のことは気になるが、彼女は自分の道を進むつもりだった。

棺に納められた赤ん坊の遺体を撮影するステファン。
マリーはそれを視て涙を浮かべる。
ジャンに心を許し始めていたマリーは
自分と同じようにダゲレオタイプのモデルを
していた母が屋敷内の温室で自殺したことを告白する。

ある日のこと、写真資材を買うためにパリ市内にでかけたジャンは
ステファンの知人ヴァンサンから声をかけられる。
ヴァンサンと一緒にいたのは不動産業を営むトマ。
ステファンの館は再開発地区の中心にあるので、600万ユーロで売れるという――

ある晩のこと、ステファンは自分の名を呼ぶ声を聞いたような気がした。
振り返ると女の影が地下へ降りていく。
同じ頃、マリーは気配を感じてスタジオを覗くが、
その途端、何者かに押されたように階段から転げ落ちる。

ステファンは何の処置も施さず嘆くばかり。
ジャンはマリーを病院に連れていくため車を走らせるのだが……

f0165567_574788.jpg

西洋人が西洋の風景と西洋の建物の中で演じる怪談。
ホラーというとどうしてもおどろおどろしい感じがしますが、
本作におどろおどろしさはありません。

幽霊やお化けって
西洋と日本ではその表現も解釈もずいぶん違うのではないのではないでしょうか。
気味悪さへの感覚も違うように思います。

その点、本作はれっきとした怪談 Kwaidanであります。

父親のために自分の夢も諦め、
失神するまでその身を拘束具で締め付けさせるマリー。
「お前に永遠を与えたのになぜ俺を恨むのだ」と
妻の亡霊に叫ぶステファン。
そして、マリーへの愛に身を焦がし、窶れていくジャン。
東海道四谷怪談の伊右衛門や
牡丹灯籠の新三郎やお露そのものではありませんか。

外国のホラーといえば
スプラッターと思っていらっしゃる方には
案外新鮮なホラー映画かもしれません。
あ、違いました。
Kwaidanです。






今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月7日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

ダゲレオタイプの女
監督・脚本/黒沢清、プロデューサー/吉武美知子、ジェローム・ドプフェール、共同製作/ジャン・イブ・ルーバン、定井勇二、オリヴィエ・ペール、レミ・ビュラ、フランス語翻案/カトリーヌ・パイエ、エレオノール・マムーディアン、脚本コンサルタント/黒沢弘美、撮影/アレクシ・カヴィルシーヌ、製作/FILM-IN-EVOLUTION、LES PRODUCTIONS BALTAZAR、共同製作/FRAKAS ORODUCTIONS、ビターズ・エンド、ARTE FRANCE CINÉMA
出演
タハール・ラヒム/ジャン、コンスタンス・ルソー/マリー、オリヴィエ・グルメ/ステファン、マチュー・アマルリック/ヴァンサン、マリック・ジディ/トマ、ヴァレリ・シビラ/ドゥーニーズ、ジャック・コラール/ルイ
10月15日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
2016年、フランス=ベルギー=日本、131分、http://bitters.co.jp/dagereo/

by Mtonosama | 2016-10-07 05:18 | 映画 | Comments(8)
 

ダゲレオタイプの女
-1-
LA FEMME DE LA PLAQUE ARGENTIQUE

f0165567_6201982.jpg

(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS - LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinema


海外でも評価が高い黒沢監督。
いえ、今回は黒沢明監督ではなく、黒沢清監督です。
一字違いですが、お二人の間に血縁関係はありません。

カンヌ、ヴェネチア、ベルリン世界三大映画祭に出品され、
ヨーロッパを中心に世界中で賛嘆の声があがる監督。
2008年『トウキョウソナタ』が
第61回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」審査員賞、
第3回アジア・フィルム・アワード作品賞を受賞。
2015年カンヌ国際映画祭ある視点部門では
深津絵里と浅野忠信が主演した
『岸辺の旅』で監督賞を受賞しています。

カンヌで大いに認められている監督
なんと今回オールフランスロケで映画をつくりました。
ロケのみならず、キャストもスタッフも、
言葉もすべてフランスづくし。
フランス語のオリジナルストーリーで臨みました。
初の海外進出作品です。

f0165567_6253784.jpg

『ダゲレオタイプの女』

ダゲレオタイプという言葉が意味深げでそそりますし、
「女」がまとう瑠璃色の光沢のあるドレスがまた美しい。
フェルメールブルーですねえ。
きれいです。
そして、
この色がホラーにしてラブロマンスという本作を
象徴的に示しています。

さあ、ダゲレオタイプ。
いったい何でしょう。

ダゲレオタイプ
ダゲレオタイプ(フランス語:daguerréotype)とは、
ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールにより発明され、
1839年8月19日にフランス学士院で発表された世界初の実用的写真撮影法。
湿板写真技法が確立するまでの間、
最も普及した写真技法。
銀メッキをした銅板などを感光材料として使うため、
日本語では銀板写真とも呼ばれる。
ダゲレオタイプは銀板上に定着されたポジティブ画像そのものが
最終的に鑑賞に供される画像となる。
つまり、
ダゲレオタイプで撮影された写真は
一枚しか存在しえない。
またダゲレオタイプに使う銀板は不透明であるから、
感光面側から像を鑑賞する形となり、
左右が反転した像を見ることとなる。
接触等によって銀板上に定着した像が壊されやすい。
(Wikipediaより)

この撮影法は長時間の露光を必要とするため、
生きた人物を撮影する場合には、
拘束具を使って身体を拘束します。

どうです?
怪奇小説好きなら、ここまでで相当そそられますよね。

かてて加えて入念なロケーションハンティングで
探し出されたいかにもな、古い館。
その荒び具合と薄気味悪さがたまりません。

f0165567_632549.jpg

物語の舞台はパリ市内と郊外の境目あたり。
というのも、日本でもそうなのですが、
現代社会の見慣れた地域であっても
現実と非現実が微妙に混じり合う物語が
成立する場所は
都市と田舎の境界線あたりだと思っていた、
と監督はいいます。

確か中世史家・阿部謹也先生も同じようなことを
書いていらしたという記憶があります。

こんな脚本や監督の魅力にヨーロッパの名優たちが集結。
主人公には『消えた声が、その名を呼ぶ』
(’14 ファティ・アキン監督)のタハール・ラヒム。
http://mtonosama.exblog.jp/24778443/ http://mtonosama.exblog.jp/24787641/

写真家の役にはダルデンヌ兄弟監督の
『イゴールの約束』以降全作品に出演している
オリヴィエ・グルメ。
そして、マチュー・アマルリック。

日本の監督作品にこれだけの名優が出揃うとは
なんと誇らしいことでありましょう。

さあ、いったいどんな作品でしょうか。
続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできればうれしゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆10月4日に更新しました。いつもご来室くださって誠にありがとうございます☆

ダゲレオタイプの女
監督・脚本/黒沢清、プロデューサー/吉武美知子、ジェローム・ドプフェール、共同製作/ジャン・イブ・ルーバン、定井勇二、オリヴィエ・ペール、レミ・ビュラ、フランス語翻案/カトリーヌ・パイエ、エレオノール・マムーディアン、脚本コンサルタント/黒沢弘美、撮影/アレクシ・カヴィルシーヌ、製作/FILM-IN-EVOLUTION、LES PRODUCTIONS BALTAZAR、共同製作/FRAKAS ORODUCTIONS、ビターズ・エンド、ARTE FRANCE CINÉMA
出演
タハール・ラヒム/ジャン、コンスタンス・ルソー/マリー、オリヴィエ・グルメ/ステファン、マチュー・アマルリック/ヴァンサン、マリック・ジディ/トマ、ヴァレリ・シビラ/ドゥーニーズ、ジャック・コラール/ルイ
10月15日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
2016年、フランス=ベルギー=日本、131分、http://bitters.co.jp/dagereo/


by Mtonosama | 2016-10-04 06:44 | 映画 | Comments(8)