ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:100000年後の安全 ( 1 ) タグの人気記事

100,000年後の安全  INTO ETERNITY

f0165567_614279.jpg


ブイーンブイーンブイーン、ブイーンブイーンブイーン、ブイーンブイーンブイーン
緊急公開をお知らせします。「100,000年後の安全」緊急公開のお知らせです。
「100,000年後の安全」。
《原発から生まれる放射性廃棄物の危険について―――フィンランドの場合―――》

これはフィンランド・オルキルオトに建設中の最終処分場「オンカロ(隠された場所)」に
世界で初めてカメラが入ったドキュメンタリー作品です。
最終処分場―――原発から出る高レベル放射性廃棄物を永久に閉じ込める施設。

f0165567_6323562.jpg


安全になるまで10万年かかるといわれる高レベル放射性廃棄物。
10万年です。途方もない数字です。
10万年もの間、人類はこの危険な放射性のごみを安全に管理できるのでしょうか。
10万年もの間、それを閉じ込めておける建築材料が21世紀の今、存在するのでしょうか。
「100,000年後の安全」は、専門家や最終処分場「オンカロ」の当事者にカメラを向け、
まさに今私たちが抱えるこの問題に対して問いかける作品です。

f0165567_6244434.jpg


と、偉そうに言いながら、実は私はまだこの映画を観ていません。
「殿様の試写室」は事前に(本当の)試写室で映画を観て、皆さまにお知らせする試写室ですが…

   現在私たちが直面している福島原発事故。
   これを漠然とした不安ではなく、明確に把握すべき問題として、
   少しでも原発について知るために、本来今秋公開予定だった本作が急遽4月2日の公開となりました。
   配給サイドの危機意識のあらわれということです。

という次第で、私もこれから、この映画を観ます。

先日、池上彰さんが「正しく恐れることが必要なんですね」とテレビの番組で言っていました。
たしかに知ることを経ずに恐れることは危険です。

福島原発で進行している事態。
不安や怒りや怖れが夜の霧のように、私たちを包みこんでいます。
この事態の直接の原因になった地震や津波を恨み、東京電力や原発政策を推進してきた国に対して
怒りをぶつけることは簡単です。
でも、今はひたすら事態の終息を祈りたいと思います。
同時に、原発の後、私たちは何を選び、私たち自身どう変わっていくべきなのかを
真剣に考えていかねばなりません。

ふぅ、がんばりましょう。そして、映画館で会いましょう。



現在はまだ一日1回公開です。HPなどで上映時間をご確認の上、お出かけ下さい。http://www.uplink.co.jp/100000/

「100,000年後の安全」
監督・脚本/マイケル・マドセン
4月2日(土)より渋谷アップリンクにて公開
2009年、デンマーク・フィンランド・スウェーデン・イタリア、79分、英語、配給/アップリンク
http://www.uplink.co.jp/100000/

ワンクリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
こちらもお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
☆4月8日に更新しました☆
by mtonosama | 2011-04-08 06:30 | 映画 | Comments(6)