ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:127時間 ( 3 ) タグの人気記事

            2011 BEST 10 OF
              殿様の試写室 -3-

f0165567_6343442.jpg


                 2011年度殿様の試写室ベスト10の6位と5位の発表です。
               いろいろつらいことが起きたときは、「あきらめなくてよかった!」
                 と思うことのできる映画を観ると幸せになりますよね。
                     嗚呼、映画ってほんっとに素晴らしい。
               映画評論家・水野晴生さんの言葉が今さらながら胸にしみます。

                           いきます。第6位は

                             第6位
                      人生、ここにあり!
                          Si Puo Fare

f0165567_6382734.jpg

                    http://mtonosama.exblog.jp/16327490/
                    http://mtonosama.exblog.jp/16340981/

           イタリアが行なった画期的な試み、社会的な実験といってもいいでしょうか。
             1978年に制定されたバザーリア法(精神病院廃絶法)に基づいて、
           1999年には犯罪者の病院を除いた国立の精神病院は全て廃止になりました。
         精神病院を生活の場にしていた患者たちが法律の施行後は病院付属の協同組合で
            暮らすことになるのですが、そこへ配属されてきた熱血職員と患者たち、
             もとい、協同組合員たちとの奮闘記。実話だけに大笑いしながらも
                     納得させられ、感心させられた映画でした。
                  原題の“Si Puo Fare”は「やればできる」という意味。
                       当試写室では7月に上映しました。


                             第5位
                            127時間
                           127 Hours

f0165567_6395965.jpg

                    http://mtonosama.exblog.jp/15998518/
                    http://mtonosama.exblog.jp/16013752/

                      「スラムドッグ&ミリオネア」以来、
            ダニー・ボイル監督のテンポの速さのとりこになってしまったとのです。
              主人公ア―ロンが危機的な状況から脱出するためにとった選択に
                失神者続出だの、残酷だの、という声も聞かれましたが、
             こういう声は「エクソシスト」(‘73)映画宣伝の常套手段ですからね。
                なにがあっても生き抜くアーロンの精神力の強さに感銘。
                  この映画以後、自転車に乗るようになりました。
                         当試写室では5月に上映。
                          明日もお会いしましょう。

                               

お忙しい年末のひととき、お掃除の手を休めてポチッとひと押しお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月28日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

こちらもポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
by mtonosama | 2011-12-28 06:57 | 映画 | Comments(4)
                    127時間 -2-
                         127Hours

f0165567_5161058.jpg


                     ©2010TWENTIETH CENTURY FOX

                         さすがダニー・ボイル監督!
       「スラムドッグ&ミリオネア」で見せてくれたあのスピード感を新作でも披露してくれました。

                         深夜、アラームブザーが響き、
       主人公は冷蔵庫を開けて水を取り出し、食料をかき集め、ロープやカラビナをまとめ、
                     棚を手探りしてナイフをリュックに放り込みます。
                         母親からの留守電はシカト。
                        家を出て、車のエンジンを始動。
             まだ暗いハイウェーをひたすら飛ばし、ブルー・ジョン・キャニオンに到着。
                                仮眠。
                 そして、目覚めとともにマウンテンバイクを駆って渓谷へ。

f0165567_5181044.jpg


                   もう、息をもつかせないアップテンポな展開。
               やっぱり、このスピード感はダニー・ボイル監督の醍醐味です。

                  でも、この素早さが、その後に訪れる127時間を
              より長いものに感じさせる見事な導入部になっているのですけどね。

ストーリー
2003年4月25日、金曜日の夜
アーロン・ラルストンはいつものように誰にも行き先を告げず、出発します。
今回の目的地はブルー・ジョン・キャニオン。

4月26日、土曜日
白々と明け始めたブルー・ジョン・キャニオンの朝。
アーロンは車からマウンテンバイクを降ろし、ビッグ・ドロップへ向かいます。
かつて何度も訪れているこの渓谷をアーロンは近所の路地よりも知り抜いています。
道に迷った2人の女性を洞窟の秘密の入口へ案内することなどお手のもの。
岩と岩の間の狭い隙間から真下に拡がる泉にダイブし、楽しい時間を過ごす3人。
感激した彼女たちから、別れ際、翌日のパーティに招待されます。

彼女たちと別れた後も、軽々と岩を登り続けるアーロン。

f0165567_525296.jpg


が、

それは突然起こりました。
岩が崩れ、落石もろとも、アーロンは狭いクレバスを滑落。
そして、岩は彼の右腕を咥えこみ、びくともしなくなってしまったのです。
大声を出しても、もちろん誰も来ません。
呼吸を整え、ナイフで岩を削り始めます。しかし、鈍くて役に立たないナイフ。

4月27日、日曜日
動けなくなってから24時間経ちました。
リュックからビデオカメラを取り出し、記録を残そうとするアーロン
乏しい食糧、ペットボトルに僅かしか残っていない水。
最悪です。

4月28日、月曜日
アーロンは考えます。
クライミングロープで岩を吊り上げたらどうだろう。
しかし、ロープは伸びやすく、固定もできない。ふーっ。
夜の寒さに震え、豪雨に襲われる中、ふと思いつき、ナイフで腕を切りつけてみますが、
やはり役立たずのなまくらナイフでした。
3日目に入っています。時々意識が朦朧とします。
両親や友人や恋人の幻覚が現れます。
愛してはいたけれど、今まで心を開きはしなかった人たちの幻覚が。

f0165567_5273096.jpg


4月29日、火曜日
朝7時。
救助隊でボランティアをしているアーロンは遭難者の命の限界を知りぬいています。
迫りくる死の前で、初めて自分の人生と向き合いました。
なんて傲慢で自分勝手だったんだろう。
約束しながら、妹の結婚式にも出席しなかった。

後悔に引き裂かれそうになりながら、アーロンに湧きあがる生きることへの渇望。
このまま死ぬことなんかできない。生きなくては。

4月30日、水曜日
そして、アーロンは決断します……


f0165567_529397.jpg


       一日のほとんどが影になった狭いクレバスへ、毎朝几帳面に朝の太陽が光を投げかけます。
            それは、優しく刷毛で撫でるようにアーロンの上を通っていきます。

        クレバスの狭間という限られた空間で、登場するのは、幻覚以外はアーロンただ一人。
                  身動きできない状況では永遠に思える127時間。

                 ひとり舞台ともいえるスクリーンの中で、救いでもあり、
               同時に、救いのない時間の経過を知らせる太陽光線の一閃。

                         うまいよなぁ。鮮烈だよなぁ。

           「127時間」はアーロンの決断の結果ばかりが話題になっているようですが、
              こんな陽射しの扱いにこそ、映画作法の根源を観る気がします。
            一瞬の陽射しの移ろいに、希望と絶望を同時に映し出す手腕には脱帽。

                   「生きる」ということ、勇気というもの、「愛する」という心。
           この映画が教えてくれることはいろいろあるけれど、太陽は明日ものぼるということを
                     こんなにはっきりと示してくれる映画って良いです。

しかし、こんな怖い目に遭いながら、まだロック・クライミングを続けているアーロンというのも実に凄い人です。

f0165567_532750.jpg

                              

今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月23日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

127時間
監督/ダニー・ボイル、脚本/ダニー・ボイル&サイモン・ビューフォイ、原作/「127時間」(アーロン・ロルストン著、小学館文庫)、製作/クリスチャン・コルソン、ダニー・ボイル、ジョン・スミッソン、撮影監督/アンソニー・ドッド・マントル、エンリケ・シャディアック
出演
ジェームス・フランコ/アーロン・ロルストン、アンバー・タンブリン/ミーガン、ケイト・マーラ/クリスティ、クレマンス・ポエジー/ラナ、ケイト・バートン/アーロンの母、リジー・キャプラン/ソニア
6月18日(土)TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント他全国ロードショー
アメリカ・イギリス合作、94分、共同配給/20世紀フォックス×ギャガ
http://127movie.gaga.ne.jp/

by mtonosama | 2011-05-23 05:56 | 映画 | Comments(8)
                      127時間 -1-
                           127Hours

f0165567_581951.jpg


                     ©2010TWENTIETH CENTURY FOX

                 「スラムドッグ&ミリオネア」(‘08)をご覧になりましたか?
         アップテンポな展開と元気な子ども達の活躍で楽しませてもらった映画でしたよね。
                            ムンバイの大群衆、
             主人公がインチキガイドとしてタ―ジマハールでウソ八百を並べ立てるシーン、 
                          インドの大地を爆走する列車―――
             今も思い出すと身体が縦揺れしてしまうほど、興奮した映画でした。

          さて、そんなアカデミー賞8部門に輝いた「スラムドッグ&ミリオネア」の監督
                 ダニー・ボイルの最新作が「127時間」です。

           2003年4月、27歳のアーロン・ラルストンがロック・クライミングを楽しむため、
             訪れたユタ州のブルー・ジョン・キャニオンでとんでもない事態に遭遇。            
           そして、その不運なできごとから127時間を経て無事、生還を果たした―――

                             そうなんです。
                            これは実話です。

f0165567_914835.jpg



ア―ロン・ラルストン
1975年10月27日、アメリカ中西部で中産階級の家庭に生まれました。
12歳の時、コロラド州に転居し、ロッキー山脈でスキー、ハイキングなどに熱中。
1997年カーネギーメロン大学機械工学、フランス語学部卒業。全米の成績優秀な学生が
つくる学生友愛会φβκ(ファイベータカッパ)の終身会員に選ばれます。
その後、インテルに就職。
1998年から2001年にかけ、コロラド・クアンダリーピークなど全米の高峰に挑戦、
アルバカーキ山岳救助隊に参加。
2002年、インテル退社。
コロラド州アスペンのスポーツ用品店に勤務しながら、アウトドアに専念。

2003年4月、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンでキャニオニアリング(峡谷探索)中、
事故に遭遇し、127時間後にみずから脱出。
救出直後から世界中の新聞・テレビで報じられ、同年7月にはテレビにも出演。
現在も登山家として活動しながら、講演・執筆にも忙しい日々を送っています。

f0165567_5102133.jpg

                          本人もハンサムですよね。

              本作の製作には、彼自身深く関わり、現場には何度も足を運び、
                  プリプロ(撮影前の作業)や脚本にも携わりました。
       アーロン・ラルストン役を演じたジェームス・フランコの役作りや撮影監督にも協力。
         映画の中には、アーロン自身が撮影したビデオの再現シーンもありますから、
          アーロンがこの映画に果たした役割は原作者として以上のものでしょう。

f0165567_545568.jpg

さての状況で127時間(約6日間)闘い抜いたアーロンです。「スラムドッグ&ミリオネア」では、あの大群衆、そして、スピーディな時間展開で目をひきました。
しかし、「127時間」ではこのように一人ぼっち、そして、時間は127時間。
127時間って、ひとりで過ごすには(それも危機的な状況で)かなり長いけれど、映画的にはちと短い。127時間じゃ、アーロンは歳をとることもできません。
でも、身体的には大きな変化があったわけですが――

                   

                    う~ん、前作と本作、正反対の映画ですね。
            ダニー・ボイル監督、最新作ではどんなふうに観せてくれるのでしょう。
                       さあ、続きをご期待くださいね。
                                

今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆5月20日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

127時間
監督/ダニー・ボイル、脚本/ダニー・ボイル&サイモン・ビューフォイ、原作/「127時間」(アーロン・ロルストン著、小学館文庫)、製作/クリスチャン・コルソン、ダニー・ボイル、ジョン・スミッソン、撮影監督/アンソニー・ドッド・マントル、エンリケ・シャディアック
出演
ジェームス・フランコ/アーロン・ロルストン、アンバー・タンブリン/ミーガン、ケイト・マーラ/クリスティ、クレマンス・ポエジー/ラナ、ケイト・バートン/アーロンの母、リジー・キャプラン/ソニア
6月18日(土)TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント他全国ロードショー
アメリカ・イギリス合作、94分、共同配給/20世紀フォックス×ギャガ
http://127movie.gaga.ne.jp/

by mtonosama | 2011-05-20 05:41 | 映画 | Comments(6)