ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:2012年ベスト10 ( 3 ) タグの人気記事

2012 BEST 10 OF
殿様の試写室  
-3-

f0165567_6402280.jpg

さあ、2012年最後の今日はベスト3の発表です。
ベスト10に選んだ作品はどれも皆印象に残る作品ばかり。
いえ、2012年度にご紹介した60本の映画の内、ベスト10に洩れた50本の作品も
選べなかったのが申し訳ないような映画でした。
まして、それに順位をつけるなどまことに畏れ多いことでございます。

しかし、いきます。



3位 オロ
OLO.The boy from Tibet

f0165567_6411521.jpg

わずか6歳の時にたったひとりチベットからインド・ダラムマサラへと亡命し、
その地で教育を受ける少年オロを追ったドキュメンタリー映画でした。

素直だけれど時々いたずらっぽい素顔をのぞかせるオロ少年と
本作の岩佐寿弥監督が孫とおじいちゃんのようです。
ふたりでチベット難民が住む村を訪ねるのですが、
まるでロードムービーのようなドキュメンタリー映画でした。
色鉛筆のタッチが優しいアニメーションも挿入され、
優しくて心が温かくなる映画。
チベットを描くのに、こういう形があったとは――

当試写室にて8月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/17721188/
http://mtonosama.exblog.jp/17731521/




2位 少年と自転車
Le gamin au vélo

f0165567_6423266.jpg

すいません。
もうダルデンヌ兄弟監督の作品というだけで選ばずにはいられません。
社会派とか人情派とか政治派とか
そんなジャンルを超えてさりげない日常の奥にひそむ人々の心の動きを
優しい目でみつめる映画を撮り続けている監督です。
世の中はつらいことが多いけれど、つらいのは自分だけじゃありません。
親に見捨てられても、絶望しないで。
守ってくれる人は案外近くにいますよ。
でも、人としての責任は果たさなくちゃいけないんですよ。

大人なのに甘えてた自分に、じわじわがつんと色んなことを教えてくれた映画でした。

当試写室にて3月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/17336359/
http://mtonosama.exblog.jp/17346889/




1位 愛について、ある土曜日の面会室
Qu'un seul tienne et les autres suivront

f0165567_645781.jpg

ダルデンヌ監督に、ごめんなさい、と頭を下げながら、
2012年ベスト1に選んだのは本作でした。
刑務所の面会室という、ちょっと縁遠い場所を舞台に展開された
3つのエピソードからなる映画でありながら、
どのエピソードにもずっぽりと感情移入してしまいました。
音楽のような構成と人間への深い洞察。
いかなる巨匠の作品かと思いきや、
なんと28歳の若く美しいレア・フェネールという女性が監督でした。

彼女の今後と世界の映画界が非常に楽しみです。

当試写室にて11月と12月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/18214887/
http://mtonosama.exblog.jp/18223970/


f0165567_6502476.jpg

皆さま、今年も当試写室に足をお運びいただき、まことにありがとうございました。
来年もまた皆さまとご一緒にいろいろな映画を楽しんでいかれれば幸甚の至りです。
どうぞまたお付き合いくださいませ。
この一年の皆さまのご来室を感謝しつつ、2012年を見送りたいと思います。
では、良いお年をお迎えください。

2012年12月31日

殿様の試写室


今年最後のポチッをお願いできれば嬉しうございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2012年12月31日に更新しました。大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします☆
by Mtonosama | 2012-12-31 06:58 | 映画 | Comments(4)
2012 BEST 10 OF
  殿様の試写室  
-2-

f0165567_64245100.jpg


ベスト10も今日は中盤戦。6位から4位までの発表です。
ファンファーレはご提供できませんので、各自口ずさみながらご覧ください。
え?そこまでやる必要はない?
は、はい、ごもっともでございます。

では、第6位いきます。



第6位 モンサントの不自然なたべもの
Le monde selon Monsanto

f0165567_6455514.jpg

これも怖ろしい映画でした。
試写室を後にする時、観た人が皆深刻な顔をして囁き交わしていたのを思い出します。
TPP、富める国とそうでない国の凄まじい格差、
一企業が世界の食と農業を支配しようとする実態。
TPPってよくわかんないもんね、
と、悠長に構えていられない現実がつきつけられています。

当試写室にて8月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/17902146/
http://mtonosama.exblog.jp/17912070/




5位 ミッドナイト・イン・パリ
Midnight in Paris

f0165567_6464755.jpg

なんのかんのいってもウディ・アレンはやはりすごい監督です。
スノッブでイヤだとか、おしゃべり過ぎるとか、俳優がダサいとか、
ま、悪口を言いだせばキリがありません。
実際、主人公のオーウェン・ウィルソンってダサいです。
っていうか、とのは好みじゃない。

だけど、映画の醍醐味ここにあり。
面白くて、楽しくて、今までのウディ・アレンとはちょっと違う映画でした。
ウディ・アレン嫌いの人も本作だけは一見の価値ありです。

当試写室にて5月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/17545186/
http://mtonosama.exblog.jp/17556234/




4位 ソハの地下水道
In darkness

f0165567_6483541.jpg

下水道修理とコソ泥を生業とするポーランドの中年男。
彼が下水道の中で出会ったユダヤ人を
ナチスの手から14ヶ月にわたって守り抜いた感動的なお話です。
これが実話だというから、事実は映画よりも奇なり――

助ける側も善人というわけでもなければ、助けられるユダヤ人にもこずるいヤツが。
等身大の感動実話。鼻がもげるほどの臭いも感じられるような映画でした。
ラストの太陽光には、逃げおおせたユダヤ人ならずとも感動。

当試写室にて9月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/17961754/
http://mtonosama.exblog.jp/17971415/


明日はいよいよベスト3の発表です。
乞うご期待くださいませ。


今日もポチッとお願い申し上げまする。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月30日に更新しました。昨日は勘三郎の「忠臣蔵」総集編4部4時間通して観てしまいました。え、掃除?☆
by Mtonosama | 2012-12-30 07:01 | 映画 | Comments(12)
2012 BEST 10 OF
殿様の試写室  

-1-

f0165567_5104425.jpg

今年もまたベスト10の季節がやってきてしまいました。
風邪をひいたまま、片付けも年賀状も何も手をつけてないのに――

2012年という年に、もうちょっと長居していただきたい気分です。
でも、2013年という年がもしかしたら、良い年である可能性もあるので、
お迎えの準備はできていませんが、2013年様、どうぞお越しくださいませ。

さ、今年も例年のように、
ただ印象に残った作品というきわめてあいまいな基準で選んだ10作品を
ご紹介させていただきます。
おつきあいいただければ幸いです。

う~ん、しかし、迷うなぁ。



10位 ニーチェの馬
The Turin Horse

f0165567_5122747.jpg

ひたすら暗い映画でした。
タル・ベーラ監督の最後の作品です。
最後といっても亡くなったわけではありません。
「これからは若い人に場所を譲る」と語ったのだそうです。
でも、まだ57歳。150歳のとのと比べたら鼻垂れ小僧ですのに。

つややかな黒と限りなく白に近い灰色との対比。
これだけ多くを語るモノクロの画面はタル・ベーラ監督ならではのもの。
脳裏に刻み込まれたままいつまでも消えない永遠とも思われる長回しのシーン。
映画は娯楽作品であるだけではないということを教えてくれた監督であり、作品でした。

当試写室にて1月上映
http://mtonosama.exblog.jp/17127179/
http://mtonosama.exblog.jp/17138686/




9位 阿賀に生きる

f0165567_5134376.jpg

新潟水俣病を記録したドキュメンタリー映画。
でありながら、阿賀野川に水銀を垂れ流した企業を声高に訴えることはなく、
ただただ静かに美しい阿賀野川と被害者の老人たちを記録した作品です。
こういうドキュメンタリーもある、
こういう運動のしかたもある、
いろんなことを教えてくれる映画。
20年前の作品ですが、困難な時代に生きる私たちの目にこびりついたうろこを
丁寧にはぎおとしてくれる作品でした。

当試写室にて11月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/18158241/
http://mtonosama.exblog.jp/18168707/




8位 思秋期
Tyrannosaur

f0165567_5152023.jpg

観終わった後、暗い気持になりました。
でも、その後、なんだかじわーっと浸みこんでくるんです。
主人公たちとお年頃が近いからでしょうか。
いえ、とのは150歳でした。お年のせいではないと思います。

人生って甘くないです。
どんなに幸せそうに見える人だって絶対になにか問題を抱えています。
そんな当たり前のことを語りつつ、
だけど、つらいことばかりでもないからね、
ということも耳許にそっとささやいてくれるような映画でした。

当試写室にて10月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/18062059/
http://mtonosama.exblog.jp/18071991/




7位 プリピャチ
PRIPYAT

f0165567_5165875.jpg

プリピャチというのはチェルノブイリから4km離れた地点にある町です。
事故の前は原発職員たちがここに住んでいました。今は誰も住んでいません。
去年までならこういう映画を観たらただカリカリしていただけかもしれません。
でも、今は私たちも同じ状況下にいます。
義憤のようなものでカリカリしているだけでは済まされません。
安全が保証されたら再稼働?原発新設もありうる?
冗談ではありません。
選挙に勝って浮かれている政治家の皆さま。
「プリピャチ」と「100,000年後の安全」を是非観てください。
選挙結果に意気消沈している方も、もう一度観てNo Nuke!の意志を確かめあいましょう。

当試写室にて2月に上映
http://mtonosama.exblog.jp/17244517/
http://mtonosama.exblog.jp/17256592/


6位から4位までは明日お伝えします。


今日もポチッとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月29日に更新しました。押し迫ってきましたね☆
by Mtonosama | 2012-12-29 05:26 | 映画 | Comments(4)