ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:2013 BEST 10 ( 1 ) タグの人気記事

2013 BEST 10 OF
殿様の試写室  
-2-

f0165567_639312.jpg

早起きしか能のないとのです。
ああ、夜明けの赤がわたしを呼んでいる・・・
などと能天気なことを口走りつつ、本日は6位から4位まで発表します。
では、6位。行きます。


6位 クロワッサンで朝食を
Une Estonienne à Paris

f0165567_6402119.jpg

これも良い映画だったなぁ。
本当は順位なんてつけたくないんですけど。

85歳の大女優ジャンヌ・モローが演じるお金持ちで孤独なエストニア出身の老女が
母を看取り、憧れのパリへ家政婦としてやってきたエストニアの中年女性と心を通わせる佳品。
ぱりぱりのクロワッサン、地元の人が愛するカフェ。
いいなぁ、ヨーロッパ街歩き。
しみじみと沁みてくる作品です。

当試写室では7月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/19974699/
http://mtonosama.exblog.jp/19993591/



5位 嘆きのピエタ
피에타

f0165567_6431671.jpg

韓国にはこの人ありです。
キム・ギドク監督。
牧師をめざしたことがあるにもかかわわらず、
作品の随所に現れる暴力的なシーンには当惑させられます。
しかし、ハタと気づきました。
神さまって愛と力から成り立っているのですね。
愛が前面にあるとき、暴力は愛に吸い込まれ、
暴力が前面に出たとき、愛はその影に呑み込まれる――
宗教の二律背反性とでもいったらいいのでしょうか。
深く、痛く、強く、沁みる映画です。

当試写室では6月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/19794903/
http://mtonosama.exblog.jp/19818003/



4位 天使の分け前
THE ANGELS’ SHARE

f0165567_6453878.jpg

英国の良心、ケン・ローチ監督作品です。
これも良い映画でした。
意気消沈して家でひっくりかえってテレビを観てる時、もし、これが放映されたら
絶対しあわせな気分になれることを、わたしが保証します。エヘン。

スコットランドが舞台で、スコッチウィスキーが準主役。
社会派ケン・ローチ監督らしく英国の若年者層の失業問題を主旋律として奏でながら、
深刻にならず、軽やかに、希望に満ちた作品に仕上げてくれています。

当試写室では4月に上映しました。
http://mtonosama.exblog.jp/19187590/
http://mtonosama.exblog.jp/19205432/


明日はベスト3の発表です。
さあ、どんな結果が出ますでしょうか。
乞うご期待でございます!



お正月の準備もしないでベスト10やってるとのに愛のポチッをお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2013年12月28日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆
by Mtonosama | 2013-12-28 06:58 | 映画 | Comments(2)