ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:3.11後を生きる ( 1 ) タグの人気記事

3.11後を生きる -1-

f0165567_63196.jpg


もうすぐ3回目の3月11日がやってきます。

あの日、黒い厖大な水がすべてを呑み込んでいく映像に声を失いました。
テレビからはお笑い番組も、ドラマも消え、CMはACジャパンの同じフレーズばかりが流れ、
計画停電が実施され、歌舞音曲はなく、居酒屋も食べ物屋さんも閑散とし、一億総自粛状態でした。

福島原発ではメルトダウンが起こり、住民が家を去り、いまだ避難生活を続けています・・・・・

という状況をもはや忘れかけてはいなかったでしょうか。

「3.11後を生きる」というタイトルに、少しひいている自分がいました。
いけない、絶対こんなことじゃいけない。
あの黒い水に息をのみ、人々の無事を祈り、被災者の言葉に涙を流したこと、
生活を変えなくてはこの国は終わると思ったあの日のことを絶対に忘れてはいけなかった――

「3.11後を生きる」。東北地方在住者ではなく、心の弱いわたしは時が経つにつれ、
記憶も気持もあの日から少しずつ遠くなっていました。
しかし、あの日、あの黒い水を経験し、家族を亡くした人は忘れることなどできません。
家族全員を亡くし、孫を、息子を、娘を亡くした人は自分を責め、
その心とどう折り合いをつければいいのか悩み、
時を経るごとに、悲しみは胸の内に深く沈み、積もっていきます。

本作は2011年3月11日から半年後、中田秀夫監督が岩手に入り、
カメラを向け、被災者の声を聞いたドキュメンタリー映画です。

え?中田秀夫って、あの中田秀夫?
「リング」や「仄暗い水の底から」とかのホラー映画の中田秀夫監督?

はい、あの中田秀夫監督です。

f0165567_6195789.jpg

中田秀夫
1961年、岡山県生まれ。1985年ににっかつ撮影所に入社。
1992年に「本当にあった怖い話」で監督デビューし、同年文化庁芸術家在外研修員として渡英。
帰国後、「女優霊」(‘96)を監督。
1998年に発表した「リング」が大ヒット。黒沢清や清水崇と並びJホラーを代表。
「リング」はアメリカでリメイクもされた。
2003年「ラストシーン」で芸術選奨新人賞受賞。
「リング」の続編「ザ・リング2」ではハリウッドデビューを果たす。
その体験をまとめたのが「ハリウッド監督学入門」(‘09)である。http://mtonosama.exblog.jp/10566296/
「仄暗い水の底から」(‘02)も「ダーク・ウォーター」(‘05)としてリメイクされている。

その中田監督がなぜ「3.11後を生きる」を?とお思いですよね。
さあ、どうしてなのでしょう?続きは次回で。




2月23日(土)13時より上映終了後トークショーが決定しました。
南直哉(恐山菩提寺院代)、宮崎哲弥(評論家)

3/2(土)11:50~の上映後トークイベント
永瀬正敏(俳優)×五十嵐康裕(出演)×中田秀夫(監督)によるトークショーが決定


今日もポチッとお願い申し上げます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆2月15日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

3.11後を生きる
製作・監督/中田秀夫、撮影/さのてつろう、編集/高橋伸之、山中貴夫、録音/三澤武徳、整音/柿澤潔、効果音/柴崎憲治、映像提供/富間根信、金崎千代美、機材協力/宝塚大学、ポストプロダクション/映広、音楽/川井憲次、助監督/宮崎紀彦、多久間知宏、制作協力/株式会社ツインズジャパン、プロデューサー/中田秀夫、下田敦行
インタビューに応えてくださった方
佐々木清、佐々木マリ子、大萱生知明、家子和男、三浦恵美子、加藤昭仁、五十嵐康裕、小野寺浩詩、長沼靖治、佐藤啓子、休石実、堀合徹、永沼靖浩、富間根信、金崎千代美、
岩手県の皆様
2月23日(土)~3月8日(金)オーディトリウム渋谷にてロードショー
2012年、85分、カラー、配給/エネサイ http://wake-of-311.net/

by Mtonosama | 2013-02-15 06:15 | 映画 | Comments(6)