ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ドッグマン

--

DOGMAN


f0165567_06314407.jpg

(C)2018 Archimede srl - LePacte sas



誰だって日々の暮らしが

このまま続いていくものと思っているし、

それを望んでいます。


その昔

「日常性から脱却しなければ――」などと

恥ずかしげもなく口にしたのは

日常の中で生きる安らぎを

軽んじていたからでありましょう。

若さとは傲慢なものであります。


が、しかし、

150歳ともなると

安らぎの内に朝を迎え、

安堵感を持って眠りにつくことこそ

何より有難いことだと身に沁みます。


マルチェロだってそうです。

小さいながらも地元の人の信用を勝ち得た

ドッグトリミングサロンを経営し、

近所の友人達とランチを楽しむ・・・

そんな日常が続く筈でした。



ストーリー

怖ろしい勢いで吠える猛犬でも

自分の顔より大きな顔を持った犬でも

優しく声をかけながら

体を洗い、ケアするマルチェロ。

犬を愛する彼にとって

ドッグサロンの仕事は天職だ。


妻とは別れたが、

最愛の一人娘とはいつでも会えるし、

地元の仲間たちと食事やサッカーを楽しむ

マルチェロは幸せに暮らしていた。


ただ、シモーネという友人は

気がかりな存在ではあったが。


シモーネが空き巣に入る時、

強引に車の運転手をさせられたり、

彼のためにコカインを買わされたり・・・

気の弱いマルチェロは

シモーネに利用され、支配される関係から

どうしても抜けられずにいた。


思い通りにならないと

すぐに暴力をふるうシモーネ。

彼は仲間の間でも問題になり、

殺し屋を雇って殺してもらおう

という話まで出ていた。


数日後、シモーネは何者かに撃たれる。

たまたま一緒にいたマルチェロは

彼の母親の家まで運んでやった。

そして、シモーネに命じられるまま

犬の治療の心得を活かして

彼に手当てを施すのだった。


傷が癒えたシモーネが店に来た。

サロンの壁をぶち抜いて隣の貴金属屋へ

強盗に入ろうと持ちかけてきたのだ。

貴金属店々主のフランコと親しいマルチェロは

今回ばかりはきっぱり断った。

だが、シモーネに首を締めあげられ、

鍵を渡せと迫られたら、

黙って従うしかなかった。


翌朝、出勤すると店の周囲には警官が。

マルチェロは警察に連行されるが、

警官にはシモーネの仕業と判っていた。


警官からシモーネを犯人と証言する書類に

サインをすれば帰してやると言われながら

なぜか拒否してしまうマルチェロは

単独犯として有罪となり服役することに。


1年後、出所してきたマルチェロを罵る

かつての仲間達。

仲間に嫌われ、娘とも会えなくなった彼は

シモーネを訪れ、

分け前を渡すよう要求するが、

逆にひどく痛めつけられるのだった。


そして……


f0165567_05390226.jpg


マルチェロより大きな顔の犬が

鼻の下のタプンタプン(唇?)を

揺らしながら

彼になついてくるし、

彼の飼い犬もいつも寄り添っています。

犬たちがなかなか良い雰囲気なので

管理人もほんわかとした気分で

観ていました。


ところが――

そんな穏やかな日々を送っていたマルチェロが

落ち込んだ大きな穴・・・


それがシモーネでした。


観ていて「え~、なんで嫌って言わないの?」

と思うのだけれど、

異常ともいえるシモーネの暴力性に曝される

マルチェロにとっては

嫌とはとても言えないのでしょう。


無力で小心で体も小さいマルチェロが

言いなりになってしまうのも

分かる気もしないではありません。


異常な暴力性の前では

人間って委縮してしまいます。

パワハラの怖さってこれですよね。


う~ん、これってある種のホラーです。

ラストも怖いけれど、

異常な暴力性に圧し潰されたマルチェロの

壊れていく様子がじわじわと迫ります。


パゾリーニ監督の『豚小屋』の

恐怖を髣髴とさせます。


イタリア映画の奥深さを観ました。


f0165567_06340193.jpg


今日もポチッとお願いします♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆8月15日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


ドッグマン

監督/マルチェロ・ガローネ、原案・脚本/ウーゴ・キーティ、マッシモ・ガウディオソ、マッテオ・ガローネ、撮影/ニコライ・ブルエル、製作/マッテオ・ガローネ、ジャン・ラバディ、ジェレミー・トーマス、パオロ・デル・ブロッコ

出演

マルチェロ/マルチェロ・フォンテ、シモーネ/エドゥアルド・ペッシェ、ヌンツィオ・スキャーノ/シモーネの母親、アダモ・ディオニージ/フランコ、フランチェスコ・アクアローリ/フランチェスコ、アリダ・ダルダリ・カラブリア/アリダ、ジャンルカ・ゴビ/料理屋の主人

823()ヒューマントラスト・シネマ渋谷、Kino cinema立川高島屋s.c.館、Kino cinema横浜みなとみらい他にてロードショー

2018年、イタリア=フランス、カラー、103分、字幕翻訳/石井美智子、配給/キノフィルムズ、木下グループ





# by Mtonosama | 2019-08-15 06:38 | 映画 | Comments(6)

ドッグマン

--

DOGMAN



f0165567_05390226.jpg

(C)2018 Archimede srl - LePacte sas


海外旅行は好きですし、

いつも行きたいなぁと思っています。

もっとも最近は

9時間も10時間も飛行機に乗ることに

耐えられないので、

もう何年も行っていません。

元気も金もない150歳です。


とはいえ、

200歳になる前に

もう一度ヨーロッパへ行きたいですわ。


ですが、本作『ドッグマン』に登場する

イタリアの海辺の町。

この町といったら

寂れているだけでは物足りないのか、

さらに禍々しさすら感じさせます。


f0165567_05400405.jpg

さすがに

敢えて訪れたいとは思いません。

あ、上映前にこんなことを

言ってはいけませんねぇ。


1980年代の終りに、

イタリアで実際にあった事件を題材にして

12年前に本作の脚本を書き始めたのは

マッテオ・ガローネ監督。


2008年『ゴモラ』で

ゴールデン・グローブ賞、

英国アカデミー賞、

セザール賞の外国語映画賞にノミネートされ、

イタリアのアカデミー賞にあたる

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞

7部門を受賞。

さらに、ヒューマンドラマ『リアリティ』(12)

でも同賞3部門を受賞し、

この両作品でカンヌ国際映画祭の

審査員特別グランプリに二度

輝いたすごい監督です。


f0165567_05413277.jpg


マッテオ・ガローネ監督

1968年、ローマ生まれ。

カメラマン助手として働いた後、

1996年、短編映画『Silhouette』で受賞。

1997年、長編映画デビュー作

Terra di Mezzo』を

自身の制作会社で製作。

トリノ映画祭で

審査員特別賞とCipputi賞を受賞。

1998年にはドキュメンタリー映画

Oreste Pipolo,aWedding Photographer

をナポリで撮影した他、

長編映画2作目『Ospiti』が

ヴェネチア映画祭で上映される。

長編映画3作目

Estate Romana(RomanSummer,2000)』も

ヴェネチア映画祭で上映される。

2002年、『剥製師』が

55回カンヌ国際映画祭の監督週間で上映。

ダヴィッド・ディ・ドナテーロ賞の

脚本賞と助演女優賞を受賞。

フェリーニ賞のプロデューサー賞、撮影賞、

プロダクションデザイン賞、配給賞を受け、

パゾリーニ賞では審査員特別賞を受賞。


いやいや、往年の巨匠たちの賞を受けるなど、

まさにイタリア映画界注目の鬼才であります。


そうですねぇ。

管理人は本作を観て

昔観たパゾリーニの映画を思い出しました。


イタリアのような歴史のある国は

何かの拍子に地層深くに押し込められていた

血塗られた情念のようなものが

パゾリーニや

マッテオ・ガローネのような鬼才に

憑依して飛び出してくるのでしょうか。



主人公は寂れた海辺の町で

ドッグマンという犬のトリミングサロンを

営むマルチェロという貧相な男。


小さな店で大好きな犬の世話をしながら、

別れた妻と暮らす娘と時々会うのを

楽しみにしている男です。

仲間と食事をし、サッカーに興じてさえ

いられれば幸せだという温厚なマルチェロ。


マルチェロよりも巨大な犬、

吠えまくる凶暴な犬、

どんな犬もマルチェロの手にかかれば

気持ち良さげに身を委ね、毛を刈らせます。


さあ、こんなに小心者で気の良いマルチェロに

いったい何が起こるというのでしょう。

続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いします♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆8月12日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


ドッグマン

監督/マルチェロ・ガローネ、原案・脚本/ウーゴ・キーティ、マッシモ・ガウディオソ、マッテオ・ガローネ、撮影/ニコライ・ブルエル、製作/マッテオ・ガローネ、ジャン・ラバディ、ジェレミー・トーマス、パオロ・デル・ブロッコ

出演

マルチェロ/マルチェロ・フォンテ、シモーネ/エドゥアルド・ペッシェ、ヌンツィオ・スキャーノ/シモーネの母親、アダモ・ディオニージ/フランコ、フランチェスコ・アクアローリ/フランチェスコ、アリダ・ダルダリ・カラブリア/アリダ、ジャンルカ・ゴビ/料理屋の主人

823()ヒューマントラスト・シネマ渋谷、Kino cinema立川高島屋s.c.館、Kino cinema横浜みなとみらい他にてロードショー

2018年、イタリア=フランス、カラー、103分、字幕翻訳/石井美智子、配給/キノフィルムズ、木下グループ



# by Mtonosama | 2019-08-12 05:46 | 映画 | Comments(6)

カーマイン・ストリート・ギター


-2-


CARMINE STREET GUITARS


f0165567_05144654.jpg

(C)MMXVIII Sphinx Productions.


さて、この素敵な

手作りギター・ドキュメンタリーの

監督はロン・マン。


柔軟な姿勢でドキュメンタリー映画に

取り組む彼はこう語ります。


「この映画ができたのは

ジム・ジャームッシュのお蔭です。

彼は私にリック・ケリーと

カーマイン・ストリート・ギターを

紹介してくれました。

私は音の良いギターだけでなく

独特な空気が漂うユニークなこの店と

リックの哲学に魅了されました。

そして、

そのすべてが消え去ってしまう前に

カメラに収めておかなければならないと

感じるに至りました・・・」


ジム・ジャームッシュは

本作の立役者だったんですね。


そもそもニューヨークの

取り壊された建物たちの廃材と

ケリーを結び付けたのも、

カーマイン・ストリート・ギターと

ロン・マン監督を結び付けたのも

彼ですから。


カーマイン・ストリート・ギターの朝は

リックの母親ドロシーの

店内のはたき掛けから始まります。

見習いギター職人シンディも

ウッドバーニングを施したギターを撮影し、

インスタグラムにアップ。


そして、

店にはお客のギタリストたちが

やってきます。


リックと会話し、

ギターを弾き、あるいは購入し、

修理を依頼します。


ヒップホップグループのザ・ルーツに

キャプテン・カークのステージ・ネームで

参加するカーク・ダグラス。


f0165567_05161945.jpg


彼も弾きます。


みんなここではギター好きな

男の子、女の子に戻ってしまいます。


f0165567_05171743.jpg


現代ミュージック・シーンの重鎮

ビル・フリーゼルもこの店で

ギターを弾く時はただの少年です。


68日から10日まで

ビル・フリーゼル・トリオで来日した彼。

ここで弾いているのは

ビーチボーイズの

”サーファーガール“です。

少年の顔になってますよね。



f0165567_05183241.jpg


彼女はエレノア・フリードバーガー。

ブルックリンの兄妹ポップ・デュオ

ザ・ファイアリー・ファーナセスで

活動しています。


本作で演奏しているのは

自身のソロ・アルバム“Personal Record”(13)

から“I Am the Past”



f0165567_05195487.jpg


おっと、チャーリー・セクストンも

お客さんです。


1985年に17歳でデビューした

元祖”アイドル“ギタリスト。


当時はジミヘンの再来とも言われました。

現在はボブ・ディラン・バンド所属。

2018年にはフジロックで来日。


『テルマ&ルイーズ』(91)では

酒場のシーンで演奏し、

6才のボクが大人になるまで。』(14

にはバンドマン役で出演。

イーサン・ホークの監督した

Blaze』(18)にも出演。

ふたりでレーベルを立ち上げています。


みな楽しそうに

ギターを演奏しているんですよね。


本作には登場していませんが、

ボブ・ディランも、ルー・リードも

パティ・スミスも

リックのギターを愛用しています。


ギタリストたちが子どもの頃

眼にしたはずの懐かしい建物が

ギターとしてよみがえるのって

彼らならずとも心が温かくなってきます。


古いものを

形を変えて残していくという考えは好きです。


監督の言うように

そのすべてが消え去ってしまう前に……



今日もポチッとお願いします♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆8月9日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


カーマイン・ストリート・ギター

監督・製作/ロン・マン、プロデューサー/カーター・ローガン、ミシェル・ハーシュ、脚本/レン・ブラム、編集/ロバート・ケネディ、音楽/ザ・セイディース、撮影/ジョン・M・トラン、ベッキー・パーソンズ

出演

リック・ケリー、シンディ・ヒュレッジ、ドロシー・ケリー、エスター・バリント、クリスティン・ブジー(バハマス)、ネルス・クライン(ウィルコ)、カーク・ダグラス(ザ・ルーツ)、エレノア・フリードバーカー、ビル・フリゼール、ダラス・グッド(ザ・セイディース)、トラヴィス・グッド(ザ・セイディース)、デイブ・ヒル、ジェイミー・ヒンズ(ザ・キルズ)、スチュアート・ハウッド、ジム・ジャームッシュ(スクワール)、レニー・ケイ(パティ・スミス・バンド)、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン(ボブ・ディラン・バンド)

810()新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

2018年、カナダ、80分、配給/ビターズ・エンド






# by Mtonosama | 2019-08-09 06:37 | 映画 | Comments(8)

カーマイン・ストリート・ギター

-1-

CARMINE STREET GUITARS


f0165567_06370641.jpg

(C)MMXVIII Sphinx Productions.


またまた

ニューヨークが舞台の

ドキュメンタリー映画です。


一度も行ったことはないのだけど、

こんなにしょっちゅう映画で観てると

実際に行っても

あっちの路地、こっちの通りへと

ドンドン行けてしまいそうです。


今回、訪れるのは

グリニッジ・ヴィレッジの

小さなギター・ショップ。


f0165567_06391684.jpg


その店の店員はパソコンも携帯も使わない

ギター職人のリック・ケリーと

パンクな装いの見習い職人シンディ

そして、リックの母親ドロシーの3人。


小さなこの店のルールは

ニューヨークの古い建物――

そう、例えば『ウェストサイドストーリー』

に出てきたような建物や

街の名物店を取り壊した廃材を

材料にしてギターを作ること。


f0165567_06410117.jpg


チェルシーホテル、

街で最古のバー・マクソリーズ。

ニューヨーカーたちが長年愛し、親しんできた

建物や店が解体されると聞くと

リックは現場から廃材を持ち帰り、

それをギターとして蘇らせます。


リック・ケリー

ニューヨーク州南東部

ロング・アイランド育ち。

幼い頃から木材職人の祖父の仕事を

見て育ったリックは木材に魅せられ

ギター職人の道へ。


大学では彫刻を学ぶ。

在学中から古材を集めてはギターを作ったが、

自分が木で作ったギターの方が

機械生産されたものより

音に深みがあり、よく響くことに気づく。


1970年代後半グリニッジ・ヴィレッジに

ギターショップを出し、

90年には通りに面した店舗、

現在のカーマイン・ストリート・ギター

へ引っ越す。


f0165567_06422151.jpg


ケリーと廃材とを結びつけたのは

なんとジム・ジャームッシュ。


ケリーにギターを作ってもらおうと

自宅の屋根裏の木材を持ってきた

ジャームッシュとの出会いが

200年前、都市建設のために

伐り出された材木と

ケリーを結び付けたんですねぇ。


2世紀の間ニューヨークを支えてきた材木を

再利用するため、

ケリーはレオ・フェンダーの

テレキャスターのデザインをモデルに

エレキギターを作り始めました。


フェンダーって、

あのフェンダーです。


どんなギターとも違うリックのギター。

ギターのひとつひとつに

ニューヨークの歴史と物語が宿っています。



映画は初夏のグリニッジ・ヴィレッジの

小さな店カーマイン・ストリート・ギターの

1週間とギタリストたちを描き出しますよ。


さあ、音楽ファンならずとも

“ニューヨークの骨”から生まれた

ギターの物語は

心惹かれるものに違いありません。


この続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いします♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆8月6日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡



カーマイン・ストリート・ギター

監督・製作/ロン・マン、プロデューサー/カーター・ローガン、ミシェル・ハーシュ、脚本/レン・ブラム、編集/ロバート・ケネディ、音楽/ザ・セイディース、撮影/ジョン・M・トラン、ベッキー・パーソンズ

出演

リック・ケリー、シンディ・ヒュレッジ、ドロシー・ケリー、エスター・バリント、クリスティン・ブジー(バハマス)、ネルス・クライン(ウィルコ)、カーク・ダグラス(ザ・ルーツ)、エレノア・フリードバーカー、ビル・フリゼール、ダラス・グッド(ザ・セイディース)、トラヴィス・グッド(ザ・セイディース)、デイブ・ヒル、ジェイミー・ヒンズ(ザ・キルズ)、スチュアート・ハウッド、ジム・ジャームッシュ(スクワール)、レニー・ケイ(パティ・スミス・バンド)、マーク・リーボウ、チャーリー・セクストン(ボブ・ディラン・バンド)

810()新宿シネマカリテ、シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

2018年、カナダ、80分、配給/ビターズ・エンド




# by Mtonosama | 2019-08-06 06:51 | 映画 | Comments(5)

三毛猫ひかちゃん

-86-


あたし、ひかちゃん。


f0165567_08321250.jpg

暑いわね。

いやになっちゃうわ。

今日もいつものようにパソコンの横で

飼い主の仕事を手伝っていたんだけど

もう暑くて退散よ。



f0165567_08332821.jpg

いまごろは海の家もいっぱいだわね。きっと。

暑くなってからは、

あたしんちの近くの駅も海水浴客で満員よ。


あ、あたしのおうちは海に近いってこと、

知ってるわよね。


f0165567_08345502.jpg


♪誰もいない海

知らん顔してひとがゆきすぎても♪


あら、ごめんなさい。

飼い主ったら

昨日カラオケに行ってたものだから

つい、あたしまで歌ってしまったわ。


これは少し前の

江ノ島だから

まだほとんど人はいないわね。


っていうか、飼い主は朝が早過ぎて

まだお客さんの来る時間じゃないの。


最近はあまりに暑すぎて

海に行く気になれないって言ってるのよ。


f0165567_08362202.jpg


ま、あたしもお顔隠して就寝タイム。



f0165567_08374015.jpg


硝子の上は涼しくていいけど、

あたしにはやっぱり敷物が必要なの。

いろんな紙が散らばっているテーブルは

良い塩梅よ。


f0165567_08390657.jpg

ちょっと前の写真ばかりでごめんなさい。

たまには都会の写真も紹介するわね。

京橋のど真ん中なのに、

緑が多くて気持ちが良い場所なんだって。

案外こんなところに

タヌキなんかもいたりするかしら。


f0165567_08404288.jpg


私は今さら

タヌキさんに会いたいとは思わないから

白猫さんの後ろで休ませてもらうわ。

皆さんも熱中症に気をつけてね。


ひかり



今日もポチッとよろしくね。

ひか♪

↓↓↓↓↓

☆8月3日に更新しました。
いつも応援して下さってありがとうございます。
飼い主

# by Mtonosama | 2019-08-03 08:46 | 映画 | Comments(8)