ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

新聞記者


--


f0165567_06322187.jpg

©『新聞記者』フィルムパートナーズ



429日、望月記者の講演を

聴いてきた管理人。

ちょっとその内容をご紹介しますね。


20168月末、官邸報道室の

「望月の質問だけは制限したい」

という声を受け、

質問制限や妨害が始まったそうです。

昨年12月、沖縄関連の質問が始まって以降

同記者への妨害がさらに悪化。


記者クラブには望月記者や他の記者に

精神的な圧力をかけ、質問を委縮させるような

貼りだしも行われているとか。


さあ、どんなお話なのでしょうか。




ストーリー

文科省元トップによる

女性スキャンダルが発覚した。

彼は官邸からの圧力で

辞任を余儀なくされたと言われている人物だ。


マスコミは勢い込んで疑惑を報道。

だが、彼の社会的信用を貶めるその情報が

果たして真実なのか。

裏取りも検証も行われはしない。


東都新聞社会部の記者・吉岡エリカは

そんな状況に危機感を覚えつつ、

ニュースを追う日々を送っている。



ある夜、社会部に

「医療系大学新設」に関する極秘公文書が

匿名ファックスで送られてきた。

内部リークか、それとも、誤報誘発の罠か――

上司の陣野から書類を託された吉岡は

調査を開始する。


内閣情報調査室で働く杉原拓海は

外務省から内閣府に出向したエリート官僚。

その信念は国民に尽くすということだ。


だが、彼に課せられた任務は

現政権を維持するための世論コントロール。


文科省元トップのスキャンダルを捏造し、

マスコミやネットを通じて情報を拡散したのも

実は内閣情報調査室だった。


上司の多田内閣参事官は職務のためには

民間人を陥れることなど意に介さない。

もうすぐ子どもが生まれる杉原は

強い疑問を抱きながらも指示をこなしていた。


妻の出産が迫ったある日

杉原は久しぶりに

外務省時代の上司・神崎から誘われる。

新人の杉原に公務員のあり方を

教えてくれた先輩だが、

5年前にある不祥事の責任を

一人で負わされて失脚していた。

楽し気に思い出を語り、酔いつぶれた神崎を

杉原は自宅まで送るのだった。




だが、数日後、

神崎は杉原の携帯に

「俺たちは一体なにを守ってきたのかな」

というメールを送り、

ビルの屋上から投身自殺をしてしまった・・・


一方、取材を続ける中、

神崎に迫っていた吉岡は

その死に衝撃を隠せない。


実は、吉岡の父は

日米両国で活躍したジャーナリストだった。

だが、政府がらみの不正融資について

誤報を流し、責任追及された末、

自死していた。


その経緯に疑いを持つ吉岡は

今も一人で真相を調べている。

実は日本で新聞記者になったのも

それが理由だった。


「神崎こそ情報のリーク元だったのでは?」


吉岡は彼が背負い込んだ重荷についての事実を

知るために、更に取材を続けるのだった。


神崎の死後、杉原もまた

内閣調査室が生前の彼をマークしており、

自分だけが蚊帳の外に

置かれていたことを知る。

神崎は「医療系大学の新設」という

名目のもとで何を強いられていたのか。

神崎が死に追い込まれるリスクを冒してまでも

止めたかったプロジェクトとは一体何か……


f0165567_06351604.jpg


いやあ、のめり込みました。

かつてこんな映画があったでしょうか。


まさに現在進行形の事件を追った映画であり、

権力の恐ろしさに思わず身震いしました。


f0165567_06341745.jpg


映画の中には

文科省元トップのスキャンダルといえば

ああ、あの人か、とピンとくる前川元次官や

元ニューヨークタイムズの支局長で

「メディアがこの時代と充分戦う

体制ができていない」

と発言したマーティン・ファクラー氏、

望月衣塑子記者もどこかに出てくるので

探してくださいね。


「会見は、政府のためでも

メディアのためでもなく

国民の知る権利のために」


映画だからこそできた

ものすごい訴求力です。


国民はボヤっとしていられません。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆6月25日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


新聞記者

監督/藤井道人、原案/望月衣塑子「新聞記者」(角川新書版)、河村光庸、脚本/詩森ろば、高石明彦、藤井道人、企画・製作/河村光庸、エグゼクティヴ・プロデューサー/河村光庸、岡本東郎、撮影/今村圭佑、音楽/岩代太郎

出演

シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也、北村有起哉、田中哲司

628()新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー

2019年、日本、カラー、113



# by Mtonosama | 2019-06-25 06:50 | 映画 | Comments(0)

新聞記者

--


f0165567_04321013.jpg


                ©
『新聞記者』フィルムパートナーズ



先日、三毛猫ひかちゃんが

早々と予告してしまいましたが、

今回、当試写室で上映するのは

『新聞記者』。


東京新聞・望月記者の

ベストセラー「新聞記者」に

インスパイアされ、

企画構想された映画です。


f0165567_04074427.jpg


令和という時代に移ったとはいえ、

官邸をめぐる不祥事や不都合な真実が

雲散霧消したなどということは

もちろん無く、

官邸の横暴、それを忖度する官僚、

そして、それらを見過ごすTV報道、新聞――


f0165567_04094353.jpg


第二次安倍政権の発足以降、

「世界の報道の自由度ランキング」で

(国境なき記者団)

日本は2016年、17年と連続72位。

これはG7各国の中でも最下位です。


忖度は官僚だけに留まらず、

メディアにも及んでいるのか、

と言いたくなるような昨今。


メディア側の忖度、

この場合は自主規制というのでしょうか。

結局

モリカケ問題はうやむやになり、

辺野古移設問題は

沖縄県民の声など耳に入らず、

とばかりに強引に土砂が投入されています。


f0165567_04341840.jpg


そんな時、聞こえてきたのが

望月衣塑子記者の声です。

官邸記者会見で彼女が発する鋭い質問には

驚きました。

まだ、こんなことを言える記者がいたんだ!

と嬉しくなりました。


本作『新聞記者』は

露骨な妨害や中傷にも屈することなく

取材を続ける望月記者の姿勢に

共鳴し、インスパイアされた

完全オリジナル・ストーリーです。


f0165567_04121916.jpg


試写を観終わると、

本作の企画・製作プロデューサー

河村光庸さんが現れ、

「これは現在起こっている政治事件を

まさに現在進行形で描いた史上初の映画です」

と挨拶しました。


いやあ、ドキドキするではありませんか。


私達の目の前にあるニュースに潜む真実を

映画という武器で鋭くえぐり出したのは

新鋭・藤井道人監督。

内閣情報調査室の建物内が映し出されると

妙に画面が灰色でスモーキーな色調になり、

思わず結膜炎が悪化したかと思わせます。


ところが建物の外は冬枯れの永田町。

メリハリの利いたカメラワークで

観客をひきつけてやみません。


いやあ、とんでもない

社会派エンタテインメントの登場です。


f0165567_04150687.jpg


東都新聞社会部の若手記者・吉岡エリカ。

内閣情報調査室(内調)に勤務する

エリート官僚・杉原拓海。


彼らを演じるのは

『サニー 永遠の仲間たち』(11)

『怪しい彼女』(14)で存在感を発揮した

シム・ウンギョン。


映画の中では

日本人を父に持ち、

母は韓国人、

アメリカで育ったというキャラクター。

母は既に亡く、

数年前に父は誤報の責任を負って縊死。

そんな役どころを迫真の表現力で

全編日本語の演技に挑みました。


そして、苦悩する官僚・杉原拓海を演じたのは

『孤狼の血』(18)で新境地を拓いた松坂桃李。

本作でもこれまでのキャラから抜け出し、

一回り大きくなった演技を見せてくれました。


新元号に浮かれ、

覆われた不都合な真実に

目を向けようとしない報道メディア

そして、私たち・・・


そんな中で

「映画こそ自由な表現を!」

と目の前につきつけられた

本格社会派エンタテインメントです。


さあ、一体どんなお話でしょう。

続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆6月22日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


新聞記者

監督/藤井道人、原案/望月衣塑子「新聞記者」(角川新書版)、河村光庸、脚本/詩森ろば、高石明彦、藤井道人、企画・製作/河村光庸、エグゼクティヴ・プロデューサー/河村光庸、岡本東郎、撮影/今村圭佑、音楽/岩代太郎

出演

シム・ウンギョン/吉岡エリカ、松坂桃李/杉原拓海、本田翼/杉原の妻・奈津実、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也/神崎(杉原の外務省時代の上司)、北村有起哉/陣野(吉岡の上司)、田中哲司/多田内閣参事官

628()新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー

2019年、日本、カラー、113



# by Mtonosama | 2019-06-22 04:18 | 映画 | Comments(4)

アマンダと僕

-2-

Amanda


f0165567_05094030.jpg

(C)2018 NORD-OUEST FILMS -ARTE FRANCE CINEMA



災難は突然やってきます。


保育園児たちがきちんと

信号待ちしている歩道に

車が突っ込んできたり…


横断歩道を渡っていたのに、

暴走する車にはねられたり…


スクールバスを待っていたのに

背後から無言で走ってきた男に

包丁で刺されたり…


公園でお弁当を食べているところで

テロ事件に巻き込まれたり――


人はそんな突然の悲劇に

どう対応するのでしょうか。

そして、その後を

どのように生きていくのでしょうか。


f0165567_05151627.jpg


ストーリー

放課後の校舎でひとり待つアマンダ。

叔父のダヴィッドはなかなか迎えに来ない。

ダヴィッドは姉のサンドリーヌに

アマンダの迎えを頼まれている。


ある日、サンドリーヌは

ダヴィッドにウィンブルドン選手権の

チケットを贈った。

3人で行きましょう。一石二鳥でしょ?」

一石二鳥?

姉弟にはロンドンに離れて暮らす母がいた。

20年に父と離婚し、

子どもたちとも別れて暮らす母・アリソン。

彼女に会おうとサンドリーヌは言うのだ・・・


ダヴィッドは彼が管理代行をする

アパートの新しい入居者・レナの部屋へ。

惹かれあう二人。


サンドリーヌは運転免許合格祝いのため、

アマンダを知人に預け、公園へ向かう。

待ち合わせの時間に遅れてしまい、

自転車で公園へ向かうダヴィッド。


その途中、

猛スピードで走る2台のバイクとすれ違った。



公園へ到着し、

姉と約束していた広場へ向かう。

すると、血を流しながら歩く人、

地面に倒れたまま動かない人、

ただならぬ情景が拡がっていた――


その夜、病院を出たダヴィッドは

アマンダの許へ向かう

朝、起きてきたアマンダを散歩に誘い、

ゆっくりと何が起きたかを知らせるのだった。

「ママは死んだんだ・・・」

泣き出したアマンダを抱き寄せるダヴィッド。


公園で事件が起きた時、

サンドリーヌと一緒だったレナ。

彼女も負傷し、入院していた。

退院が決まり、ダヴィッドは迎えにいくが、

今は一人にしてほしいという。


母を失ったアマンダ7歳。

姉を失ったダヴィッド24歳。


二人が下す決断はいかに。

そして、

その将来は?……



交通事故でも、通り魔事件でもなく、

テロによって命を奪われたサンドリーヌ。


これが今のフランスを象徴する

ということではないのでしょうが、

愛する人を失う悲しみに

事故もテロも戦争もありません。


テロであれ、事故であれ、戦争であれ、

いきなり普通の幸福な日常が破壊され、

思いもよらぬ別れに直面した人々は

どうやってその空白に

折り合いをつけていけばいいのでしょうか。


これは若い叔父と幼い姪の

再生の物語です。


パリの夏とウィンブルドンの白球の交差が

未来への希望を感じさせてくれます。


のたうち回るような喪失感の中でも

今日を一生懸命生きれば

明日は良い日になる、

きっと良い日になる、

そんなご褒美があると

教えてくれるような作品でした。


そして

亡くなった人たちも「それでいいんだよ」

と言ってくれているような気がします。




今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆6月19日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


アマンダと僕

監督/ミカエル・アース、製作/ピエール・ギュイヤール、脚本/ミカエル・アース、モード・アムリーヌ、撮影/セバスチャン・ブシュマン

出演

ヴァンサン・ラコスト/ダニエル、イゾール・ミュルトリエ/アマンダ、ステイシー・マーティン/レナ、オフェリア・コルブ/サンドリーヌ、マリアンヌ・バスレー/モード、ジョナタン・コーエン/アクセル、グレタ・スカツキ/アリソン

622日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBIS GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開

2018年、フランス、107分、配給/ビターズ・エンド



# by Mtonosama | 2019-06-19 05:22 | 映画 | Comments(4)

アマンダと僕

-1-

Amanda


f0165567_05234368.jpg

(C)2018 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA



ダヴィッド21歳、アマンダ7歳。


アマンダはダヴィッドの姉サンドリーヌの娘で

母一人子一人の家庭に育っています。

ダヴィッドはアマンダの叔父さん、

つまりアマンダはダヴィッドの姪っ子です。


サンドリーヌは英語教師

ダヴィッドは便利屋業。


この姉と弟は

特に生活に困っている訳ではなく、

特に優秀という訳でもなく、

ま、普通の人たちです。


季節は夏。

舞台はパリ。



ダヴィッドは便利屋業で、

茂った街路樹の枝を払ったり、

アパートの管理人代行もしています。


管理人というのはなかなか時間通りには

終らない仕事ですから、

小学生の姪っ子アマンダを

姉の代わりにお迎えに行くのも

つい遅れがちに。


そうそう、管理人の仕事を通して

素敵な恋人もできたばかり。


でも、顔立ちは整っているものの、

どこかさえないダヴィッドは

下手をすると、7歳のアマンダより

子供っぽく感じられます。


でも、仲良く助け合って生きる

サンドリーヌとダヴィッドとアマンダ。

(あ、一緒に暮らしてはいません)


そんなどこにでもいる人々に

どんなドラマが待ち受けているのでしょう。



31回東京国際映画祭で

審査員満場一致でグランプリと最優秀脚本賞を

受賞した本作。


監督・脚本はミカエル・アース監督。

本作が初の日本での劇場公開作となります。


ミカエル・アース監督

1975年パリに生まれる。

映画学校FEMISに入学する前は

経済学を学んでいた。

友人と数本の短編映画を製作した後、

本格的に監督としての活動を開始。

Charell”(06)

カンヌ映画祭批評家週間に選ばれる。


Memory Lane”(10)

長編デビューを果たし、

ロカルノ国際映画祭で

ワールドプレミア上映された。

『アマンダと僕』(19)は長編3作目。

日本での劇場公開は

『アマンダと僕』が初めて。

グランプリと脚本賞を受賞した

東京国際映画祭では、上映後、

会場が嵐のような拍手に包まれた。


とまあ、こんな監督さんで

日本では初お目見えです。


最近、日本でも悲しい事件があり、

子どもの安全に注目されていますが、

フランスでも子どもの学校への送り迎えは

保護者の大切な仕事です。


ダヴィッドは姪っ子のお迎えも

時間通りにはできないダメおじさん。


アマンダはお友達が皆帰ってしまっても

文句も言わずにダヴィッドを待つ

お利口さんです。

ぷっくりした子どもっぽい体つきですが、

しっかりした女の子。


さて、

そんなダヴィッド叔父さんとアマンダの間に

青天の霹靂のような事件が襲いかかります。


ダヴィッドは姉を失い、

アマンダは母を失ってしまったのです。


普通に暮らしていた家族を襲う

突然の悲劇とそこからの再生。


夏のパリを襲った悲劇の後、

叔父と姪はどんな決断をするのでしょうか。


日本初登場のミカエル・アース監督。

お手並み拝見させてください。


続きは次回まで乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆6月16日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


アマンダと僕

監督/ミカエル・アース、製作/ピエール・ギュイヤール、脚本/ミカエル・アース、モード・アムリーヌ、撮影/セバスチャン・ブシュマン

出演

ヴァンサン・ラコスト/ダニエル、イゾール・ミュルトリエ/アマンダ、ステイシー・マーティン/レナ、オフェリア・コルブ/サンドリーヌ、マリアンヌ・バスレー/モード、ジョナタン・コーエン/アクセル、グレタ・スカツキ/アリソン

622日(土)よりシネスイッチ銀座、YEBIS GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開

2018年、フランス、107分、配給/ビターズ・エンド



# by Mtonosama | 2019-06-16 05:33 | 映画 | Comments(0)

泣くな赤鬼

-2-


f0165567_06022191.jpg

(c)「泣くな赤鬼」製作委員会



タイトルからもわかるように

泣ける映画です。


それに

あの柳楽くん扮する主人公が末期ガンで、

妻や子を残して死んでしまうんです。

泣かずにはいられません。


あ、冒頭からネタバレで申し訳ありません。


いったいどんなストーリーなのでしょう。


f0165567_06030322.jpg


ストーリー

城南工業高校野球部監督の小渕隆。

陽灼けした赤い顔と厳しい指導で

生徒たちから赤鬼と呼ばれ、恐れられていた。


だが、甲子園出場を目の前にしながらも

夢に破れ、10年の歳月が流れた今、

小渕は野球への情熱を失っていた。


ある日、診察を受けた病院で

「よお!赤鬼先生」

と懐かしいあだ名で呼ばれた。


呼びかけたのは金髪にピアス、

派手なシャツを着て、

病院待合室の椅子に大股を開いて座る

かつての教え子・ゴルゴこと斎藤智之だった。


隣の女性を「かみさんだよ」と照れ臭そうに

紹介するところに昔の面影が残る。


赤鬼は帰路につき、

ゴルゴは妻と二人、診察室に。



これが赤鬼とゴルゴとの

10年ぶりの再会だった。


そのゴルゴが末期ガンで

余命半年だと知らされる。


赤鬼の脳裏によみがえる

10年前の記憶――


新人野球部員の自己紹介で

「中学では俊足好打の

三番バッターとして恐れられ、

華麗な守備にも定評がありました。

走攻守、三拍子揃った才能に磨きをかけ、

チームを甲子園に連れていきます!」

と自信たっぷりな宣言をした

1年生の斎藤智之。


斎藤ことゴルゴは

抜群の野球センスと才能を持っていた。

だが、反面、こらえ性がなく、

練習にも不熱心。


そんな彼をなんとかしようと

赤鬼はゴルゴのポジションを

努力家の和田に任せてしまった。


赤鬼の真意を理解できないゴルゴは

「先生、がんばるってどういうことか

わからないよ・・・」


ゴルゴは野球部を去り、

高校も退学してしまったのだ。



厳しくすることでしか、

ゴルゴに向き合うことができなかった・・・


痩せたゴルゴの顔を前に

赤鬼の胸にこみあげる後悔。


無力な自分を責める赤鬼に

「おれ、また野球をやりたいな」

弱った体でつぶやくゴルゴ。


赤鬼はその願いを叶えようと

動き出すのだった……



感動のシーンは映画を観ての

お楽しみなのですが、

堤真一のノックシーンも

高校野球の試合シーンもなかなかなもの。


試合シーンに関しては

東海大相模の投手や彦根東の選手だった俳優や

元高校球児でチームを編成。

また撮影担当の向後光徳さんも

高校球児だったので

リアリティ溢れる画面が生まれました。


さらに映画を盛り上げる

ドスの効いた声の主題歌は竹原ピストル。


汗臭い闘魂や埃っぽさや涙がつきものの

高校野球はちょっと・・・

という人もきっと

「うん、これは良い!」と思う筈。


しかし、柳楽くん

『誰も知らない』の頃から比べると

うんと大人になりました。

ばあちゃんは感無量だよ。


f0165567_06061533.jpg



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓


にほんブログ村

☆6月13日に更新しました。

いつも応援して下さってありがとうございます♡


泣くな赤鬼

監督/兼重 淳、原作/重松清(「せんせい。」所収「泣くな赤鬼」新潮文庫刊)、脚本/上平 満、兼重 淳、撮影/向後光徳、主題歌/竹原ピストル「おーい!おーい!」(ビクターエンタテインメント)

出演

堤真一/小渕先生(赤鬼先生)、柳楽優弥/斎藤智之(ゴルゴ)、竜星 涼/和田圭吾、堀家一希(高校時代のゴルゴ)、武藤潤、佐藤 玲、キムラ緑子、麻生祐未

614()全国ロードショー

2019年、111分、日本、配給/KADOKAWA




# by Mtonosama | 2019-06-13 06:10 | 映画 | Comments(6)