ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

モリのいる場所 -2-


モリのいる場所
-2-

f0165567_451834.jpg

(C)2018「モリのいる場所」製作委員会


「わたしは生きていることが好きだから、
ほかの生きものもみんな好きです」

熊谷守一

ですよねえ。
好きでなければ
猫だってあんな風には描けません。

生きていることが好きだから
97歳まで絵を描いていられたんですよね。

こんな風に歳をとったら幸せだよ
とも教えてくれる画伯です。

ストーリー
昭和天皇が一枚の絵をみつめている。
熊谷守一の作品だ。
そして
「これは何歳の子が描いたのですか?」――

昭和49年の夏の朝。
熊谷家では妻・秀子と姪の美恵が
朝食の支度をしている。
美恵からモリと呼ばれている
守一は歯が無いので
キャンバスばさみで
食べ物を潰して食べる。
ウィンナの汁がピュッと飛ぶ。

食後、モリは杖を持ち、
秀子に「行ってきます」と
声をかける。行先は庭だ。

f0165567_4535085.jpg

草木が生い茂る庭は生き物の宝庫。
モリは午前中ずっと虫たちを
観察して過ごす。

今日も熊谷家には来客が絶えない。
慣れた様子で縁側から入ってきた
画商の荒木と峯村は
勝手にお茶を淹れて飲んでいる。
温泉旅館の主人は
看板に宿の名を揮毫してもらおうと
信州から檜の板を持ってやってくる。
緊張する主人の前で
筆を手にしたモリが書いたのは
宿名ではなく・・・
写真家の藤田が助手を連れて来訪し、
石や虫を観察するモリを
邪魔しないようシャッターを切る。
隣家の主人が色紙を持って現れ、
肉屋のオヤジがモリの好物
ビフテキ用の肉を持ってくる――

みんな集まってカレーうどんを
食べているところに一本の電話。
文化勲章を授与するという電話だ。
モリは「いや、いらん」と一言。

近隣に建築中のマンションのオーナーが
現場監督と共にやってくる。
近所の塀に書かれた
「マンション建築反対」の
スローガンの抗議に来たのだ。
「あの庭は主人のすべてです」と
きっぱりと応える秀子だったが……

f0165567_455413.jpg

これといったストーリーはなく、
入れ替わり立ち代わり
大勢の来客があり、
モリは無視するでも
話し込むでもなく
泰然自若と構えています。
満更イヤではないらしいのですが、
かあちゃんが疲れてしまうのを
心配する優しいモリ。

そんなちょっとドタバタした
熊谷家の一日が
緑濃い庭と外と内の境界のない
昭和の匂いに溢れた家を舞台に
繰り広げられます。

絵を描くシーンは
どこにも出てきません。

f0165567_4572284.jpg

画伯は家族にも油絵を描いている姿を
見せなかったそうです。

「鶴の恩返し」みたいですね。
だから、チャッチャッチャッとなんて
描いてはいなかったのでしょう。

夫婦ともに楽しく一日を
過ごしているだけみたいな映画ですが、
夜になって夫婦でお茶をすすりながら
妻が「うちの子たちは早く死んじゃって」
と呟くシーンがあります。
「なんで姪が熊谷家で家事をしているのかな」
とうっすら感じていた疑問を
解くと同時に
どんな幸せそうな人々も
その内に悲しさを抱えているのだなあ
と改めて思わせるものでした。

東京国立近代美術館で行われていた
大回顧展は終わってしまいましたが、
画伯が45年暮らした住まいの跡地に
建つ熊谷守一美術館や
付知にある熊谷守一つけち記念館に
行きたいなあと思います。



今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪
↓↓↓↓↓

にほんブログ村
☆4月12日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

モリのいる場所
監督・脚本/沖田修一、製作/新井重人、川城和美、片岡尚、鷲見貴彦、宮崎信夫、
佐竹和美、撮影/月永雄太
出演
山崎努、樹木希林、加瀬亮、吉村界人、三石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、
きたろう、林与一、三上博史
5月19日(土)シネスイッチ銀座、ユーロスペース、シネ・リーブル池袋、
イオンシネマ他全国ロードショー
2018年、日本、99分、カラー、配給/日活

by Mtonosama | 2018-04-12 05:10 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2018-04-12 06:16 x
ほーーーーーーーーーーーーーーーーーーーう!

やっぱり「お育ちが良いのだわ」と
思ってしまったすっとこです。

人のアイデンティティは10歳で決まる、
と読んだことがあります。
つまり10歳の時の自己評価が その人を
決定する、と言うのです。

なんか分かる気がする。

でも人は10歳のままでは生きられない。

モリさんは終生「絵の好きな10歳」で
あり続けた稀有な人生であったのでせう。

誰の心にもいる10歳。
すっとこの心にもいる10歳が
殿様の名調子に揺さぶられました❣️
Commented by Mtonosama at 2018-04-12 07:06
♪すっとこさん

前編でもお知らせしたけど、画伯は私の曾祖母、祖父と同郷なんです。
岐阜の出身なんですよ。

「だから?」って言わないでね(^-^;
最近、岐阜や名古屋が話題になっていてすこ~し鼻が高い管理人です。
Commented by Ich at 2018-04-12 13:04 x
お久しぶりです^^ 素敵な記載を読んで観に行きたくなりました。きっと観ます(*^^)v
Commented by との at 2018-04-12 18:15 x

♪ichさん
お久しぶりです😊
熊谷守一、良いですよね。山崎努はまり役だと思いました。
絵を描くシーンはありませんが、アトリエは出てきます。そこに作品が置かれているのですが、絵描きさんが模写したものなのだそうです。その絵描きさん曰く。簡単に模写できると思ったらすごく難しかったんですって。モリはそういう画家なんですね。
回顧展に行けなかったのが残念でなりません😞
Commented by びなちゃん at 2018-04-14 13:28 x
ワタシも行きそびれましたよう。行った友達が猫の一筆箋をお土産にくれました。

そうか模写しにくいのですね。分かるような気がします。

しかし、こういう方って周りのヒトに生かされてるとも思います。巡り合わせかな。
で、地べたに這って、自分を表現するって強いなあ。
また、横になりますが、地べたと言えば、熊田千佳慕さんてご存じですか?絵本作家なんですが精密画のよう。でも彼の世界観がありありと。

そしてまたまた横です。外猫が出産。四匹です。はあ。
Commented by との at 2018-04-14 19:30 x
♪びなちゃんさん

熊田千佳慕画伯、お名前は存じ上げています。優しいタッチの昆虫や植物の精密画を描く方ですよね。日美で見たことがあります。大きなお目々の女の子も描きますよね。
二人とも対象をじっくり観察するのに描き方は正反対。だけど愛があるわあ。

外猫さんに子猫?可愛いでしょうね。親猫はびなちゃんさんに見せてくれますか?
御身いたわりつつお世話してあげてくだされm(_ _)m



Commented by すっとこ at 2018-04-15 08:47 x
・)横ですが

びなちゃんさん!外猫ちゃんが4匹出産!
単に「可愛いね」って済ませられる問題では
ないから♪いとしさと切なさと♪同時の気持ち
ですよね。その子達の行く家が無事に見つかり
ますよう祈っておりまする。
Commented by Mtonosama at 2018-04-15 10:12
♪すっとこさん

確かに可愛いだけではすみませんね。
でも、仔猫はやっぱ可愛い♡

びなちゃんさん、どんな模様の猫なのかな?