ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ


妻よ薔薇のように 

家族はつらいよⅢ

--


f0165567_05335128.jpg

(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」製作委員会


なんのかんのいっても

無条件で笑える娯楽映画っていいですよね。

まして

仕事と家事にふりまわされているのに

感謝も優しい言葉もない夫に

日々むかつく思いを募らせる妻たちの気持ちを

代弁してくれる映画だったら

もう言うことありません。


この日

本作を観る直前に

メガネのレンズが片方外れるという

ハプニングに見舞われた管理人でしたが

全てを忘れて大笑いしました。

さすが、山田洋次監督

さすが山田組常連の俳優さんたちです。


『男はつらいよ』終了から20年を経て

生まれた喜劇映画『家族はつらいよ』も

既に三作目。


第一作では

平田家のおとうさん・橋爪功に

突然つきつけられた妻からの離婚届――

第二作では

運転免許証返上を迫られ

意固地になったおとうさん

故郷広島の同級生・小林稔侍と

40年ぶりに再会して――

そして

本作では

平田家の長男・西田まさ彦の

上から目線の

気遣いのない

居丈高な

にくったらしい

・・・

まだまだ言い足りないけれど

そんな夫の無神経な言葉の数々に

とうとうぶちきれた

よくできた妻・夏川結衣の家出…


熟年離婚、無縁社会をテーマに

騒がせてくれた平田家の

今回の騒動は主婦への讃歌。


またまた平田家の人々が笑わせてくれます。


f0165567_05361464.jpg



熟年離婚の危機を乗り越えたとはいえ

妻・吉行和子への憎まれ口は

相変わらずのおとうさん。


最近では長男も

髪の薄さばかりか口の悪さも

父親に似てきましたよ。


それがよくできた嫁の家出を

ひきおこすことになるんですけどね。


さて、今さらではありますが、

山田洋次監督をご紹介します。


山田洋次監督

1931年大阪生まれ

54年に東京大学法学部を卒業し

同年、助監督として松竹入社

61年『二階の他人』で監督デビュー

69年『男はつらいよ』シリーズ開始

他に代表作として

『家族』(70)『故郷』(72)『同胞』(75)をはじめ

1回日本アカデミー賞最優秀監督賞他

6部門受賞の『幸せの黄色いハンカチ』(77)

『息子』(91)『学校』(93)

藤沢周平原作『たそがれ清兵衛』(02)では

26回日本アカデミー賞15部門をはじめ

日本の映画賞を総なめ、

76回米国アカデミー賞外国語映画部門

ノミネートも果たす

『隠し剣 鬼の爪』(04)

55回ベルリン国際映画祭

コンペティション部門に出品

7回ジンバブエ国際映画祭最優秀作品賞

を受賞

『武士の一分』(05)

『母べえ』(08)

2010年には10年ぶりの現代劇『おとうと』が

60回ベルリン国際映画祭の

クロージング作品として上映され

特別功労賞にあたる

ベルりナーレ・カメラを受賞

13年『東京家族』

https://mtonosama.exblog.jp/18352078/

https://mtonosama.exblog.jp/18360436/

14年『小さいお家』

https://mtonosama.exblog.jp/21281055/

https://mtonosama.exblog.jp/21295285/

64回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞

15年『家族はつらいよ』

17年『家族はつらいよⅡ』

本作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』

86本目の監督作となる


今年87歳となる山田監督

ほぼ歳の数だけ監督しているんですね。

さあ、いったいどんなお話なんでしょう。

続きは次回までお待ちくださいませ。

笑えることは保証します。



妻よ、薔薇のように 家族はつらいよⅢ

監督/山田洋次、脚本/山田洋次、平松恵美子、音楽/久石譲、撮影/近森眞史

出演

橋爪功、吉行和子、西村まさ彦、夏川結衣、中島朋子、林家正蔵、妻夫木聡、蒼井優、小林稔侍、風吹ジュン、立川志らく、笹野高史、笑福亭鶴瓶

525日(金)全国公開

製作・配給/松竹株式会社、http://www.kazoku-tsuraiyo.jp/


by Mtonosama | 2018-05-11 05:39 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2018-05-11 06:48 x
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

殿様には珍しい邦画ですね。

【男はつらいよ】の山田洋次監督が
今度は【家族はつらいよ】なのですね。

これもシリーズとなって
もう3作目ですか。

題名の【妻よ、薔薇のように】って
なんか照れ臭い日本語ですのう。
コメディーだから ま、いっか!

殿様のメガネは災難でしたね❣️
Commented by Mtonosama at 2018-05-11 08:35
♪すっとこさん

『妻よ薔薇のように』笑っちゃうでしょ?
この言葉の秘密は映画を観てのお楽しみなんですけどね。
秘密というほど大げさなものでもないか。
レンズは映画の間メガネにはまっていてくれたけど、
試写を観終えて一歩表に出た途端落っこちてしまいました。
這いつくばって落ちたレンズを探し、裸眼0.06の目で地下鉄に乗り、
メガネ屋さんへ行きました。
あ、直りましたよ。

ところで、本文の字がやたら小さいと思いませんか?
ブログアップの方法が自分の意志とは関係なく変わってしまって
なにかと調子が狂っています。
だいたいさ、バナーも貼り付けられなくなっちゃったしさ。
ブツブツ
Commented by ライスケーキ at 2018-05-11 20:44 x
「男はつらいよ」終わって20年ですか、
信じられませんね。

日々の生活で、
ブチキレる事は多々あれど、
「ドカン(土管)耳」で
過ごしております。

言われた事はスルーです。
でないと やってられません。

そして、外見、中身は薔薇を目指し、
トゲを隠しておりますが、
たまにチクチク
トゲが顔を出すこともあります。

映画の妻は如何に?
Commented by Mtonosama at 2018-05-12 08:44
♪ライスケーキさん

土管耳ね。できればいいんだけど・・・
私はすぐにドッカンです。

久しぶりに大笑いして楽しい映画でした♪