ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

チャーチル ノルマンジーの決断 -2- Churchill


チャーチル

ノルマンジーの決断

-2-


hurchill


f0165567_05474018.jpg

(C)SALON CHURCHILL LIMITED2016



今年3月に公開された

『ウィンストン・チャーチル/

ヒトラーから世界を救った男』。

舞台はダンケルクでした。


それから4年後の19446月。

本作『チャーチル/ノルマンジーの決断』の

舞台はノルマンジーです。


連合国側が推し進める

ノルマンジー上陸作戦を

なんとか阻もうとするチャーチル。


物語は

作戦決行に至る96時間に

設定されています。


さあ、チャーチルの心の奥に迫ってみましょう、



ストーリー

2次世界大戦も終りに近づいた1944年6月。

英国首相チャーチルは

ノルマンジー上陸作戦を阻止しようと

連合国軍最高司令官アイゼンハワーを

説得する言葉の推敲をしていた。


ノルマンジー上陸作戦とは

ナチスドイツが占領している北西ヨーロッパへ

米英連合国軍が侵攻する作戦だ。


f0165567_05550133.jpg

作戦遂行の中心人物である

アイゼンハワーと真っ向から対立する

チャーチルの心の底にあるのは

1次世界大戦の時

彼が計画・遂行した「ガリポリの戦い」で

50万人もの戦死者を出した深い後悔。


f0165567_05520767.jpg


チャーチルは英国王ジョージ6世も

同席する会議で反対意見を述べるが、

アイゼンハワー最高司令官に即刻却下される。


周囲はすべて反対者。

秘書に当たり散らし、

酒量も増えるチャーチル。


弱音を吐く彼を励まし、

真のリーダーとして国民の前に立たせようと

叱咤する愛妻クレメンティーン。


心を許しあえる友でもある

国王ジョージ6世にも反対され、

彼を支え続けてきた

妻クレメンティーンとも心がすれ違う。


194466日午前6

チャーチルの決断は……



f0165567_05495455.jpg


『プライベート・ライアン』(’98)はじめ

数多くの映画に描かれてきた

ノルマンジー上陸作戦。

その激しい戦闘は青い海と砂浜を

真っ赤な血で染めました。


しかし、本作で描かれたのは

抱えきれない大きな責任から酒に逃げ、

妻や秘書に当たり散らし、

1次世界大戦のガリポリの戦いで

下した決断に後悔し、

懊悩する人間チャーチル。


アイゼンハワーら連合国軍司令部との対立。

政治家として軍人として

盛りを過ぎたことを知りながら

それでも歴史に直面しなければならない老人――


良きにつけ悪しきにつけ有名で、

偉人ともいわれるチャーチルの

これまで見たことのない顔が

描き出されました。


ジョナサン・テプリツキー監督は

「歴史に残る最も偉大なイギリス人

ウィンストン・チャーチルの生涯における

最も精神的に不安定な瞬間を

名優ブライアン・コックスの演技に

支えられて完成することができた」

と言っています。


周囲に八つ当たりし、

駄々をこねているとしか言いようのない

チャーチル。


愛妻にして賢婦人でもある

クレメンティーンをも怒らせ

ビンタを張られ、はっとしたような顔。


常識として知っていたノルマンジーと

チャーチルのノルマンジー上陸作戦への思い。


74年も前のできごととなると

歴史というカーテンの裏に

隠されてしまいがち。

しかし、

チャーチルの未知の側面を

描き出すことによって

19446月の96時間を

血が通った人間ドラマとして

再構築した映画です。



チャーチル/ノルマンジーの決断

監督/ジョナサン・デブリツキー、脚本/アレックス・フォン・チュンゼルマン

出演

ブライアン・コックス/ウィンストン・チャーチル、ミランダ・リチャードソン/クレメンティーン・チャーチル、ジョン・スラッテリー/ドワイト・アイゼンハワー、エラ・パーネル/ミス・ギャレット、ジェームス・ピュアフォイ/ジョージ6

818()より有楽町スバル座、新宿武蔵野館他にて全国順次公開

2017年、イギリス、英語、カラー、105

配給/彩プロ、後援/ブリティッシュ・カウンシル、http://churchillnormandy.ayapro.ne.jp/


今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
☆8月19日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます♪

by Mtonosama | 2018-08-19 06:00 | 映画 | Comments(8)
Commented by すっとこ at 2018-08-20 09:37 x
ポチクリして やって来たらば
ぎゃーーーーーーーーーーーーーー!

6月6日午前6時って!!!!!!

「666は魔の数字!
チャーチル VS オーメン ?

オカルト映画ぁあああああああああ⁉️

・・・違いますよね。
チャーチルが重大な決断をした時間。

《Dデー》という言い方は確かこの作戦
から使われ始めた言葉ですよね。

しかし 老いるって。
老いては名馬も駄馬に劣る なのか❣️
或いは年齢が彼にいぶし銀の輝きを与えた⁉️
Commented by との at 2018-08-20 14:05 x
♪すっとこさん

その上、私がアップしたのも午前6時!
こ、これはチャーチルの呪いか😱
Commented by すっとこ at 2018-08-20 17:38 x
・ ・ ・ ・ ・

ぎゃああああああああああああああああああ‼️

Commented by アイスケーキ at 2018-08-20 21:28 x
ぎゃぁあああああ...。

なるほど、
私がイメージしていた
チャーチルとはだいぶ違います。

それにしても、ぎゃあ ですね。
地震など起きなきゃ 良いけど。
次々やって来る
台風も怖い!
Commented by Mtonosama at 2018-08-21 06:10
♪すっとこさん

D-デイ、L-デイ、X-デイ、Y‐デイ・・・
L-デイは沖縄侵攻作戦、
X-デイは1945年11月に予定されていた日本本土侵攻作戦の開始日、
Y-デイは46年3月に予定されていた関東上陸作戦の日だって!
Commented by Mtonosama at 2018-08-21 09:37
♪アイスケーキさん

体型は記憶の中のチャーチルですけどね。

台風ねえ。長靴がいるなぁ。外反母趾でも履ける長靴探さないと(-_-;)
Commented by なえ at 2018-08-21 20:30 x
そっか、チャーチルはオカルト趣味の人間だったのか!?
それならこの映画見てみようかな(こらこら!)。

666と言えば、うちらが思い浮かべるのは、お稽古事始めの「6歳の6月6日」どす。この日に習い事を始めれば上達
るとか。
私もこのころからバレエを習っていたらなあ・・・

6月6日はO-デイにしまひょ。
Commented by Mtonosama at 2018-08-22 05:58
♪なえさん

だから、オカルトじゃないんだって(^-^;

6歳の6月6日ですか。
333で始めるというのもなかったですか?
私は3歳で始めた日本舞踊は1ヶ月でやめさせられ、
バレエは2週間でおしまいだったわあ。
333はダメの日のD-デイだ~い。
あ、D-デイだとノルマンジーの日になってしまうか。