ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

寝ても覚めても -2-

寝ても覚めても

--


f0165567_06051091.jpg

©2018映画「寝ても覚めても」製作委員会/COMME DESCINÉMAS



脳のしわをひとつひとつまさぐっても

管理人の恋愛の記憶は

余りに奥深くしまいこまれていて

なかなか表面に浮かび上がってきては

くれませんが・・・



ストーリー

大阪、牛腸茂雄の写真展会場。

泉谷朝子はその中の双子の姉妹の写真

見入っていた。

会場には鼻歌を歌いながら

写真を見る男の姿が。

帰り道、中学生が鳴らす爆竹の音に

思わず振り返る朝子と男。

その時、目が合い、そのまま恋に落ちる二人。

男の名は鳥居麦。


麦は遠縁である岡崎の家に居候している。

花火に興じる麦、朝子、岡崎、

朝子の親友・春代と岡崎の母・栄子。

花火の途中「パンを買ってくる」と

出かけたまま、朝まで帰ってこない麦。

不安で眠れなかった朝子は

帰ってきた麦に抱きつく。

「俺は何があっても

朝ちゃんのところに帰ってくるよ」

と抱きしめる麦。

だが、半年後

「靴を買いにいく」と家を出たきり

麦はそのまま戻ってこなかった。



2年後、東京。

日本酒メーカーで働く丸子亮平は

最近大阪本社から転勤になったばかり。

会議室を片づけていると

近所の喫茶店から朝子が

珈琲ポットを引き取りにきた。

「麦・・・?」

初めて会った喫茶店の店員から

いきなり声をかけられて驚く亮平。


朝子の勤める喫茶店は亮平のオフィスから

見下ろせる場所にある。

朝、喫茶店の前を通りかかると朝子がいた。

亮平が声をかけようとすると

朝子は逃げるように店の中へ。


ある日、小さな画廊で開かれていた

牛腸茂雄の写真に

ルームメートのマヤと訪れる朝子。

閉館が迫り、入ることができないでいると

通りかかった亮平の機転で

写真展を見ることができた。

その後、お茶を飲む3人だったが、

朝子は突然席を立ち、逃げるように店を出る。

残されたマヤは朝子の非礼を詫びるために

亮平は二人の部屋へ招待するのだった。


運命のいたずらは

麦と同じ顔をした亮平を

朝子と結びつけようとしていた……


f0165567_06080393.jpg


その後、東北大震災が

二人を結びつけることになるのですが、

大阪、東京、東北、再び大阪へ、

という情景の変化が

結びつこうとする心

揺れ動く心

制御できない心

と重なります。


東日本大震災の津波の後に造設された

無機質で高く、風景を断ち切ってしまった堤防。

この場所で朝子は麦と別れます。

津波よりも人間を拒絶するような堤防の光景に

この映画のもうひとつの顔を

見たような気がしました。


恋愛感情を埋め込んでしまった150歳は

本作を震災前と後という見方で観てしまいました。


国が口にする復旧という言葉は

人と人、人と風景を断ち切る

ということだったのかな、

と思えてきました。


あ、映画の本筋とは全然関係ないんですが。



寝ても覚めても

監督/濱口竜介、原作/柴崎友香(「寝ても覚めても」河出文庫刊)、脚本/田中幸子、濱口竜介、撮影/佐々木靖之、音楽/tofubeats

出演

東出昌大/丸子亮平、鳥居麦、唐田えりか/泉谷朝子、瀬戸康史/串橋耕介、山下リオ/鈴木マヤ、伊藤沙莉/島春代、渡辺大知/岡崎信行、仲本工事/平川、田中美佐子/岡崎栄子

91()テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネクイント他ロードショー

2018年、119分、カラー、日本=フランス、日本語、配給/ビターズ・エンド、エレファントハウス


今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪
↓↓↓↓↓
☆9月3日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

by Mtonosama | 2018-09-03 06:11 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2018-09-03 22:18 x
【まずはポチクリ】

うううううううううーーーーーーーーーーーむ!

するってえと

麦って「靴買いに行く」と出てったっきり
それっきりだったのですか?

? ? ? ? ? ⁉️

靴を買いに。

えっと あったな 似たようなのが。
あっ。
「手袋を買いに」 だ。
だからどーした。

アオハルはあまりに遠く。
「恋も色々したけれど
初恋だけは まだだった」ってのがいいな❣️
Commented by Mtonosama at 2018-09-04 05:27
♪すっとこさん

いつもポチクリありがとうございます♡

そうよ、靴を買いにいったっきり・・・
ありそうだからねえ。でも、初恋でこれはきつかろう。
だから、同じ顔の性格の良い男が現れても、「嘘だね」とか思うし、逆に「ち、物足りねーぜ」って思うかも。

「初恋は何度もしたけれど、結婚だけは失敗だった」ってのはいやだな❣
Commented by アイスケーキ at 2018-09-04 19:20 x
「靴を買いに行く。」と言って
帰って来ないって、
どうしちゃったんでしょう。

事故にでもあったのでしょうか。
捜索願は出したんでしょうか。

そちらの方も心配です。

ポチクリ❗️
Commented by なえ at 2018-09-04 20:23 x
はい、ポチクリ!

「靴を買いにいく」と出て行って、帰ってこない。
大体靴を履いて行くのを忘れた。帰り道も分からなくなった。150歳とちゃうって!

横ですが、すっとこさん
そうそう!《姥桜》シリーズ!歌子さんや!
戦後腑抜けになったダンナの代わりに番頭さんと商売を立て直し、早死にしたダンナを回想して「足手まといなヤツやった!」というセリフがおかしくておかしくて!
落ち込んだ時読んだりしたし、また落ち込んでる友達にプレゼントしたりもしましたなあ。また読もうっと!

台風、ハンパやなかったどすえ。子供の頃の台風を思い出しました。暴風野郎が恫喝してきましてな、庭の木々が「ひえ~!」と恐怖に震えてましてん。その最中どこからかベコベコになったトタン板が玄関前に飛んできて、危ないので内側に置いてたら、もう一対も門の前に。それも庭に入れたけど、一体何者か、どこから来たのかも分かりません。靴買いに出て来たんやろか?
Commented by Mtonosama at 2018-09-05 05:59
♪アイスケーキさん

靴を買いに買いに行く?
ふざけるんじゃないよ!
あ、怒っちゃいけない。
でも、あり得ないでしょうよ。
そんな生き方。プンプン。
Commented by Mtonosama at 2018-09-05 06:07
♪なえさん

いやあ、心配してました。
関西地方、えらい被害やないですか!
渡月橋の欄干が内側になぎ倒されてるのをニュースで見て
なえさんのところはどうなんだろうと心配してました。
トタン屋根が飛んできたのはびっくりですが、なえさんや
猫たち、おうちに被害がなくて何よりでした。一夜明けた今日がまた片づけで大変ですね。

靴が飛んできてたら麦くんに送ってあげてください。

佐藤藍子の亭主の悪口と借金返済の顛末を書いた小説も面白くて、溜飲が下がります。自分ちの夫のひとへの悪口雑言にも迫力が増して役に立ちますえ(^-^;