ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

止められるか、俺たちを -2-

止められるか、

俺たちを


--


f0165567_05424876.jpg

©2018若松プロダクション



あの時代、若い女子が一人で映画を観に行くと

必ず怪しげなおっさんが隣に座り

怪しげなふるまいに及んだものです。


文芸映画や抒情的な映画を観ている時でも

出物、腫物はともかく、

痴漢はところ選ばずでした。

ですから、若松孝二監督の映画は

観たことがありません。


映画館内での痴漢行為はいけませんねえ。

集中して映画を観ているのに

隣でモゾモゾされると

不愉快です。興が冷めます。気持ち悪いです。

嫌なので場所を移ると一緒に動いて

また再開するしつこい痴漢もいたりしました。


150歳になった今は

そういうことはないので助かります。

歳をとるのも悪いことばかりではありません。


あ、つい痴漢の話が長くなってしまいました。


痴漢はともかく

60年代末期から70年代にかけては

熱い時代でした。



若松孝二、足立正生、沖島勲、大和屋竺(やまとやあつし)

秋山道男、荒井晴彦、赤塚不二夫、大島渚――


足立正生は後に日本赤軍に合流して

人々をアッと驚かせた人物ですし、

沖島勲は「日本昔ばなし」の脚本を書いた

脚本家であり、監督です。

大和屋竺は若松作品以外にも

鈴木清順監督作品も手掛けた脚本家。

秋山道夫は若松プロ脱退後、

無印良品やチェッカーズ、小泉今日子の

プロデュースを手掛けるなど

多岐にわたる才能を発揮しました。

荒井晴彦は雑誌「映画芸術」編集長にして

脚本家、監督です。

赤塚不二夫、大島渚は

今さらご説明するまでもなく、

皆、あの時代を熱く生きた才能たちです。



ストーリー

21歳になった吉積めぐみは

1969年春、

新宿のフーテン仲間・秋山道男に誘われて

若松プロを訪れた。

そこは若者たちを熱狂させ、

時代の最先端をいく映画プロダクション。

当時33歳の若松孝二を中心とした

新進気鋭の若者たちの梁山泊だった。


理屈屋の映画監督・足立正生、

助監督で脚本家の沖島勲、

カメラマン志望の高間賢治、

インテリ評論家気取りの助監督・荒井晴彦――

撮影がある時も無い時も事務所にたむろし、

酒を飲み、ネタを探し、街で女優をスカウトし、

撮影が始まれば、助監督は現場で走り回り、

時には役者にもなった。


めぐみは初めての映画作りに

てんてこ舞いしながらも

若松孝二という存在

そして、映画作りにひきつけられていく。

だが、めぐみを若松プロに連れてきて、

助監督の全てを教えてくれた万引きの天才

秋山は若松プロを去っていった。

めぐみ自身も自分は何を表現したいのか

わからない自分への不安と焦りに

とまどっていた。


19715月カンヌ国際映画祭に

招待された若松と足立は帰国せず、

そのままレバノンへ。

そこで日本赤軍の重信房子らに合流し、

撮影を敢行した。


帰国後、

映画『PFLP世界戦争宣言』の上映運動の為、

若松プロには政治活動に熱心な若者が

出入りするようになっていく。


上映バスを見送るめぐみ。


違和感を感じながら一人、映画館で

若松の映画を観る。


そして、知らない内に涙が頬を伝い、

心で思う。

「やがては若松に刃を突きつけないと」……



ああ、思い出しますねぇ。あの頃を。

何かをしたい、成し遂げたいと思いつつ、

自分と周囲との間には見えない壁が

できあがっていて、一人でもがくのですねぇ。


おばさんもおじさんももがきながら

歳をとってしまいましたが、

確かにあの時代には

狂熱と呼んでいいものがありました。


あ、失礼しました。

150歳にとっては懐かしい時代ですが、

クールなお若い方々には

どうでもいいことかもしれません。

また「こんなもんじゃなかったよ」という

もっとハードな体験をなさった方も

おいででしょう。


が、しかし

吉積めぐみさんを演じた門脇麦さんの

戸惑うような様子が新鮮でしたし、

若松さんという方は

ある種「人たらし」の才があった

異能の人なんだなあと感じました。


やっぱりあの熱い時代が

懐かしくなる映画です。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓
☆10月6日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

止められるか、俺たちを

監督/白石和彌、脚本/井上淳一、製作/尾崎宗子、撮影/辻智彦

出演

門脇麦/吉積めぐみ、井浦新/若松孝二、タモト清嵐/秋山道男、毎熊克哉/小水一男、山本浩司/足立正生、高岡蒼佑/大島渚、寺島しのぶ/前田のママ、奥田瑛二/葛井欣士郎、吉澤健/カプリコンマスター

1013()よりテアトル新宿ほか全国順次公開

2018年、日本、119分、配給/スコーレ




by Mtonosama | 2018-10-06 05:58 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2018-10-06 17:57 x
あああああああああああああああああああ!

熱い時代でした!本当に熱かった!

男友達とお茶してると 尾行がついて
新聞読んでるフリのおっさんが新聞
の陰でカメラ操作してましたっけ。

男友達は赤軍派でした。

アパートに踏み込んだマッポに熱湯
をかけて逃げおおせ 公務執行妨害も
加わって 全国指名手配となりました。

かけたのが熱湯だもの、熱いよね!
熱い時代だもの。

彼は浅間山荘へ合流する前に逮捕された
のであぼ惨劇の加害者にも被害者にも
ならず獄中で6年半を過ごしました。

医者の息子だったけど もう医学部進学
の道は閉ざされ 鍼灸師となりました。

結婚して一人息子が浪人中に胃がんで
亡くなりました。

熱い一生でした❣️
Commented by Mtonosama at 2018-10-07 06:38
♪すっとこさん

おお、すっとこさんにもそのような過去が!?

あの時代を覆うカサブタはまだ薄く、
無理してめくると血が流れ出るというお方も多いでしょう。

みんな斬れば血が出る生身の身体。
どう生きてきたかも問われましょうが、
どう生きるかも自身で考えていかねばなりませんねえ。

ガンバ!

Commented by なえ at 2018-10-07 20:34 x
ほんと、あの時代、空気が熱かった!!
私は特に何をしたわけでもないけれど、あの時代の
ビリビリと熱い空気は忘れられまへん!
世の中を変えられるんだ!というあの思いを経験した
だけでも(潰されたけどね)、本当にいい時代に学生生活を送れて何て幸運だったんだろうと思いますわ。

あの時代の波をかぶった者たちはきっとどこへ行っても、そこで自分なりの思いを遂げようと活動していると思います。やられても負けてへん!

この今の腐った世を何とかするためにジイサンバアサン全共闘で結集できんもんどすかいなあ。
Commented by Mtonosama at 2018-10-08 05:38
♪なえさん

昨夜もNHKスペシャルの『激動の68年』というドキュメンタリーの録画を観ていて、複雑な気持ちになりました。番組の中でコメントを述べるあの頃を生きた人々は皆じいさんばあさんです。
そりゃそうだよな。もう半世紀も前のことですもんね。
1968年の頃、半世紀前といったら1918年第一次世界大戦が終わった年ですよ。自分は世界史の時間を生きているんだなぁ。
といって振り返るのもなにやら年寄り臭い。
って、既に年寄りか・・・

ばあさんじいさん全共闘ね。イギナ~シ!(^-^;