ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ -2- IN JACKSON HEIGHTS

ニューヨーク、

ジャクソンハイツへ

ようこそ

--


IN JACKSON HEIGHTS


f0165567_06002932.jpg

(C)2015 Moulins Films LLC All RightsReserved



1930年生まれのフレデリック・ワイズマン監督は

今年88歳。米寿ですね。


ユダヤ系移民である弁護士の父と

社会活動家である母の間に

ボストンで生まれたワイズマン監督。


父は、ヨーロッパからの移民、特に

人種差別や戦争から逃れて

アメリカに亡命してきたユダヤ人の亡命に

尽力していました。


彼の生まれた30年代のボストンでは

ユダヤ人の多くが、

ゲットーで暮らし、

ニューイングランド支配層からは

二等市民扱いを受けていました。

ワイズマン家では人種間の対立や嫌悪感が

しばしば話題に上っていたそうです。


子どもの頃からそんな環境に育ち、

人間やその行動、

その結果から生まれる施設や地域に

魅かれてきた監督にとって

ドキュメンタリー映画を撮ることは

まさに天職だったことでしょう。


今回、彼が選んだのは

NYクイーンズ区の一部ジャクソンハイツ。


中南米各国やパキスタン、バングラデシュ、

タイ、インド、ネパール、チベットの

人々から成るコミュニティがあり、

彼らは初期の移民の子孫である

イタリア人、ユダヤ人、アイルランド人と

暮らしています。

つまり、この地域は人種のるつぼなんですね。


映画は、ジャクソンハイツの通りの出来事や

衣料品店やコインランドリー、パン屋さん、

レストラン、スーパーマーケット、

モスクや寺院や教会等を映し出しています。




通りでは、虹色の旗を掲げて

ゲイのパレードが繰り広げられています。


「フォレストヒルズ、キューガーデンズ等には

今、大勢のゲイが住んでいるが、

様々なことが始まったのは

ここジャクソンハイツだった」


また、狭い敷地で昔ながらの商売を営む小さなお店。

それが再開発で家賃が上がり、

GAPなど大規模店舗が進出すれば

どうやったって太刀打ちできません。


「こうして少しずつジャクソンハイツの

古い住民が追い出される。

僕らが作ったジャクソンハイツを

彼らが壊し、よそ者を住まわせる」


そんな悩める商店主の訴えに耳を傾ける

ボランティアたちは言う。

「この辺の小さな商店主全員で団結して

反対を唱え、状況を変えられるよう

協力したいんだ」


f0165567_06123747.jpg

「メイク・ザ・ロード・ニューヨーク」では

各国からやってきた移民たちが

タクシー運転手になるための講習を

受けています。


ここは永住権のあるなしにかかわらず

あらゆる移民、人種、

あらゆるジェンダーの人々に

安心とサポート、連携を提供するNPOです。


「メイク・ザ・ロード・ニューヨーク」は

虐待や差別にあった人の経験と声を集め、

個別の問題を解決するだけではなく

社会システムの変革につながるための

活動を行っています。


疑似質問でボランティアは問いかけます。

「もしあなたが、

試験官になぜアメリカ人になりたいかと

訊かれたら、なんて答える?」


あるいは講習会でこう説明します。

IDがいかに大事か忘れないで。

生活改善の助けになる。

なければ貧困から抜け出せない。

貧困は奴隷と同じ。

だけど、宿命じゃない。

努力すれば変えられる」


f0165567_06142635.jpg


今さら言うまでもなく

アメリカ合衆国は移民によって

形成された国家だったのですよね。


移民や高齢者、弱者に寄り添う

市民ボランティアの姿に心打たれます。


アメリカっていろんな問題もあるけれど

良いところもたくさんあります。


189分という長い映画ですが、

NYに行くほどの時間ではありません。

先ずは映画館でお楽しみください。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓
☆10月12日に更新しました。いつも応援してくださって本当にありがとうございます☆


ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ

監督・録音・編集・製作/フレデリック・ワイズマン、撮影/ジョン・デイヴィー、サウンドミックス/エマニュエル・クロゼ、カラーグレーディング/ジル・グラニエ、編集助手/ナタリー・ヴィニェー、音響編集助手/クリスティーナ・ハント、製作総指揮/カレン・コニーチェク、製作/ムーラン・フィルムズLLC、製作出資/フォード・ファウンデーション、PBSITVS、サンダンス・インスティチュート・ドキュメンタリー・フィルム・プログラム、パーシング・スクエア・ファウンデーション

10月20日(土)シアター・イメージフォーラムにてロードショー

2015年、アメリカ・フランス合作、189分、カラー、字幕翻訳/齋藤敦子、配給/チャイルド・フィルム、ムヴィオラ




by Mtonosama | 2018-10-12 06:16 | 映画 | Comments(6)
Commented by すっとこ at 2018-10-12 09:52 x
うっわーーーーーーーーーーーーーん!

《まずはポチクリ‼️》で始めようと
決心してたのに 前回はうっかり忘れて
しもうたです。うう150歳はツラい。

そして ジャクソンハイツ。
殿様の名調子「189分は長いけどNYへ
行くほどではありません」

全く全く その通り!

しかしアメリカって人種差別は抜き去り
難く存在しとるのですよねえ。
観光してる限りは“お客様”だけど、住んで
みるとお客様扱いはされず 白人のみならず
移民の間にも冷んやり存在する差別に触れ
て しもやけになりそうな場面もありました。

でも 監督も様々な経験をドキュメンタリー
に昇華なさってるのですよね!移民の街は
むしろそのままで大資本は「あっちへ行き
やがれ!」ですよね❣️
Commented by Mtonosama at 2018-10-12 10:26
♪すっとこさん

黒人男性が警察官にボコボコに暴行を受けて、その警官たちが無罪になった事件がありましたよね。もう随分前のことですが。その後、暴動が起きました。
その映画を観たのですが、アメリカってやっぱりずっと黒人や移民への差別はあるんですね。でも、彼らを援助するための施設もある。
アメリカって、一筋縄じゃいかないなぁ。それにつけても、11年間お疲れさまでした。
Commented by hamakorian at 2018-10-12 21:58
はー、いまポチクリいたしました(^▽^)/

>移民や高齢者、弱者に寄り添う
 市民ボランティアの姿に心打たれます
>アメリカっていろんな問題もあるけれど
  良いところもたくさんあります

殿様がそうおっしゃるなら信じます(^^♪
やっぱりアメリカって、深い国なのですネ。
この映画を見ればアメリカの光も影も
見られるのかも。
ボランティア先進国?として、日本人が見習うことも
たくさんありそうですネ?!
全国で上映してほしいですワ。

Commented by Mtonosama at 2018-10-13 04:29
♪hamakorianさん

わ~い、hamakorianさんもポチクリありがとうございます♡

アメリカって本当にいろんな顔を持った国ですね。
いまはあのお方の顔ばかりが目立ってますけど(^-^;
あ、あとは沖縄での横暴さ、とか。

でも、やっぱり一般市民のボランティア活動はすごいんだな、と思いました。
Commented by ライスケーキ at 2018-10-13 07:30 x
日本でも最近は被災地などで
ボランティアが活躍していますね。

私もパル電気です。
パルは関西にあるか
分かりませんが、
自然エネルギーを扱っている
会社はあるでしょう。

いづれにしろ、原発電気会社から
電気は買いたくないです。

ポチクリ!
Commented by Mtonosama at 2018-10-13 09:28
♪ライスケーキさん

ボランティアやNPOが効果的な働きをしていますね。

自分達とは違う人を差別したり、忌避したりするのは
万国共通なのかもしれませんが、ジャクソンハイツでの
NPOやボランティアの働きぶりは気持ち良いです。

ライスケーキさんもパルシステムですか♪