ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ハナレイ・ベイ -2- Hanalei Bay

ハナレイ・ベイ

-2-


HanaleiBay

f0165567_05100657.jpg

(C)2018「ハナレイ・ベイ」製作委員会



青山か六本木あたりに店を構え、

そこそこ上質な客が酒とジャズを楽しみに

訪れるジャズバーのオーナー・サチ。


彼女は気が向けば、客のリクエストに応じて

ピアノを弾いたりもします。

まあ、繁盛している店でしょう。


住まいはシンプルで無機質なマンション。

家族はサーフィンに明け暮れる

19歳の一人息子タカシ。


夫はタカシが赤ん坊の時

コカインをやりながら他の女とHをし、

その最中に死亡しました。


以後、シングルマザーとして

息子と共に生きてきたサチ。



ストーリー

自宅に突然電話がかかってきた。

英語だ。

それは、

タカシがハナレイ・ベイでサーフィン中、

サメに襲われて死んだという知らせだった。


サチはカウアイ島のモルグで

息子と対面を果たす。

「その日、湾にたくさんのカメがいて、

それを追ってきたサメが息子さんの右脚を

食いちぎりました」


係員の説明を冷静に聞き、

遺体の処置も指示するサチ。


息子の遺骨を抱き、

日本へ帰ろうとした彼女だったが、

ふと

タカシが命を落とした場所

ハナレイ・ベイへ向かう気になった。


サチはホテルをとると

ビーチチェアを持って浜へ行き、

本を読み、時を過ごした。

時折、海に目をやりながら――



毎年、タカシの命日が近づくと

サチはハナレイ・ベイでの

この儀式のような行為を続けていた。


この湾で毎年同じ場所にチェアを置き、

ミネラルウォーターを携え、本を読み、

数週間滞在する。

肌を焼いたり、泳いだりはしない。


何年か経って、

サチは2人の日本人サーファーに出会う。

タカシ位の年頃で世間知らずな2人。

軽口をたたきながら彼らの世話を焼くサチ。

息子の姿がだぶるのだろう。


そんな時、サチは2人から「ある噂」を聞く。

「サーフボードを持った

右脚のない日本人サーファーがいる」……



タカシにサーフボードを買い与え、

ハワイ行きの費用もサチが出した。

生活にゆとりもあった。


「あの子のことを好きじゃなかった」

と言うサチ。

洗濯の仕方に文句をつけるタカシ。


思春期の息子、

クールで有能だが、

どこか心を開ききれない母。


会話の無い家庭、

お互いに心を見せない母子。


ま、よくあることです。


息子の突然の死――

これはよくあっては困りますが、

それでもクールな母。


でも、母はまるで法事のように

毎年その湾を訪れます。


原作は淡々と進みます。

原作ももちろん良いです。

ですが、映画の『ハナレイ・ベイ』は

物語に魔法をかけました。

いえ、もしかしたら、

ハワイの海が魔法をかけたのかもしれません。


「読んでから見るか、見てから読むか」

さあ、皆さまならどうしますか?




今日もポチッとお願いできれば嬉しゅうございます♪

↓↓↓↓↓
☆10月18日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆


ハナレイ・ベイ

監督・脚本・編集/松永大司、原作/「ハナレイ・ベイ」(村上春樹・新潮文庫刊「東京奇譚集」)、プロデューサー/小川真司、音楽/半野喜弘

出演

吉田羊/サチ、佐野玲於/タカシ、村上虹郎/高橋、栗原類/尾崎亮

1019()全国ロードショー

2018年、日本、97分、配給/HIGH BLOW CINEMA



by Mtonosama | 2018-10-18 05:17 | 映画 | Comments(4)
Commented by すっとこ at 2018-10-18 09:45 x
【先ずはポチクリ❣️】

ええええええええええええええええええええええ!

「サーフボードを持った右脚のない
日本人サーファー」って!

タカシ? タカシの亡霊?

村上春樹作品には この世と異界とを
自由に行き来するヒトが普通に登場
しますものね。唐突に。頻発に。

ところでサメの大好物のカメ。
サーフボードに腹ばいになって
手足垂らした人間の姿は 下から
見ると サメの目にはカメに見える
という説があるそうです。

ちょっと頷いちゃいました❣️
Commented by ライスケーキ at 2018-10-18 20:36 x
一作品だけ読んで
その作者の事は語れないから
「ハナレイ ベイ」を読んだら
違う村上春樹に会えるかも知れません。

パル電気は大手電気会社と
同じ料金 だそうです。

まぁ、同じなら自然エネルギーの方が
良いよね。

ポチクリ❗️
Commented by Mtonosama at 2018-10-19 09:08
♪すっとこさん

ポチクリありがとうございます。

〈この世と異界とを自由に行き来するヒト〉ね。
私は羊男がそんな存在に思えます。なんか唐突ですもんね。

村上春樹の短編のストーリーはそれ自体かなりシンプルなので、映画による肉付けで感動アップする場合がありますなあ。といっても2本しか観ていないけど(^-^;
Commented by Mtonosama at 2018-10-19 09:11
♪ライスケーキさん

そうそう、まずは「ハナレイ・ベイ」の所収されてる「東京奇譚集」読んでみてください。

ライスケーキさんもポチクリありがとうございました。