ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

ガンジスに還る -1- HOTEL SALVATION

ガンジスに還る

--


HOTEL SALVATION


f0165567_06322229.jpg
                     (C)Red CarpetMoving Pictures



バラナシが舞台の映画です。

バラナシ。

以前はベナレスと言っていました。


カルカッタがコルカタになり、

ボンベイがムンバイに。

この歳になって新しく覚えるのは大変です。


あ、バラナシでしたね。

この地はヒンドゥー教及び仏教の聖地。

ヒンドゥー教では輪廻転生の度に

人々は大きな苦しみを味わい、

それに耐えねばならないとされていますが、

バラナシで死んだものだけは

その苦しみから解放される

という考えがあるのだそうです。


そのため、バラナシには

毎日インド各地から

遺体が運ばれ火葬されますし、

死期が近づいた人はこの地で

その時を待つという習慣があります。


f0165567_06333221.jpg


本作も、自らの死期を悟った父親が

「聖地バラナシへ行く」と宣言して

家族の大反対を受けながらも

息子が付き添っていくというお話です。


管理人はバラナシを

「死」と「火葬場」の街ということで

深刻っぽく捉えていました。


その背景には

いろいろありましょうが、

藤原新也のあの写真とか

沢木耕太郎の「深夜特急」などで

死にいく者たちの街という印象が

強く摺り込まれているということも

あるのかもしれません。


あの写真というのは

野良犬が人の片足を咥えている写真です。

火葬した遺体はガンジス川に流されますから、

燃え残って打ち上げられた足を

犬がゲットしたのでしょう。

「人間は犬に食われるほど自由だ!」

というキャッチフレーズがついていました。


しかし、この地では

死は深刻に考えるまでもなく

あくまで日常なのです。


f0165567_06350776.jpg


「インドの中のインド」と呼ばれ

インドのエッセンスが詰まった街。


「火葬場が街のために存在するのではなく、

街が火葬場のために存在する」

という街。


紀元前6世紀から栄えてきたバラナシは

遠藤周作の「深い河」

三島由紀夫「豊饒の海」等の舞台にも

なっています。


朝日に照らされるガンジス河、

迷路のような細くて狭い路地裏、

荼毘の煙に包まれた火葬場、

幻想的な夜の祭り。


美しいけれど汚い、汚いけれど美しい。

生と死が混沌と混ざり合うバラナシ。


本作は

2016年ヴェネチア国際映画祭

ビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門で

ワールドプレミアムが行われ、

上映後はスタンディングオベーションが起こり

10分間拍手が鳴りやまなかったそうです。


忌むべきものとして描かれることの多い死を

深刻にならず、かといって、軽くもなく

描き出した本作。

死さえ管理されているような

現代社会にとっては

とても新鮮な視線の映画です。


さあ、どんなお話なのでしょうか。

続きは次回まで、乞うご期待でございます。



今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓
☆10月21日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

ガンジスに還る

監督・脚本/シュバシシュ・ブティアニ、撮影/マイケル・マクスウィーニー

出演

アディル・フセイン/ラジーヴ、ラリット・ベヘル/ダヤ、ギータンジャリ・クルカルニ/ラタ、パロミ・ゴーシュ/スニタ、ナヴニンドラ・ベヘル/ヴィムラ、アニル・ラストーギー/ミシュラ

1027()より岩波ホール他全国順次公開

2016年、インド、99分、配給/ビターズ・エンド、日本語字幕/藤井美佳




by Mtonosama | 2018-10-21 06:40 | 映画 | Comments(2)
Commented by すっとこ at 2018-10-22 05:40 x
うおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

の雄叫びの前に【先ずはポチクリ❗️】

しかし 10分間のスタンディングオベーション!
10分間って長いですよ。
殿様のスイミングで言ったら
800Mを全力フリーで泳ぎ続ける
ほどの長さですよ。

それほど観客の胸を打ったのでしょうね。

殿様の名調子
「美しいけど汚くて 汚いけど美しい」
次回が待たれます❣️
Commented by Mtonosama at 2018-10-22 05:51
♪すっとこさん

今日もポチクリありがとう!

10分間とは長いですよね。欧米人にとってこういう映画はビックリポンなのだと思います。あ、日本人もだけど。

あの~~~、高く評価して頂いてとてもうれしいのではありますが、私800メートルを10分で泳ぐほど早いスイマーじゃあござんせん(^-^; 10分ってすごいですよね。

インド行ってみたいけど、あの暑さと湿気に耐えられるか、サンダルでウン〇を踏むことに耐えられるか・・・
若い時に行くべきだったなあ。インド。バラナシへ行ってみたいです。