ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:アンナ・ジュスティス ( 2 ) タグの人気記事

あの日 あの時 愛の記憶
 -2-
Die Verlorene Zeit

f0165567_521499.jpg

(C)2010 MediaPark Film- und Fernsehproduktions GmbH

事実は映画より奇なり。
なぜ、本作が実話であると聞いて驚いたか、といえば、
アウシュヴィッツ収容所に収容された者同士が恋に落ちることが可能なのか、
という疑問があったからです。

自分の命が、明日、いや、今日でさえどうなるかわからないのに、
人を愛する気持ちになどなれるのか。
まして、常に拘束され、監視された状況にあって人は愛を交わすことができるのか。
(すいません。下世話な疑問で)

そんな疑問は吹っ飛んでしまいました。
人間の力強さにあらためて感銘を受ける映画です。


f0165567_528532.jpg

ストーリー
1976年、ニューヨーク。
ドイツからアメリカに渡り、優しい夫と娘に囲まれて穏やかな日々を送るハンナ。
その日は夫の研究が表彰され、祝賀ホームパーティを行うことになっていた。
ハンナはパーティ用のテーブルクロスを受け取りにクリーニング店へ行き、
そこで「あの声」を聞いた。
「あの声」はテレビから聞こえていた。
画面では戦争中に死んだと聞かされていたトマシュがインタビューを受けていた――

1944年、ポーランド。
ハンナとトマシュはアウシュヴィッツ強制収容所で出会い、恋に落ちた。
政治犯として収容されたトマシュはユダヤ人よりは自由がきく立場。
とはいえ、危険な中、ふたりはむさぼるように逢瀬を重ねる。

トマシュは脱走を計画していた。
収容所の実態を撮影したフィルムを外部に届けるという任務があったからだ。
その時にハンナも伴うことを決めていた。
ハンナは妊娠していたが、それをトマシュに告げないまま、一緒に脱走することを決意。

その日、ドイツ軍の制服を身につけ、ナチス分団長になりすましたトマシュは
ハンナを囚人番号で呼び出す。
「73804番、来い!」。
うつむいたまま、トマシュの命令に従うハンナ。
出口で門番の追及をかわし、収容所を出たふたりは森に駆け込み夢中で走り続けた。

1976年、ニューヨーク。
ハンナは赤十字社に電話をかけ、トマシュの再調査を依頼。

1944年、ポーランド。
森を逃げ、農家の洗濯物を盗み、さらに逃亡するハンナとトマシュ。
森の奥でふたりは初めて肌を合わせ、愛し合うのだった。
その後、鍵をつけたまま駐車してあった車に乗り込み、逃げ続けるふたり。

1976年、ニューヨーク。
パーティの最中、客と話すハンナの眼にトマシュの幻影が。
思わず、しばらく吸うことのなかった煙草に手を伸ばすハンナ。

1944年、ポーランド。
盗んだ車の助手席で微笑みながらタバコをくゆらすハンナ。
車が着いたのはトマシュの実家。だがその家はドイツ軍に接収されていた。
納屋に身をひそめるふたり。
トマシュはハンナを婚約者として母親に紹介するが、
母はハンナがユダヤ人と知るや激しく彼女を拒絶する。

その晩、ハンナは高熱を出す。
だが、急にレジスタンスの召集がかかったトマシュは「二日で帰る」と言い残し、
ワルシャワへ旅立ってしまった。
その別れが、その後の32年の失われた時につながるとは知る由もなかった……


f0165567_529133.jpg

ふたりの愛が芽生えた場所は確かに特殊なものではありましたが、
失われた時を求める経緯は誰にでも起こりうること。
狂気の時代を描いた歴史的な映画ではあるのですが、
その実、生を全うしようという人間の心の彷徨を描いた作品なのかもしれません。

胸にしまいこんだ重い過去も、死ぬ前には納得のいく形に清算したいな、
と150歳にもなるとしみじみ思うのであります。





今日もポチッとお願いできればうれしゅーございます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月30日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

あの日 あの時 愛の記憶
監督/アンナ・ジュスティス、脚本/パメラ・カップ、プロデューサー/スヴェン・ヴォルト、撮影/セバスティアン・エットシュミット、編集/ウタ・シュミット、音楽/ユリアン・マース、クリストフ・M・カイザー
出演
アリス・ドワイヤー/ハンナ・ジルベルシュタイン(‘44)、マテウス・ダミエッキ/トマシュ・リマノフスキー(‘44)、ダグマー・マンツェル/ハンナ・レヴィーン(‘76)、レヒ・マッキェヴィッチュ/トマシュ・リマノフスキー(‘76)、スザンヌ・ロタール/トマシュの母、ヨアンナ・クーリーグ/トマシュの義姉、アドリアン・トボル/トマシュの兄、フロリアン・ルーカス/ナチス将校、シャンテル・ヴァンサンテン/ハンナの娘、デヴィッド・ラッシュ/ダニエル・レヴィーン(ハンナの夫)
8月4日(土)銀座テアトルシネマ他全国順次ロードショー
2011年、111分、ドイツ、英語・ドイツ語・ポーランド語、後援/東京ドイツ文化センター、配給/クレストインターナショナル
http://ainokioku.jp/

by Mtonosama | 2012-07-30 05:41 | 映画 | Comments(10)
あの日 あの時 愛の記憶
 -1-

Die Verlorene Zeit

f0165567_7105666.jpg

(C)2010 MediaPark Film- und Fernsehproduktions GmbH

事実は小説よりも奇なり。
すいません。ありきたりな言葉で。

しかし、本作「あの日 あの時 愛の記憶」はまさにこの言葉がぴったりの映画なのです。
オリジナルタイトルDie Verlorene Zeitは“失われた時”という意味のドイツ語。
あ、マルセル・プルーストの大作に「失われた時を求めて」がありましたね。

「失われた時」。
それこそがまさにこの映画が「奇」なるところなのです。
ハンナとトマシュ。
本作の主人公です。ハンナはユダヤ人、トマシュはポーランドの政治犯。
彼らが出会った場所はアウシュビッツ収容所、恋に落ちた場所もアウシュビッツ収容所。
そして、ふたりはそこからの脱出に成功します。

ありえない場所で恋に落ち、ありえないことに、死の収容所からの脱出に成功する――
なんとこれが実話だというのです。

f0165567_713582.jpg

ハンナとトマシュのモデルになったのはシーラとイエジーという実在の人物。
ドイツのテレビドキュメンタリーでこのふたりを知った本作のプロデューサーが
パメラ・カップに脚本を依頼したのが、本作誕生のきっかけです。

しかし、驚くべきことにアウシュヴィッツ収容所からの脱出は600件あり、
その内の三分の一は成功していたのだそうです。
1944年にはこの映画で描かれた同じ状況で脱出できた男女も4組いたということです。

これが実話だとしても、戦争終結から67年も経った今、
ハンナやトマシュが生きていればもうかなりなご高齢です。
(実際には、モデルとなったシーナは2005年に、イエジーは2011年に亡くなっています。)

おじいさんおばあさんになったふたりのありえない体験を映画化するのも興味深いです。
しかし、この映画で描かれているのは失われた時と向き合うこと。

失われた時ってなんでしょう。

f0165567_714726.jpg

どうも歴史としての「時」ではなく、
一組の男女の間に経過した「時」。
まして、さまざまな成り行きから生き別れることになった恋人たちにとって、
抱え込まれた暗い過去のまま、しこりになって留まっている「時」のようです。
映画に描かれた1944年から1976年までの36年。
重いけれど、それほど遠くはない「時」です
私たちにとっては1976年が既に36年前の過去になってしまいましたが――

抱え込まれ、誰にも明かすことのできない「過去」は成長することのない「失われた時」
となって死の床にまで持ち込むしかないのでしょうか。

いえいえ、そうではありませんでした。

さあ、どんなお話なのでしょう。
続きは次回までお待ちくださいませ。乞うご期待でございますよ。



今日もクリックお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆7月27日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

あの日 あの時 愛の記憶
監督/アンナ・ジュスティス、脚本/パメラ・カップ、プロデューサー/スヴェン・ヴォルト、撮影/セバスティアン・エットシュミット、編集/ウタ・シュミット、音楽/ユリアン・マース、クリストフ・M・カイザー
出演
アリス・ドワイヤー/ハンナ・ジルベルシュタイン(‘44)、マテウス・ダミエッキ/トマシュ・リマノフスキー(‘44)、ダグマー・マンツェル/ハンナ・レヴィーン(‘76)、レヒ・マッキェヴィッチュ/トマシュ・リマノフスキー(‘76)、スザンヌ・ロタール/トマシュの母、ヨアンナ・クーリーグ/トマシュの義姉、アドリアン・トボル/トマシュの兄、フロリアン・ルーカス/ナチス将校、シャンテル・ヴァンサンテン/ハンナの娘、デヴィッド・ラッシュ/ダニエル・レヴィーン(ハンナの夫)
8月4日(土)銀座テアトルシネマ他全国順次ロードショー
2011年、111分、ドイツ、英語・ドイツ語・ポーランド語、後援/東京ドイツ文化センター、配給/クレストインターナショナル
http://ainokioku.jp/

by Mtonosama | 2012-07-27 07:23 | 映画 | Comments(8)