ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:マリー・アントワネット ( 1 ) タグの人気記事

マリー・アントワネットに
別れを告げて
 -1-
Les adieux à la reine

f0165567_731283.jpg

© 2012 GMT PRODUCTIONS – LES FILMS DU LENDEMAIN – MORENA FILMS - FRANCE 3 CINEMA – EURO MEDIA FRANCE – INVEST IMAGE ©Carole Bethuel

1789年7月14日、パリの民衆たちのバスティーユ襲撃に端を発したフランス革命。
世界史の教科書ですっかりおなじみのこの事件ですが、
フランス革命ときいてまず思い浮かべるのは
ウジェーヌ・ドラクロアが描いた「民衆を導く自由の女神」(1830年)ですよね。
革命といえば、民衆の側から描くものと相場は決まっています。
なんたって、胸もあらわに男たちを率いるあの逞しい女神は素晴らしいです。

しかし、ものごとは正と反、表と裏から成り立っています。
マリー・アントワネットの立つ側を正と見るか、反と見るか。
あるいは、表と見るか、裏と見るか、はそれぞれですが――

f0165567_771215.jpg

本作には、逞しい女神も、銃を持った民衆も出てきません。
ただ、1789年7月14日。バスティーユが襲撃された時間、
そのニュースを知ったヴェルサイユ宮殿内部の人々がどんな様子だったか、は見ることができます。

7月14日から16日までの王妃や廷臣たちの動揺と絶望の様子――
それらが、朗読係の少女の眼を通じて描かれています。
フランス版「家政婦は見た!」とでもいいましょうか。
そこに王妃を深く敬愛する朗読係の複雑な想いもからまっていました。

原作はシャンタル・トマの「王妃に別れを告げて」。
シャンタル・トマはフランス革命に造詣が深いフランス18世紀文学の研究者で、
「王妃に別れを告げて」(白水社)は彼の初めての小説。
2002年フェミナ賞を受賞し、話題になった作品です。


フェミナ賞(仏: Prix Femina)は、フランスで最も権威のある文学賞の一つ。1904年に女性詩人アンナ・ド・ノアイユの提唱のもと、女性向け雑誌『ラ・ヴィ・ウールーズ』(後の『フェミナ』誌)の女性寄稿者22人により創設された。前年の1903年に設立されたゴンクール賞が事実上男性作家のみを対象としているのに対して、女性作家にも贈られる賞であり、ゴンクール賞の性差別への抗議の意図も含まれていた。
その年で最も優れたフランス語の散文もしくは詩作品に贈られる。フランスにおいて、ゴンクール賞、ルノードー賞、メディシス賞、アンテラリエ賞と共に、五大文学賞と呼ばれる。11月の第1週の水曜日に、パリのクリヨンホテルにて、12人の女性の審査員によって選定される。
フェミナ賞とゴンクール賞の結果発表がどちらが先となるかは激しい競争となり、発表を交互に行う協定が結ばれている。(Wikipediaより)


f0165567_714640.jpg

「ベルサイユのばら」、
ソフィア・コッポラ監督「マリー・アントワネット」(‘06)、
そして、本作「マリー・アントワネットに別れを告げて」。

14歳でオーストリアからフランス王太子ルイ=オーギュストに嫁ぎ、
18歳で王妃となり、
32歳でフランス国庫が破綻。
37歳で刑場の露と消えた悲劇の王妃マリー・アントワネット。

彼女についてはいろいろ描かれてはいますが、
悲劇のみでくくれない部分も大いにあります。
アメリカ独立戦争に巨額の戦費をつぎこんだことが国を傾けた大きな原因ですが、
彼女の贅沢がそれに輪をかけた部分も少しはあるのでしょうから。
そんな豪華で贅沢なインテリアやドレスがほんもののヴェルサイユ内で撮影されています。
あ、オスカルやフェルゼン伯爵は登場しませんが。
さあ、どんなお話なのでしょうか。乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとしていただければ嬉しいです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆12月6日に更新しました。いつも応援してくださってありがとうございます☆

マリー・アントワネットに別れを告げて
監督/ブノワ・ジャコー、脚本/ジル・トーラン&ブノワ・ジャコー、原作/シャンタル・トマ「王妃に別れを告げて」(白水社刊)、撮影監督/ローマ・ウィンディング、衣装デザイン/クリスチャン・ガスク、ヴァレリア・ランコー
出演
レア・セドゥ/シドニー・ラボルド、ダイアン・クルーガー/マリー・アントワネット、ヴィルジニー・ルドワイヤン、ガブリエル・ド・ポリニャック、グザヴィエ・ボーヴォワ/ルイ16世、ノエミ・ルボフスキー/カンパン夫人、ミシェル・ロバン/ジャコブ・ニコラ・モロー
12月15日(土)TOHOシネマズ・シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にてロードショー
2012年、フランス・スペイン、100分、カラー、提供・配給/ギャガ、字幕翻訳/丸山垂穂
http://myqueen.gaga.ne.jp/

by Mtonosama | 2012-12-06 07:24 | 映画 | Comments(8)