ブログトップ | ログイン

殿様の試写室

mtonosama.exblog.jp

殿が観た最新映画をいち早くお知らせ!

タグ:白石和彌監督 ( 2 ) タグの人気記事

止められるか、

俺たちを


--


f0165567_05424876.jpg

©2018若松プロダクション



あの時代、若い女子が一人で映画を観に行くと

必ず怪しげなおっさんが隣に座り

怪しげなふるまいに及んだものです。


文芸映画や抒情的な映画を観ている時でも

出物、腫物はともかく、

痴漢はところ選ばずでした。

ですから、若松孝二監督の映画は

観たことがありません。


映画館内での痴漢行為はいけませんねえ。

集中して映画を観ているのに

隣でモゾモゾされると

不愉快です。興が冷めます。気持ち悪いです。

嫌なので場所を移ると一緒に動いて

また再開するしつこい痴漢もいたりしました。


150歳になった今は

そういうことはないので助かります。

歳をとるのも悪いことばかりではありません。


あ、つい痴漢の話が長くなってしまいました。


痴漢はともかく

60年代末期から70年代にかけては

熱い時代でした。



若松孝二、足立正生、沖島勲、大和屋竺(やまとやあつし)

秋山道男、荒井晴彦、赤塚不二夫、大島渚――


足立正生は後に日本赤軍に合流して

人々をアッと驚かせた人物ですし、

沖島勲は「日本昔ばなし」の脚本を書いた

脚本家であり、監督です。

大和屋竺は若松作品以外にも

鈴木清順監督作品も手掛けた脚本家。

秋山道夫は若松プロ脱退後、

無印良品やチェッカーズ、小泉今日子の

プロデュースを手掛けるなど

多岐にわたる才能を発揮しました。

荒井晴彦は雑誌「映画芸術」編集長にして

脚本家、監督です。

赤塚不二夫、大島渚は

今さらご説明するまでもなく、

皆、あの時代を熱く生きた才能たちです。



ストーリー

21歳になった吉積めぐみは

1969年春、

新宿のフーテン仲間・秋山道男に誘われて

若松プロを訪れた。

そこは若者たちを熱狂させ、

時代の最先端をいく映画プロダクション。

当時33歳の若松孝二を中心とした

新進気鋭の若者たちの梁山泊だった。


理屈屋の映画監督・足立正生、

助監督で脚本家の沖島勲、

カメラマン志望の高間賢治、

インテリ評論家気取りの助監督・荒井晴彦――

撮影がある時も無い時も事務所にたむろし、

酒を飲み、ネタを探し、街で女優をスカウトし、

撮影が始まれば、助監督は現場で走り回り、

時には役者にもなった。


めぐみは初めての映画作りに

てんてこ舞いしながらも

若松孝二という存在

そして、映画作りにひきつけられていく。

だが、めぐみを若松プロに連れてきて、

助監督の全てを教えてくれた万引きの天才

秋山は若松プロを去っていった。

めぐみ自身も自分は何を表現したいのか

わからない自分への不安と焦りに

とまどっていた。


19715月カンヌ国際映画祭に

招待された若松と足立は帰国せず、

そのままレバノンへ。

そこで日本赤軍の重信房子らに合流し、

撮影を敢行した。


帰国後、

映画『PFLP世界戦争宣言』の上映運動の為、

若松プロには政治活動に熱心な若者が

出入りするようになっていく。


上映バスを見送るめぐみ。


違和感を感じながら一人、映画館で

若松の映画を観る。


そして、知らない内に涙が頬を伝い、

心で思う。

「やがては若松に刃を突きつけないと」……



ああ、思い出しますねぇ。あの頃を。

何かをしたい、成し遂げたいと思いつつ、

自分と周囲との間には見えない壁が

できあがっていて、一人でもがくのですねぇ。


おばさんもおじさんももがきながら

歳をとってしまいましたが、

確かにあの時代には

狂熱と呼んでいいものがありました。


あ、失礼しました。

150歳にとっては懐かしい時代ですが、

クールなお若い方々には

どうでもいいことかもしれません。

また「こんなもんじゃなかったよ」という

もっとハードな体験をなさった方も

おいででしょう。


が、しかし

吉積めぐみさんを演じた門脇麦さんの

戸惑うような様子が新鮮でしたし、

若松さんという方は

ある種「人たらし」の才があった

異能の人なんだなあと感じました。


やっぱりあの熱い時代が

懐かしくなる映画です。





今日もポチッとお願いできれば嬉しいです♪

↓↓↓↓↓
☆10月6日に更新しました。いつも応援して下さってありがとうございます☆

止められるか、俺たちを

監督/白石和彌、脚本/井上淳一、製作/尾崎宗子、撮影/辻智彦

出演

門脇麦/吉積めぐみ、井浦新/若松孝二、タモト清嵐/秋山道男、毎熊克哉/小水一男、山本浩司/足立正生、高岡蒼佑/大島渚、寺島しのぶ/前田のママ、奥田瑛二/葛井欣士郎、吉澤健/カプリコンマスター

1013()よりテアトル新宿ほか全国順次公開

2018年、日本、119分、配給/スコーレ




by Mtonosama | 2018-10-06 05:58 | 映画 | Comments(4)
凶悪 -1-

f0165567_805112.jpg

©「凶悪」製作委員会

いやぁ、怖い映画を観てしまいました。

ホラーではないのに怖かった映画としてコーエン兄弟監督の『ノーカントリー』(‘07)があります。
ハビエル・バルデムが演じるアントン・シダーの殺人シーンが
「もー、やめてください!」と叫びたくなるほど怖かったのですが、
本作でも「もー、充分です。わかりました。わかったから、やめてぇー!」と
心中で絶叫していました。
握りしめていたハンカチが恐怖と興奮で揉みしだかれ、グシャグシャ。

これが実話だというのですから、絶望的な気持になります。

あ、いけない。
最初っからネタばれしてしまいましたね。

f0165567_82938.jpg

もうお読みになった方もいらっしゃるかとも存じますが、
本作はベストセラー・ノンフィクション『凶悪 ―ある死刑囚の告発―』(新潮45編集部編、新潮文庫刊)
の映画化作品であります。

監督は白石和彌。未だ30代ながら、故・若松孝二監督に師事した社会派監督。
本作では一見平和な社会や家庭に内包される借金地獄、老人問題を鋭く抉りだしています。
「長引く不況の中で起こるべくして起こった事件」と語る監督です。


白石和彌監督
1974年12月17日生まれ。北海道出身。1995年、中村幻二監督主催の映像塾に参加。
以後、若松孝二監督に師事し、活動。若松監督『明日なき街角』(‘97)、『完全なる飼育 赤い殺意』(‘04)、『17歳の風景 少年は何を観たのか』(‘05)などの作品に助監督として参加し、行定勲監督、犬童一心監督などの作品にも参加。初の監督・脚本作品『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(‘10)を経て、本作を監督する。師である故・若松孝二監督は「映画を武器にして闘う」と語っていたが、白石監督も師の意志を受け継ぎ、自分の思いを映画にして訴え、闘っていきたいと言う。

さて、この実話がどのような経緯を経て、表面化したかと申しますと、

2005年3月 
「新潮45」の雑誌記者に東京拘置所に収監中の死刑囚から手紙が届き、
記者による接見、調査が始まる
同年10月 
その調査結果レポートを茨城県警察本部・組織犯罪対策課に提出。
同年10月17日
死刑囚である暴力団組長が弁護士を通して茨城県警へ上申書を提出し、受理される。
同日7時、NHKのニュースで報道。
同年10月18日
「新潮45」11月号発売。
『誰も知らない「3つの殺人」― 首謀者は塀の外にいる!「凶悪殺人犯」の驚愕告発』。
テレビ、新聞各紙でも報道。同日中に「首謀者は不動産ブローカー」と続報。
同年11月1日
茨城県警が、東京拘置所で最初の事情聴取を行う。
同年11月18日
「新潮45」12月号発売。
『続・誰も知らない「3つの殺人」―まだあった!「第4、第5の殺人計画」』
同年12月9日
茨城県警が首謀者の不動産ブローカーを強要容疑で逮捕。
2010年
首謀者の不動産ブローカーの無期懲役が確定。

とまぁ、こんな流れがあったわけです。

f0165567_841581.jpg

そして、本作の魅力はキャスティングにもあります。
正義の御旗のもとに取材を続けながら、次第に常軌を逸していく雑誌記者には山田孝之。
悪を追い詰める正義のジャーナリストという役どころですが、次第に狂気を帯びていく様子を好演しています。
この人、最近こういう鬼気迫る役がはまってきましたね。

その記者に手紙を送った死刑囚はピエール瀧。「あまちゃん」に登場する寿司屋の大将です。
大将、怖かったです。
その死刑囚が「本当に悪い奴は塀の外にいる」と訴えたその悪党である不動産ブローカー
を演じたのがリリー・フランキー。
人の好い顔をしてここまでやるか、と彼の怪演もすごかったです。

さあ、いったいどんなお話なのでしょうね。続きは次回まで乞うご期待でございますよ。



今日もポチッとお願いできますれば嬉しゅーございます♪
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 映画ブログ 新作映画・試写会へ
にほんブログ村
☆9月12日に更新しました。いつも応援ありがとうございます☆

凶悪
監督/白石和彌、脚本/高橋泉、白石和彌、原作/新潮45編集部編『凶悪―ある死刑囚の告発―』(新潮文庫刊)、製作/鳥羽乾二郎、十二村幹男、撮影/今井孝博
出演
山田孝之/藤井修一、ピエール瀧/須藤純次、リリー・フランキー/木村孝雄、池脇千鶴/藤井洋子
9月21日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
2013年、日本、128分、http://www.kyouaku.com/

by Mtonosama | 2013-09-12 08:10 | 映画 | Comments(6)